ホームページ集客改善7つのコツを初心者向けに解説

ホームページ集客改善7つのコツを初心者向けに解説

「自分」が商品となる仕事をされている方で、

ホームページが検索結果に出てこない…

ホームページのアクセス数が伸びない…

ホームページからお問合せが来ない…

ホームページ集客しても売上につながらい…

というような、お悩みがある方へ向けて、この記事では、ホームページ集客に関する改善のコツをお伝えしていきます。

ホームページ集客改善7つのコツとは

ホームページ集客改善7つのコツとは

他サイトの記事にも書かれているような基本的なことから、他の記事では何故かあまり書かれていない重要なポイント、および、「自分」が商品となる仕事をされている方向け特有の改善についても、お伝えしていきます。

また、この記事は、WEB集客が苦手、パソコンが苦手、という方向けにお伝えしていくので、高度な技術を用いるようなコツは外してあります。実際に、初心者でも、できる・できた…というホームページ集客改善のコツとしました。

この記事では、厳選した7個のホームページ集客改善のコツをお伝えしていきます。お伝えするホームページ集客改善のコツは、全て、私自身、および、初心者である私のクライアントさん達で、実証済みの改善施策です。

このホームページの改善のコツを1つひとつ実施していけば、SEO対策(※1)やコンテンツマーケティング(※2)にもつながっていき、業種や改善度合いの違いにより個人差は出ますが、ほぼ間違いなく改善が実感できます。

ぜひ、トライしてみて下さい。

※1:SEO(Search Engine Optimization)

ホームページやブログなどのウェブページが検索結果の上位に表示されるように調整・改善すること。

※2:コンテンツマーケティング

お客様にとって価値のある有益な情報を提供し興味・信頼を経てお問い合わせやお申込みへつなげる施策。

ホームページ改善のコツを読む前のファーストステップ

ホームページ改善のコツを読む前のファーストステップ

まず、ホームページ集客改善のコツをお伝えする前に、1つだけ注意事項があります。非常に重要なことです。

もし、

「手っ取り早くコツさえ知れれば改善できる」

と安易な思いを持っている方は、ホームページ集客改善のコツを知っても、ホームページ集客の改善に活かすことはできません。

「は?安易なんて思ってないです!」

という方だったらゴメンなさい。。。でも、非常に多いケースなので、書かせていただきました。関係ないという方は、この項目は読み飛ばして次の項目へ行って下さい。

ということで、

「手っ取り早くコツさえ知れれば改善できる」という方へ。

コツを知るのは最後の最後です。その他、ツールや手法やテクニックなども同じで、最後の最後に知ることができれば十分です。

重要なステップを踏まずに、とにかく手っ取り早くと、コツ・ツール・手法・テクニック等に走っても、何も活かせず結果にもつながりません。それを、ぜひ分かって下さい。

重要なステップというのは以下の記事をご覧ください。

➡︎ホームページの改善を成功に導くファーストステップ5つの質問

重要なステップを踏んでいる方であれば、これから、説明していく、ホームページ集客改善のコツをつかむことにより、SEO対策やコンテンツマーケティングにつながっていき、集客という結果にもつながっていきます。

また、重要なステップを踏んでいれば、コツの取捨選択もできると思います。「コレとコレは私のホームページの改善に有効そうだけど、コレは関係なさそうだな。」と。

時間をかけて、無駄な改善をする必要はありません。

ホームページ集客改善7つのコツ

ホームページ集客改善7つのコツ

それでは、ホームページ集客を改善する7つのコツをお伝えしていきます。

ホームページ集客を改善する7つのコツは以下の7つです。

  1. 見込み客向けのホームページに改善する
  2. 情報提供型のホームページに改善する
  3. 見た目デザインを捨てる
  4. リスト取りページを用意する
  5. ボタンやフォームを改善する
  6. 情報提供型の記事ページを増やしていく
  7. 古い記事ページを改善する

もちろん、この他にも、ホームページ集客の改善に関するコツやノウハウはたくさんあります。この7つのコツについても、もっと細かく細分化し項目分けできます。

ですが、そんな一度に多くは理解できないと思いますし、ココにはとても書ききれません。また、一度に多くのことに取り掛かることも現実的には不可能です。なので、大きく7つに絞って、ポイントを簡潔にまとめるようにしました。

では、1つひとつ、説明していきます。

見込み客向けのホームページに改善する

見込み客向けのホームページに改善する

あなたのホームページは、今すぐ契約してくれそうな、そんな今すぐ顧客に売り込みたい!という思いが溢れているホームページになっていませんか?

ホームページの閲覧者は、たとえホームページ上の言い方が柔らかくても、売り込み感を敏感に感じ取ります。あなたの思いはホームページ上にも自然と滲み出てしまいます。

名も知れている有名企業なら別です。低価格な商品や日用品を売っているなら別です。ですが「自分」が商品という、名も知らないあなたのサービスを、いきなりアピールされても「ふーん」で終わります。

すごいサービスかもしれません。画期的なサービスかもしれません。間違いなくニーズのあるサービスかもしれません。でも、99%「ふーん」で終わります。

ホームページに訪問していただくのは、今すぐ顧客ではなく、そのうち顧客、すなわち、見込み客に変更してください。

確率の問題です。たとえば、あなたは経営コンサルタントだとします。コンサルティングを今すぐ契約したいと検索している人は何人いるでしょうか?下手すれば1人、もしかしたら0人です。では、経営の悩みについて検索しようとしている人は?

きっと、何十人、いや何百人といるはずです。これらの人は皆んな、経営コンサルティングの見込み客(もしくは潜在顧客)になります。どちらをターゲットにすべきか答えは明確ですよね?

今すぐ、見込み客向けのホームページに改善しましょう。

遠回りのように思えるかもしれませんが、結果かなりの近道となります。誰よりも早く見込み客(もしくは潜在顧客)と出会い、育成し、信頼関係を構築していき、そしてその後です、売り込み感を出しても良いのは。

情報提供型のホームページに改善する

情報提供型のホームページに改善する

以下、いわゆる昔ながらのホームページのメニュー構成です。

【メニュー構成】

・ホーム

・会社概要

・サービス概要

・経営理念

・アクセス

・お問合せ

・採用情報

   :

こんなメニュー構成のホームページがホームページと思っていませんか?そんな決まりはありません。これでは、ただの会社案内です。内容にもよりますが、これでは、集客なんてとても無理です。

構成だけでなく、内容も「品質重視で、高い技術力で、お客様の立場で、こんなこと出来ます、やってます…」と誰でも書けるキレイ事と当たり前の事、自分のアピールのみ。わざわざ、そのホームページを訪れる理由がどこにも見当たりません。

(これでは会社案内だとしてもNGですね、、、)

見込み客が訪れる理由を作ってください。

あなたは、何かの専門家なはずです。経営かもしれないし、営業かもしれないし、美容かもしれないし、何かのプロなはずです。たとえ、二流でも三流でも四流でも、無知や未熟な人から見たら立派な先生です。

無知や未熟な多くの人達が困って悩んで検索してきます。専門家である、あなたが、ホームページでやることは、困って悩む多くの人達への情報提供です。会社案内やサービス案内ではありません。

情報提供で、見込み客が訪れる理由を作ることができます。

見た目デザインを捨てる改善をする

見た目デザインを捨てる改善をする

ほとんどのホームページ制作業者は、見た目のデザインで依頼者を納得させます。依頼者も「うわぁ綺麗」「おぉ格好いい」「すごい立派です!さすが!」と納得してしまいます。

ホームページを自作する人のほとんどは、見た目デザインにこだわるようになります。「もっとオシャレにしたいわ」「もっと格好よくしたいなぁ」と。

で、アクセスもされず、成約もされずのホームページになっていくわけです。

綺麗なホームページだから問い合わせました!

オシャレなホームページだから電話しました!

立派なホームページだから購入します!

こんな人、いると思いますか?いませんよね。。。少し考えれば分かるはずです。見た目は集客と関係が無いということが。

中には、見た目やデザインが大事というウェブコンサルタントもいます。このタイプは、ウェブデザイナーさんから転身されたコンサルタントさんに多いです。見た目の技術やセンスで食べてきた方達ですね。

確かに構成やキャッチコピーなどの見た目やデザインは非常に重要です。ですが、格好イイとかオシャレとか立派とかは、全く関係ありません(一部の美容系などは微妙に関係あり)。

綺麗さや格好良さの見た目を重視すると、はっきり言って、アクセス数も成約率も、大きく落ちます。見た目は、本当に意味が無いのです。

そういう見た目の改善やリニューアルなら、やらない方が良いです。お金も時間も無駄になります。

今のホームページが、格好イイとかオシャレであれば、それを捨てる改善やリニューアルにしてください。泥臭くなってもダサくなっても、より伝えたい事をいかに見込み客に伝えるか!?という事だけに集中してください。

それでも見た目が気になりますか?

今のホームページ作成用のツールやサービス(例えばワードプレスなど)は、素人が作っても、テンプレート(デザインテーマ)が用意されているので、普通に綺麗なホームページに勝手に仕上がります。それ以上の見た目が必要ですか?

必要ありません。

見込み客リスト取りページを用意する

見込み客リスト取りページを用意する

もし、見込み客リスト取りページが用意されていないのであれば、見込み客のリスト取りページを新規に用意して下さい。

ご存知と思いますが、顧客リストはビジネス継続の命綱となります。同様に見込み客リストもビジネス継続の命綱となります。

こう言う格言があります。

顧客の獲得と維持に最も投資しろ

ダン・S・ケネディ

見込み客も同様です。

見込み客の獲得と維持に最も投資しろ

です。

その見込み客リストを集めていくのに、WEB(ウェブ)、ホームページを使わない手はありません。というか、使わないといけません。

ホームページを活用して、ビジネスが上手くいっている会社(個人も含む)は、例外なく見込み客のリスト取りをホームページから行なっています。調べてみれば分かります。

もし、既に見込み客リスト取りページがあるのであれば、さらに登録率(コンバージョン率)が上がる改善を施してください。見込み客のリスト取りページの登録率アップは売上にも大きく影響していきます。

(注:見込み客の質が下がって登録率(コンバージョン率)をアップさせても売上につながりません)。

登録率(コンバージョン率)=CVR(Conversion Rate)

登録ボタンや入力フォームを改善する

登録ボタンや入力フォームを改善する

見込み客のリスト取りページの登録率(コンバージョン率)を改善するには、様々なWEBマーケティングノウハウを適用していく必要があります。その数は多いので、その全てのWEBマーケティングノウハウをここで述べることはできません。

ですが、その中から1つだけ、場合によっては、今すぐ、数分でもできる改善をお伝えしておきます。改善に取り組む順番的にも、最優先で手をつけるべき改善の1つとなります。

もちろん、実際に改善成果は確認できています。

それは、

  • ボタンの改善
  • 入力フォームの改善

です。

要するに、これは、ホームページ(見込み客リスト取りページ)の最後の出口の改善となります。ホームページに流入してきた訪問者を最後に受け止める受け皿の改善です。

ホームページ(見込み客リスト取りページ)を見ていただいて、ボタンや入力フォームに指(又はカーソル)まで差し掛かったのに、結局、最後はブチっと閉じられてしまっては悲しいですよね。。。

ですが、このケースは案外とても多いのです。受け皿の穴を閉じる改善を施しましょう。それが、ボタンや入力フォームの改善による登録率(コンバージョン率)の改善です。

どう改善するのか?いくつか具体例を出しておきます。

  • ちょっとボタンの色を変えてみてください。
  • ちょっとボタン内の文言を変えてみてください。
  • ちょっと入力フォームの数を減らしてみてください。
  • ちょっと入力フォームに対する説明書きを付け加えるか変えるかしてみてください。

このような、ちょっとした改善で良いのです。これだけで、変わります。

ちなみに、正解の色や、正解の文言は、残念ながら存在しません。存在するのは、傾向というヒントだけです。だから、上記では、何色にしろとか、文言はこう書けという形で明記していません。

なぜ、正解は無いのでしょうか?

それは、そのサイトやホームページの運営者の人間性や業種、ポジショニング、USP、差別化、ターゲットなどなど、様々な要素の組み合わせによって、正解が異なるからです。正解は十人十色です。

見込み客のリスト取りページの記載内容は全く問題が無いのに、今の登録ボタンや入力フォームで逃している人数が、あまりにも多いのであれば、この改善施策だけでも、大袈裟ではなく、3倍、5倍、10倍以上の登録率になることがあります。

情報提供型の記事ページを増やしていく

情報提供の記事ページを増やしていく

あなたは、ホームページ集客の色んなノウハウを本気で学びたいとします。ここに、レポートが2つあります。1つは、1つのノウハウについて書かれた1枚のレポート用紙です。もう1つは、30個のノウハウが書かれた30枚のレポート用紙です。

どちらか1つだけ、見れるとしたら、どちらのレポートを見ますか?どちらか1つだけ、人に薦められるとしたら、どちらをお薦めしますか?

前者だ!という人はいませんよね。これは、紙のレポートでなく、WEB(ウェブ)上でも同様です。情報量が多い方を選びます。

情報提供型の記事ページを増やしていきましょう。

一度に大量の情報を公開していくのは無理です。毎日毎日コツコツ1ページずつ増やして……と言いたいところですが、それも、ほとんどの場合は無理です(超本気の人は除きます)。だから、マイペースでも構いません。

ただ、増やしていくことはして下さい。何もしなければ、何年たっても1枚のレポートのままですが、たとえ1週間に1ページでも追加していければ、1年後には50ページもの情報量になります。

そうなると、Googleの検索結果なども上位表示されていくようになります(SEO対策)。すると、アクセス数も増えていきます。

情報を苦労して書いて公開するというのは、正直に言うと、集客のためかもしれません。ですが、その記事で、救われる見込み客が必ずいるという事を忘れないでください。

あなたに見込み客を救いたい思いがあるかないかは、記事ページに自然と表れてきます。それにより、アクセス数もリスト登録率(コンバージョン率)も変わってきます。記事ページを増やしていくには、その辺りのモチベーションの持ち方も重要かもしれません。

昔に書いた古い記事ページを改善する

昔に書いた古い記事ページを改善する

新しく記事ページを書いて公開したら、もう変えてはならないというルールはありません。むしろ、どんどん書き直したり、書き足していってください。1ページ単位の改善を行なっていきます。

あなたは、ホームページ集客のあるノウハウについて詳しく学びたいとします。ここに、レポートが2つあります。1つは、150文字程度(Twitterのつぶやき程度)でまとめられている1枚のレポート用紙です。もう1つは、何千文字かでまとめられている数枚におよぶレポート用紙です。

どちらか1つだけ、見れるとしたら、どちらのレポートを見ますか?どちらか1つだけ、人に薦められるとしたら、どちらをお薦めしますか?

前者だ!という人はいませんよね。これは、紙のレポートでなく、WEB(ウェブ)上でも同様です。質の高い方を選びます。

情報提供型の記事ページの質を高めていきましょう。

最初から質の高い情報にする必要はありません。マイペースで修正したり、書き足していければ十分です。ですが、専門家として、適当なレベルで、その記事ページをずっと放置するのはやめてください。

放置したままだと、その記事ページを見てくださる見込み客のためになりません。それに、その記事ページの検索順位も上がっていくことはありません(SEO的にもNG)。アクセス数が1件もないページとなっていくだけで、あなたのためにもなりません。

古いページの改善は、適切に行うと、改善効果が出ます。1年前に書いた記事ページは、1年間成長する前のあなたが書いたものです。見込み客に伝えるべきことも増えているはずです。様々な点で改善できるはずなので、ぜひトライしていきましょう。

➡︎古いページを改善する具体的な方法(準備中)

ホームページの改善やリニューアルは自分で?業者に?

最後は、ホームページ集客へ向けての改善やリニューアルは誰がやるか?についてです。

業者にホームページの改善を依頼する

業者にホームページの改善を依頼する

まず言えることは、ホームページの制作業者への依頼は、やめておきましょう。業者に依頼するなら、ホームページの改善業者に依頼しましょう。

なぜならば、制作業者と改善業者では、設定するゴールが全く違うからです。

制作業者は、作ることにコミットします。制作受注数にコミットします。ホームページの見た目にコミットします。

一方、改善業者は、改善にコミットします。改善成果にコミットします。全く違いますよね。

とはいえ、先程もお伝えしましたが、こうすればアクセス数がアップする、こうやれば登録率(コンバージョン率)がアップするという、正解となる改善は存在しません。プロでも一発では改善成果を得ることは出来ません。

ここまでの7つのコツを読んでいただき、分かってもらえたと思いますが、成果を得るために行うべきことは多く、しかも、正解を見つけるには、プロでも時間がかかります。

即ち、費用は覚悟すべきです。ホームページ初期制作は50万円程度で作る業者が多くいます。20万以下の業者もいます。集客という結果にコミットしていないから、安価で受注できるというわけです。

集客成果にコミットする改善は、そうはいきません。最低でも100万円以上、300万円くらいは見ておいて下さい。高いと思われるかもしれませんが、これは、適正価格です。

適正価格というのは、業者の実績と料金を調べた上で言っています。実は、300万円でも改善業者の利益が出ない場合もあります。業者にとっては300万円だとしてもギリギリまで安く提供しているということです。

それでも高いなぁ。。。と思いますか?法人でも個人でも、経営者なら、料金で考えないでください。200万円かけても、プラスになれば何の問題もありません。

仮に改善前は月の売上が1000万円だったとします。ホームページを改善した結果、売上が1.1倍の1100万円(+100万円)になるとします。1年で1200万円の売上増です。

3年間で見たら、1200万円×3年で、+3600万円の売上です。これなら、ホームページの改善に500万円、1000万円かけても安いくらいだと思えなければ経営者失格の可能性ありです。

ポイントは、結果が出るか否かの見極め、それだけです。(勘違いしないでください。博打しろとは一切言っていません。)

自分でホームページの改善を行う

自分でホームページの改善を行う

それでも今300万円はキツい。。。

という方もいるでしょう。であれば、もう、それは自分で改善していくしかありません。もちろん、時間は必要ですが、それは業者に依頼しても同じこと。覚悟を決めて、計画性をもって、自分で改善していきましょう。

ホームページの改善は、この記事でお伝えしてきたように、改善のコツやポイントが分かれば、パソコンが苦手でも、ウェブマーケティングが初めてでも、問題なく進めていけます。

実際に成果を出すには、もう少し、WEBマーケティングやSEOやコピーライティングなどの勉強を深めていかないとなりませんが、正しいノウハウを正しい順番で、正しく自分や自分のサービスに当てはめていければ、パソコンが苦手でも、ウェブマーケティングが初めてでも、いずれ必ず結果に至ります。

自分で行う場合は、少ない時間でも、マイペースでも、改善し続けていくことが、最も重要なポイントです。継続は結果を必ず出してくれます。

気づくと、あなたはWEBマーケティングのちょっとした詳しい人、ホームページ集客のセミプロくらいになれます。私をも超えていくかもしれません。これは、業者委託では得られない貴重な利益です。

WEB広告を活用する

今、既に、売れるホームページとなっていたり、見込み客の登録率(コンバージョン率)が良いホームページとなっていて、単にアクセス数の少なさだけが問題であれば、内容の改善の前に、WEB広告戦略をとって下さい。

その方が、圧倒的に早く結果に至ります。ホームページを改善する必要性は、極めて低いと思って大丈夫です。それより、広告で結果が出る方向に向かっていく方が、集客・売上・経営は安定していきます。

【ポピュラーなWEB広告】

  • 検索連動型広告
  • SNS広告
  • ディスプレイ広告
WEB広告例
他にも様々な広告があります

但し、売れないホームページ、見込み客の登録率(コンバージョン率)が悪いホームページだと、いくらWEB広告を出しても、無駄なアクセス数が増えるだけです。お金を捨てるに等しい行為です。

少ない費用で、小さく広告を出す、テストマーケティングという手法もありますが、まだ登録率等が悪いホームページであれば、その前に、まずは、先に少しでも改善に取り組んでみてください。その方が効率的です。

もちろん、WEB広告はお金が必要です。なので、費用対効果を、しっかり計算した上で、しっかり計画を立てた上で実施していかないと危険です。その点は十分に気をつけてください。

また、WEB広告も正解というものがありません。空振りする場合も多々あります。初期の予算計画は、失敗も見積もった上で行うようにしましょう。(広告が回りはじめたら失敗は計算に入れなくても大丈夫です。)

まとめ(ホームページ集客改善7つのコツを初心者向けに解説)

まとめ(ホームページ集客改善7つのコツを初心者向けに解説)

ホームページ集客は、専門的な言葉を使うと、SEO対策、LPO対策、EFO対策、コンテンツマーケティングの強化、などが必要となってきます。

このサイト、この記事は、初心者向けなので、極力そのような言葉を使わないようにしましたが、それらの要素は、この記事に、しっかり入れています。

逆に、少しWEBマーケティングの知識がある方には、ピンと来ない言いまわしになってしまったかもしれませんが、そこは了承願います。

最後に、ホームページ集客改善7つのコツを、もう一度あげて、この記事を終わりたいと思います。

・見込み客向けのホームページに改善する

・情報提供型のホームページに改善する

・見た目を捨てる

・リスト取りページを用意する

・ボタンやフォームを改善する

・情報提供型の記事ページを増やしていく

・古い記事ページを改善する

以上、わずか7つの、ホームページ集客改善のコツでしたが、いかがだったでしょうか?

繰り返しますが、パソコンが苦手、WEBマーケティングが苦手、IT知識に疎い、などなど全く関係ありません。集客できるようになるかどうかは、そこじゃありません。

もし、改善する価値あり!と思ったのであれば、今すぐ改善に取り掛かって下さい。

明日からね…と思った時点で、たぶん、取り掛かりません。1年後も取り掛かっていない可能性大です。少なくとも私の場合は、そんなタイプです。。。

あなたは私の真似をしないようにして下さいね。


以下、おすすめです。

▶︎ホームページ集客メール講座【無料】

▶︎ホームページ集客ミニセミナー【有料,不定期】