SNS以外の集客【個人でもできる効果的な3つの方法とコツ】 

SNS以外の集客

更新日:2022年8月7日 筆者:鈴木俊雄@smart_plan_tsFacebook

SNS以外の集客【個人でもできる効果的な3つの方法とコツ】

要約

SNS(Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeなど)以外を使った、個人でもできる効果的な3つの集客方法、および、そのコツや注意点をまとめています。その他+α(46種類)の集客方法・宣伝方法も紹介しています。

SNS以外で効果的な3つの集客方法

  • メルマガで集客する(無料)
  • ホームページやブログで集客する(無料)
  • ウェブ広告で集客する(有料)

この記事は、

  • SNSは苦手なのでSNS集客はしたくない…
  • SNS集客を頑張ってみたけれど上手くいかない…
  • SNS集客は精神的に疲れてしまうのでSNS以外の集客に取り組みたい

といったような、お悩みのある方へ向けてまとめてあります。

この記事を読むことで、

  • 個人でもできるSNS以外の効果的な集客方法がわかります。
  • SNS以外の集客に関するコツや注意点が分かります。
  • その他(3種類以外)SNS以外の集客方法も分かります。

少しボリュームのある記事となっていますが、下手なセミナーに参加するより学べる記事にしようと思ってまとめたつもりです(そうしたら長くなってしまいました)。

なので、なるべく集中して、通しで読んでいただけると嬉しいです。。。

注意:この記事は、自分が商品(たとえばコンサル業など)となるビジネスをされている方向けとなっています。物販や店舗系のビジネスに対しては、合わない説明が一部あること了承願います。

SNS以外の集客【個人でもできる効果的な3つの方法とコツ】

実際、私自身、今のところ、SNS以外の集客方法でしか宣伝や集客をしていません。その理由は下記の通りです。

  • SNSというものが苦手で精神的に疲れるから(個人的に)
  • SNSは自己資産にならず非常にリスクが高いから
  • ずっと投稿し続けていかないといけないから
  • SNS以外の集客方法でも安定して集客できているから

SNS以外の集客方法でも、十分に集客や宣伝は行えていけます。

もちろん、SNSを使わないといけない、または、SNSを使った方が断然集客や宣伝に有利となる業種やサービスや商品も多々あります。その点には注意が必要です。でも、いかなる場合もSNSが絶対必要というわけではありません。

もし、あなたのビジネスが、SNSの活用が必須という類いでなければ、この記事で紹介する集客方法に取り組んでみてください。

SNS以外の集客で効果的な3種類のツールや媒体

私がおすすめする、集客や宣伝に効果的なSNS以外の3種類のツールや媒体、集客方法は下記の3つです。もちろん、個人で実践可能です。

  • メルマガで集客する(無料)
  • ホームページやブログで集客する(無料)
  • ウェブ広告で集客する(有料)

上記を見て、「なんだ、よく聞く当たり前の集客方法じゃないか」と思いましたか?

そうなんです、当たり前の方法です。

あなたが、もし何かユニークで面白い集客方法や、変わった集客方法、新しい斬新な集客方法、などを期待しているのであれば、ごめんなさい、この記事はお役に立てません。

この記事でお伝えするのは、ユニークで面白い集客方法や変わった集客方法ではなく、個人でもできる、実証済みの効果的な王道の集客方法です。結局は、王道が一番です。結局は、当たり前のことが一番重要です。(変わったことやるなら王道や当たり前のことをマスターした後です)

では、ひとつ一つ説明していきます。

メルマガで集客する(無料)

SNS以外のメルマガで集客する図例

見込み客リストが既に存在する場合は、対リストへ向けて、集客のアプローチをしてください。すなわち、リストマーケティング(またはメールマーケティング)をしてくださいということです。

具体的には、メルマガを配信してくださいということになります。

メールマーケティングは100円の投資で4200円のリターン、42倍の投資効果です。ROI(投資利益率)4200%になるというデータがあります。先日、実際に計算してみると私の場合はそれ以上でした。なので、これは、確かなデータだと思います。

周りの成功されている方を観察してみてください。みんな、リストマーケティング(メールマーケティング)をしていませんか?していますよね。

SNS以外の集客方法であれば、まず、メルマガ集客を第一候補とし、取り組むことを強くおすすめします。

LINE公式アカウントについて

最近は、LINE公式アカウントによる配信で、リストマーケティングを実践されている方も多いです。ですが、アカウントの凍結削除などのリスクがあり非常に危険です。なので、ベースとするのは、メルマガがおすすめです。

関連記事

➡︎ リストマーケティングとは?やり方は?【7ステップで簡単に!】

➡︎ メルマガとLINE公式アカウントの使い分け【3つのポイント】

➡︎ メルマガ配信のやり方【初心者向けガイド:図解付き簡単解説】

ホームページやブログで集客する(無料)

SNS以外のホームページやブログで集客する図例

見込み客リストを獲得していく仕組みがまだ無い場合は、集客といっても、まず見込み客リストを獲得するための集客(アクセス集め)が必要となってきます。

その代表的な方法の一つが「検索」です。トレンド情報などはSNS内で検索する人が増えています。ですが、真剣な学びや調べを行いたい場合は、今でもGoogleやYahoo!などの「検索」を人々は使っています。

検索から集客(アクセス集め)していくためには、ホームページまたはブログなど、あなたの所有するサイトに、人々(潜在顧客や見込み客)に検索される記事コンテンツを仕込んでいく必要があります。

すぐには結果が出ませんが、成果が安定してきたら、ホームページやブログは、ほぼ放置していても、毎月安定したアクセスが得られるようになります。

そこに、アクセスを見込み客リストに変換する仕組みを仕込んでおけば、毎月安定して見込み客リストが自動的に溜まっていきます。とても、楽にリストが溜まっていきます。

そうなれば、前述のリストマーケティング(メールマーケティング)に、つながっていきます。必然的に売上も安定していきます。そうなると、とても集客やビジネスが楽になっていきます。

SNS以外の集客方法であれば、ホームページ集客やブログ集客(検索からのアクセス)に取り組んでみてください。

関連記事

➡︎ 無料】ホームページ集客講座

➡︎ 良いホームページの条件とは?【48のポイントと例や作り方】

➡︎ WordPressホームページのアクセス数を増やす21の方法

➡︎ ホームページ集客SEO【検索結果上位表示7ステップ】初心者基礎編

ウェブ広告で集客する(有料)

SNS以外のウェブ広告で集客する図例(直接ランディングページ)

または

SNS以外のウェブ広告で集客する図例(記事経由後のランディングページ)

ホームページやブログを用いて検索から集客する…という前述の方法は、ほぼ無料で取り組んでいけますが、結果が出るまでに少し時間がかかります。

それはちょっと、、、という場合であれば、お金を使って集客(アクセス集め〜見込み客リスト獲得)をしてください。すなわち、ウェブ広告を使って集客してくださいということです。

広告予算が確保でき、かつ、赤字にならない見通しがあるなら、ウェブ広告を使って集客するのは非常に有効な方法です。

ただし、広告の場合でも、“成果”が出るかどうかは広告を出稿してみなければ分かりません。“成果”までは時間がかかるかもしれません。

その点には注意が必要ですが、少なくとも“結果”は明日には必ず分かります。このスピード感が得られる手法はウェブ広告しかありません。

広告費用が常にかかりますが、広告から得られる成果が安定すれば、やることは、ほぼ広告出稿のオンオフだけになります。そうなると、とても楽になります。

SNS以外の集客方法であれば、ウェブ広告による集客も候補の一つとしてください。

SNS以外の集客を成功させるコツや注意点

SNS集客も簡単ではありませんが、ここまで説明したSNS以外の集客方法も、決して簡単ではありません。

ですが、やることは極めてシンプルですし、簡単です。なので、初心者でも取り組んでいけます。ただし、成果を得るのは簡単ではないということです。(当たり前ですね)

もし、あなたが、「1日わずか10分の作業で、しかも、たった1日で誰でも簡単に成果が得られる集客方法」…みたいな方法を探しているのであれば、この記事はお役に立てません。ページを閉じてください。

そもそも、そんな凄い集客方法はありません。もしあっても、すぐに流行って、すぐに陳腐化します。変な集客コンサルや起業コンサルには騙されないようにしましょう。

ということで、成果を出すのは何だって難しいのですが、難しいを少しでも簡単にする、コツや注意点やポイントといったものはあります。

  • メルマガで集客する際のポイント
  • ホームページやブログで集客する際のポイント
  • ウェブ広告で集客する際のポイント
  • SNS集客含むマーケティング共通のポイント

それぞれ詳しく説明していきます。

メルマガで集客する際のポイント

メルマガで集客する際のポイントを説明していきます。

メルマガ集客のメリット

メルマガリストは、ほんの少しだとしても、あなたに興味がある人達の集まりです。そのリストに向けて発信するメッセージは、適当にバラ撒くチラシや広告と違って、狙い撃ちです。よって、当然、どの手法よりも集客率や購入率が良くなります

メルマガ集客のデメリット

メルマガは、他の迷惑メールに混ざってしまったりして、相手が受信に気づかない…。開封しない…。となってしまうケースが多くあります。

また、最近は、メールは基本的に見ない!という人も増加しています(特に若者)。なので、ターゲット層によっては、LINE公式アカウントも活用した方が良いケースがあります。

注意:メルマガでなくLINE公式アカウントによる配信は、ある日突然、アカウントが凍結や削除されてしまうという、大き過ぎるリスクがあります。ご注意ください。

メルマガ集客のコツ

メルマガ集客を成功させるには下記のポイントをおさえてください。

  • 信頼関係の構築に注力する
  • 見込み客教育を行う
  • 売り込まずに提案してあげる
  • 信頼関係の構築に注力する

まず、何よりも、信頼関係の構築に注力してください。

リストに格納された見込み客は、まだ、ほんの少しだけ、あなたに興味があるだけで、あなたを信頼していませんし信用もしていません。

人は信頼していない人の言うことは聞きません。信頼していない人からイベント等のお誘いを受けても無視します。信頼していない人から商品の購入やサービスの申し込みを促されても無視します(どんなに良い商品やサービスでも)。

なので、まず、何よりも、信頼関係の構築に注力してください。

  • 見込み客教育を行う

信頼関係を築いていけたら、次は教育です。

見込み客は、基本的に無知です。間違えた常識も持っています。ズレた思い込みも強いです。(なので、結果が出なかったり、悩んだり、困っているわけです)

ですから、見込み客を上手く教育していかないと、あなたが何を言っても、「はぁ?」「それは違う」「でも」「イヤ!」「それは嘘でしょ」と、まともに話しを聞いてもらえません。多少の信頼関係だけではダメなんですね。

なので、リストの見込み客を上手く教育していく必要があるわけです。

  • 売り込まずに提案してあげる

信頼が築けて、教育も済んで、さぁ!と売り込んではいけません。

せっかく、ためになる有益なメルマガだと思ってもらえているのに、売り込んでしまったら、すべては台無しになります。なぜなら、人は売り込まれるのは大嫌いだからです。

とは言っても、何かアプローチしないと、イベントにも集客できないし、商品やサービスも購入してもらえません。結果、売上はあがらないし、見込み客を救ってあげることもできません。

なので、「提案」です。売り込まずに提案してあげましょう。

  • 売り込み…「こんなメニューとこんな凄い機能!3割引きです!」
  • 提案………「もし、こんなことに困っているならこれ使ってみませんか?」

売り込みと提案の違いは上手く説明できませんが、上記のような違いです。なんとなくお察しください、、、

  • 人は売り込まれることが大嫌いです。でも、人は買うことは大好きです。

関連記事

➡︎ 良い商品が売れない5つの理由【原因と対策をわかりやすく説明】

➡︎ メルマガで面白いと思われるネタの探し方【ネタ切れ防ぐ33例付】

➡︎ メルマガの本文やタイトル件名の文字数や長さ【最適な目安とは】

ホームページやブログで集客する際のポイント

ホームページやブログで集客する際のポイントを説明していきます。

ホームページやブログで集客するメリット

検索から集客する場合、あなた(あなたの記事コンテンツ)と検索者(見込み客)は、検索キーワードによって結びつきます。

なので、SNSの暇つぶしついでにポチってアクセスしてくるケース、広告を見て何となくクリックしてしまいアクセスしてくるケース、などと比べると、アクセスしてくる人(見込み客)の質が良くなる場合が多いです。

アクセスの質が良いということは、その後の工程もスムーズで楽に進めていける可能性が高いということです。

また、アクセスが安定してくると、サイト(ホームページやブログ)をほぼ放置していても、毎月安定した集客ができるようになります。なぜなら、それまで公開した記事コンテンツが全て資産になるからです。

ホームページやブログで集客するデメリット

ホームページやブログが検索からのアクセスを得るには、3ヶ月から半年、かかる場合は1年かかる場合もあります。結果が出るまで時間がかかるので、結果を急ぐ場合は大きなデメリットになります。

ホームページやブログで集客するコツ

ホームページやブログでの集客(検索からの集客)を成功させるには下記のポイントをおさえてください。

  • WordPressでサイトを構築する
  • 見込み客のことをよく知る
  • 有益な記事コンテンツを仕込んでいく

関連記事

➡︎ ホームページ集客できない12の原因【保存版】初心者向け

  • WordPressでサイトを構築する

無料のブログサービス(アメブロなど)、無料や安価な月額定額制のホームページサービス、ホームページ制作業者に依頼してHTMLコードやCSSなどを駆使して作成するオーダーメイドの凝ったサイト…などではなく、

WordPress(ワードプレス)というサイト作成用のツールを使って、自分の(自社の)シンプルなサイト(ホームページやブログ)を構築してください。

なぜなら、費用面自由度資産化SEO対策面(検索結果に出てくるようにする施策)、公開されてる情報量、その他マーケティング面など、あらゆる面でプラスになるからです。

初心者の方は、「WordPress?難しそう…私には無理…」と思うかもしれません。

でも、私も以前は初心者でしたし、80歳になる私のクライアントさんも初心者でしたが、ご自身のサイトをWordPressで立ち上げられました。なので、きっとあなたでも大丈夫です。

参考)80歳になる私のクライアントさんはこの本でサイトを自作しました。私自身もWordPress初心者時代、この本で学びました。

➡︎ 「いちばんやさしいWordPressの教本 第5版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方」インプレス社

絶対WordPressでなければいけない…というわけではありませんが、おすすめとしては、世界でも日本でも圧倒的なシェアNo1のWordPressです。

関連記事

➡︎ CMSシェア率ランキング【2022年版】

➡︎ ホームページ外注28の注意点【費用や集客で失敗しないコツ】

➡︎ 格安ホームページのデメリットと注意点【99%集客に失敗します】

➡︎ ホームページ作成やってはいけない136のこと【ワードプレス編】

➡︎ ホームページ自作【初心者入門ガイド】全7章で分かりやすく解説!

  • 見込み客のことをよく知る

見込み客のことをよく知ってください。

検索という行為は、検索キーワードを入力する行為です。検索キーワードは、検索者(あなたの見込み客になるかもしれない人)の悩みや疑問などがキーワードになったものです。

そして、検索キーワード(質問や疑問)に対する答えが載っているページが検索結果に出てきます。そして、アクセスされます。

ということは、見込み客(検索者)のことをよく知らなければ、ホームページやブログに何も書けないということです。結果、アクセスは得られないということになります。

とにかく、見込み客のことをよく知ってください。徹底的に。

  • 有益な記事コンテンツを仕込んでいく

見込み客(検索者)のことをよく知ることができたら、あとは、見込み客にとって有益となる記事コンテンツを仕込んでいきます。

記事コンテンツが検索者にとって有益でなければ検索結果に出てきません。結果、アクセスも来ません。検索結果に出てきても、記事コンテンツが少なければアクセスは少ないままです(注:多けりゃ良いというわけではありませんが)。

見込み客(検索者)のあらゆる質問や疑問に答える、有益な記事コンテンツを次々と仕込んでいきましょう。(優先度見込み客リストの登録につながるテーマがベスト

関連記事

➡︎ ブログ:質の高い記事vs低い記事【5倍〜490倍の差が!?】

➡︎ ブログ記事を早く書く【厳選12の方法】

なお、アクセスを集めて終わりではなく、見込み客リストに変換する仕組みの組み込みもお忘れなく。

関連記事

➡︎ ランディングページ15の鉄則ポイント【見込み客獲得編】

➡︎ WordPressでLPを自作する方法【初心者向け8ステップ】

➡︎ 【Lightning】ランディングページLP作成【初心者向ガイド】準備から作り方まで

ウェブ広告で集客する際のポイント

ウェブ広告で集客する際のポイントを説明していきます。

ウェブ広告で集客するメリット

ウェブ広告の最大のメリットは、翌日に結果が出ることです(良くても悪くてもも)。なので、早ければ、翌々日には改善バージョンで広告を出稿できます。すなわち、PDCAがどの集客方法よりも最速でまわせるということです。

ウェブ広告で集客するデメリット

ウェブ広告の最大のデメリットは費用がかかるということです。なので、失敗すれば赤字になりますし、赤字にならなくても利益率が大きく下がります。

ウェブ広告で集客するコツ

ウェブ広告集客を成功させるには下記のポイントをおさえてください。

  • 売る広告にしない
  • 見込み客がいる場所に広告を出す
  • テストする
  • 売る広告にしない

ウェブ広告で集客する際の最大のポイントは、売る広告にしないということです。

あなたが、YouTube見ていたとします。そして、たまたま広告をクリックしました。そしたら即売り込みページ……。あなたは、そこから何か買いますか?買いませんよね。ブチっと宣伝ページを閉じるはずです。

でも、もし、売り込みや宣伝をされるのではなく、あなたにピッタリの無料プレゼント、しかも有料級の無料プレゼントをメールアドレスと引き換えであげるよと言われたらどうしますか?

無料プレゼントをもらおうかと悩むはずです。結果、スルーしたとします。でも、少なくともブチっとページを即閉じるようなことはしないはず(というかできないはず)です。

あなたの商品やサービスを売るのは、リストに登録していただいて、信頼を得て、教育を済ましたあとです。これは、広告経由でも同じです。

売る広告にしてはいけません。価値を提供する広告にしてください。見込み客リスト獲得用の広告にしてください。

  • 見込み客がいる場所に広告を出す

ウェブ広告と言っても、いろいろあります。

  • Google検索連動型広告
  • Yahoo!検索連動型広告
  • Googleディスプレイ広告
  • YouTube広告
  • Facebook広告
  • Instagram広告
  • Twitter広告
  • メルマガ広告
  • アフィリエイト広告
  • ポータルサイト掲載広告
  • etc

上記は広告の出し方などにより、さらに細部化できるので、数えきれないほどの種類になります。

ポイントは、あなたの見込み客が存在しているところ(多くの見込み客がアクセスしているメディアやサイトやサービス)に広告を出すということです。

たとえば、Instagramをまったく見ないような見込み客層に、Instagram広告を出しても意味がありませんよね。Google検索をまったくしない見込み客層にGoogle広告を出しても意味がありません。

あなたの見込み客が存在しているところに広告を出してください。

  • テストする

広告をテストしてください。

広告はお金がかかります。ウェブ広告はすぐ結果が出ますが、すぐ成功するわけではありません。売上につながらない広告は赤字を生み出すだけです。

もちろん、リピート見込みで利益が出る計算であれば、初回赤字でも可ですが、でなければ、広告を出せば出すだけ赤字が膨らんでいきます。

なので、いきなり大きな期待を持たないでください。いきなり大きな広告費を投下しないでください。たとえ、予算が豊富だとしてもです。

まず最初は、小さな予算で広告を検証してください。集客や売るためでなく、検証するための広告を出してください。すなわち、テストです。

広告で失敗したくないなら、必ず最初の数回は、小さく小さく広告のテストをしてください。

SNS集客含むマーケティング共通のポイント

SNS集客、メルマガ集客、ホームページ集客やブログ集客(検索からの集客)、ウェブ広告集客、その他あらゆる集客方法で共通して言えること。

それは、

  • ポジショニングやコンセプトが悪ければ、どんな集客方法を選択しても、どんなコピーライティングをしても成果は得られない。
  • ターゲッティング(狙う顧客層の定義)が誤っていれば、どんな集客方法を選択しても、どんなツールやサービスを使っても成果は得られない。
  • ビジネスやマーケティングは「点」で頑張っても成果は得られない。「面」や「線」で考え取り組まないといけない。
  • ビジネスやマーケティングは「上もの」だけ立派でも成果は得られない。「土台」が先。「土台」がフニャフニャ、スカスカ、グラグラだと「上もの」は必ず崩壊する。

です。

多くの人は、集客が上手くいかないからと言って、手法を変えたり、ツールを変えたり、媒体を変えたりします。「点」しか見てません。「上もの」しか見てません。ですが、問題はそこじゃない!……という場合がとても多いです。

あなたは大丈夫ですか?

関連記事

➡︎ 売上が上がらない8つの原因理由と対策【保存版:個人事業編】

➡︎ がんばっても全く集客できない【9つの根本原因を確認する】

SNS以外の集客で上手くいっている身近な例(個人)

私は一人で小さく個人ビジネスをしています。SNS以外の集客方法(この記事で紹介してきた方法)で集客しています。でも、何億と稼いでいるわけではありません。家のローンの支払いと家族が食べていけるだけ稼いでいるに過ぎません。

なので、小さなビジネスをされてる人にとっては、私自身が一つの身近な例になるかなと思います。

具体例:集客数(アクセス者数)

以下は、私のホームページの記事コンテンツへのアクセス数の推移グラフです。

SNS以外の集客方法で得られたアクセス数の例(グラフ)

具体例:集客数(見込み客リスト数)

以下は、獲得できた見込み客数の推移グラフです。

SNS以外の集客方法で得られた見込み客リスト数の例(グラフ)

上記を基点にして、あとはメルマガ等で、イベント(セミナー等)に集客したり、ホームページ集客やウェブマーケティングのカリキュラムやコンサルティングの募集をしています。

具体例:集客手順

SNS以外の集客プロセス図解

やっていることは単純で簡単なことばかりです。

  • 見込み客をよく知る(悩み・願望・質問・疑問)
  • 価値ある有益な記事コンテンツ(答え)を仕込む
  • 見込み客リストに登録してもらうページを用意する
  • 見込み客に価値を提供し信頼関係を築いていく
  • 見込み客のためになる教育をしていく
  • 見込み客のためになる提案をする

上記に加えて、たまにウェブ広告を活用したり、細かく言うと、独自のSEO対策なども組み込んでいますが、大まかには上記の流れで進めていきます。

すると、あなたも、私や私のクライアントさん達と同じような結果になる可能性は極めて高いです(注:業種や商品によっては不可)。

豊富な資金も必要ありません。チームを組む必要もありません。個人一人でも実践していけます。もちろん、SNSを使う必要はありません。

しかも、アクセス数が安定してきたら、サイトもほぼ放置でOKです。集客まではほぼ自動でまわっていきます。

以上、大企業でもなく、中小企業ですらなく、WEBのテクノロジーに精通もしておらず、パソコンも苦手な、小さな個人ビジネスの集客……という特別でも何でもない私の例でした。

これなら、あなたでも大丈夫では?

ホームページ集客について、かるく学んでみようかな…という初心者の方は、下記をお試しください。

➡︎ 【無料】ホームページ集客講座

SNS以外の集客方法の種類一覧

当記事で紹介した3つの集客方法も含め、SNS以外の集客方法の一覧をまとめておきます。リアル・アナログ編とデジタル・ネット編で分類しています。

  • SNS以外の集客方法の種類(リアル・アナログ編)
  • SNS以外の集客方法の種類(デジタル・ネット編)

私がおすすめした3つの集客方法がピンとこなかった人は参考にしてください。何かあなたにとって良い集客アイデアが浮かぶかもしれません。

それぞれの集客方法の詳しい説明は省きますが、集客のアイデアやヒントにつながれば幸いです。

  • 各SNSを用いた集客は除いています(ただしSNS広告は含めています)。
  • それぞれ、さらに細分化できますが、すると100種類以上になってしまうので、細部化まではしていません。

SNS以外の集客方法の種類(リアル・アナログ編)

  1. ポスティングチラシ
  2. 折り込みチラシ
  3. 看板集客
  4. 交流会集客
  5. コミュニティー集客
  6. セミナー集客
  7. イベント集客
  8. 展示会集客
  9. ダイレクトメール集客(※1)
  10. 訪問集客
  11. タウン誌ミニコミ誌広告(※2)
  12. 専門誌広告
  13. 雑誌広告
  14. 新聞広告
  15. TV広告(※3)
  16. ラジオ広告(※3)
  17. 電話集客(※3)
  18. FAX集客(※3)
  19. ハブ営業(※4)
  • ※1.ダイレクトメール:郵送物
  • ※2.タウン誌ミニコミ誌:ホットペッパービューティー誌など
  • ※3.厳密にはデジタルですが非インターネット系としてアナログ系に分類
  • ※4.見込み客と接触できそうな人や団体や会社に提携を持ちかけること

関連記事

➡︎ リアル集客とはメリットとデメリットを把握し売上確保

SNS以外の集客方法の種類(ネット編)

  1. イベント告知系サイト集客
  2. スキル告知系サイト集客
  3. 紹介サイト集客
  4. デジタルサイネージ集客(※1)
  5. オンラインコミュニティー集客
  6. オンラインセミナー集客
  7. オウンドメディア集客(※2)
  8. アメブロ集客
  9. note集客
  10. ライブ配信集客(※3)
  11. ポッドキャスト集客
  12. ウェブラジオ集客
  13. メルマガ集客
  14. LINE公式アカウント集客
  15. SMS集客(※4)
  16. アプリ集客(※5)
  17. Google検索連動型広告
  18. Yahoo!検索連動型広告
  19. Googleディスプレイ広告
  20. YouTube広告
  21. Facebook広告
  22. Instagram広告
  23. Twitter広告
  24. メルマガ広告
  25. アフィリエイト広告
  26. 紹介サイト広告
  27. ポータルサイト広告(※7)
  • ※1.デジタルサイネージ:ネットと接続できるデジタル看板のこと
  • ※2.オウンドメディア:コンテンツが充実した自己所有サイト(ホームページやブログなど)
  • ※3.ライブ:YouTubeライブやFacebookライブなど
  • ※4.SMS:ショートメッセージのこと
  • ※5.アプリの通知機能を活用

関連記事

➡︎ 【簡単に】オウンドメディアとホームページの違いをわかりやすく説明

➡︎ 【簡単に】コーポレートサイトとホームページの違いとは?

➡︎ ホームページとブログとSNSの違い【集客を始めるならどれ?】

個人事業主のSNS活用【マーケティング集客におすすめ11選】

集客に関するよくある質問や相談

最後に、集客に関するよくある質問や相談をまとめておきます。

  • SNS以外の集客方法は分かったけど集客アイデアが浮かびません…
  • SNS以外の集客方法の情報収集や勉強のやり方は?
  • SNS以外の集客にお金や時間を投資するベストな割合は?
  • その他に何かユニークで面白い集客方法はありませんか?
  • SNS以外の集客方法も自分にはできないです…
  • 上手くいくSNS集客の仕方やコツも教えてください

Q.SNS以外の集客方法は分かったけど集客アイデアが浮かびません…

集客にユニークで面白いアイデアは必要ありません。見込み客は何に悩み何を求めているのか?それだけを考えるようにしてみてください。集客とは、相手も求めているものを提示するだけ。と考えてみてください。

Q.SNS以外の集客方法の情報収集や勉強のやり方は?

やはり、ネットで検索しまくることですかね。ですが、ネットには適当な情報も多いので注意が必要です。本でも良いのですが、汎用的に書かれてあるものが多く、内容もすぐ古くなってしまいます。なので、ネット集客やウェブ集客に詳しい人に教えてもらうのがベストです。

Q.集客にお金や時間を投資するベストな割合は?

特に決まりはありません。ですが、あまり多くに手を出すのはおすすめできません。パワーが分散しますし、投資するお金や時間はかさみます。まずは1つか2つの集客方法に絞り、知恵とお金と時間を集中して投資してください。

Q.その他何かユニークで面白い集客方法はありませんか?

集客方法にユニークさとか面白さは必要ありません。競合やライバルと違う興味をひくメッセージは必要ですが、何か一風変わった集客方法を探す必要はありません。集客は王道で普通の方法から始めてください。

関連記事

➡︎ 宣伝方法にユニークや面白い要素は必要か?【不要です!】例あり

Q.SNS集客もそうだけどSNS以外の集客方法も自分にはできそうもないです…

SNS集客、ホームページ集客やブログ集客、そして広告集客も無理だとすると、正直ちょっとビジネスは厳しいかもしれません。ですが、前項であげたその他の集客方法でできそうなものがあれば、それが突破口になる可能性は十分にあります。私のおすすめする集客方法が絶対ではありません。

Q.上手くいくSNS集客の仕方やコツも教えてください

すいません。私はSNSで集客をしていないし、成果を出した経験もありません。なので、SNS集客のコツなどは教えられません。ノウハウは学んだので知っていますが実践していないことを無責任に教えることはできません。ごめんなさい…。詳しい人を探してください。

まとめ

SNS以外の集客方法で効果的に個人が集客していきたい場合は、メルマガ集客、ホームページ集客(またはブログ集客)、ウェブ広告集客、これらの集客方法がおすすめです。

これらの方法は、私や私のクライアントさんのように、個人でも十分に実践そていくことが可能です。成果が得られることも実証済みです。

もちろん、成果は簡単には得られません。ですが、やることは、あなたが思うよりも簡単でシンプルです(奥は深いですが…)。

何事もそうですが、正しい知識をつけて、正しい順番で、正しい努力を積んでいけば、成果は得られます。集客も同じです。

大変ですが、がんばっていきましょう!

その他の関連記事

➡︎ SNS集客のメリットとデメリット【19のポイント】個人ビジネス向

➡︎ SNS集客できない【私がとったSNSに頼らないある1つの方法とは?】