SEO:画像の検索上位表示【超かんたん3つのテキスト対策+α】

SEO:画像の検索上位表示超かんたん3つのテキスト対策+α

SEO:画像の検索上位表示【超かんたん3つのテキスト対策+α】

この記事では、

  • 「SEO画像対策は何をすれば良いですか?」
  • 「どうしたら画像を上位表示できますすか?」
  • 「SEOで画像とテキストに関連はあるの?」

というような疑問に答えていきます。

この記事を読めば、

  • 画像のSEO最適化が行えるようになります。
  • 検索結果に画像が表示される機会が増えます
  • 通常の検索順位のアップも見込めます。

この記事では、画像SEOの難しい対策方法は一切載せていません。なぜならば、そこまで行わなくても、画像上位表示は可能であることが分かったからです。

下記は画像上位表示例の一部です(私の場合)

検索結果画像上位表示実例

上記実例は後半で詳しく紹介しています。

実は、私自身、難しいことは嫌です…。正直言ってよく分からないし、できるなら手を出したくありません。従って、内容は、私でも出来たこと初心者でも行える方法となっています。全てを隠さず伝えていきますので、ぜひ、お役立てください。

SEO:画像の検索上位表示〜超かんたん3つのテキスト対策〜

結論をめちゃくちゃ手抜きで伝えると、画像のSEO対策は「Googleのガイドラインに従ってください。」これで終わりです。そこに全て書いてあるからです。

画像に関するコンテキストを追加すると、利便性が増すため、より良質なトラフィックをサイトに呼び込むことにつながります。〜Google画像検索でコンテンツが表示される可能性を高めるには、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成することが必要となります。〜

引用:Googleガイドライン「Google画像検索に関するおすすめの方法」より

Googleのガイドラインは、上記のように始まり、続いていきます。もっと勉強したい方は、Googleのガイドラインを見てください。

簡単にポイントだけを知りたい方や、実例を知りたい方は、この記事をお読みください。

私の画像SEOは、Googleガイドラインの中に書いてあることを行っただけです。ですが、その全てを行なってはいません。難しくないことだけを選んでいます。

簡単にできることだけを選んでやっています。結果を検証する限り、おそらく、それで十分です。

その中でも、まず最初に、特に重要である3つのテキスト対策のポイントについてお伝えしていきます。

画像検索SEO重要な3つのテキスト対策

画像SEOで特に重要と思える、3つのテキスト対策のポイントは、以下の通りです。

  • 有益で質の高い記事を作成する
  • 代替テキストを記入する
  • テキストの近くに画像を配置する

一つずつ、説明していきます。

有益で質の高い記事を作成する

画像を掲載する記事コンテンツ自体の質を高めてください。

この記事で最も重要な土台となるポイントです。ぜひ、理解納得してください。

記事の内容が薄くて質が低ければ、どんなに良い画像でも、どんなSEO画像対策をしても上位には表示されません。なぜなら記事テキストと画像はセットで1つの記事ページだからです。

要するに、質の良いテキスト・コンテンツ(記事・文章)を書くことが先決だということです。

”質の良いコンテンツにしてください”これは、どのSEOに関する記事でも目にしますが、それくらい本当に重要だということです。

もし、あなたの記事コンテンツの質が低いのであれば、画像SEOは置いておき、記事コンテンツの改善を最優先してください。

代替テキストを記入する

代替テキストに画像の説明を記入してください。

代替テキスト(alt指定部分)とは、もし画像が表示されない場合(古い端末で画像だけ表示されないなど)に、画像の代わりに画面に表示するテキスト(短めの文章)のことです。

この代替テキストは、自分で記入しておかないと表示されません。閲覧者のためにも記入しておいて下さい。閲覧者のためになることは、即ち、Googleに評価されるということです。即ち、SEO的にプラスです。

また、検索エンジンのGoogle側も、代替テキストが記入されていると、どんな画像なのかを判断しやすくなります。Googleに正確に伝えること、これもSEO的にプラスになります。

代替テキストの記入場所は以下を参考にしてください(注:ワードプレスの場合)。矢印の部分に記入しておきます。

代替テキスト記入場所(ワードプレスの場合)

尚、代替テキストへの記入は、以下の点にも留意してください。

検索キーワードを適切に含ませる

代替テキストには、検索キーワードを適切に入れておくと良いです。但し、無理矢理に入れないようにしてください。画像の内容を適切に表現する方が重要です。

尚、検索キーワードを多く入れ過ぎるとGoogleからペナルティを受ける可能性があることも覚えておいてください。

画像の内容を適切に表現する

画像の内容を適切に記述するようにしてください。たとえば、以下のような画像の場合、

正しい代替テキストの記入例「犬がボールを咥えながら雪の中を走っている」
  • X:「雪と犬」
  • 〇:「犬がボールを咥えながら雪の中を走っている」

代替テキストには、後者のように、ある程度、具体的な説明を記入してください(但し簡潔に)。

テキストの近くに画像を配置する

画像は、その画像と関連のあるテキスト(タイトルや見出しや本文)の近くに配置してください。

たとえば、

見出し「SEO対策セミナー開催の様子」のすぐ下に《セミナー開催の様子の画像》を配置。

本文「〇〇のデータをグラフにしてみました。以下の画像を参照ください。」のすぐ下に《〇〇のグラフの画像》を配置。

下記の左側は、ダメなパターンです。

正しい画像と関連テキストの配置

上記の右側のように、画像の近くに関連するテキストがあるようにして下さい。

画像内のテキストはSEO的に無効

ちなみに、画像内に写っている文字や、画像編集で合成して入力したテキストは、現在、Googleは検知していません(2020年2月現在)。

画像内テキストは無効となる説明

但し、近い将来、Googleの検索エンジンプログラムAIロボットが、進化したら、画像内の文字もSEOに関係してくる可能性ありです。たぶん、そうなると私は思っています(個人の推測ですが)。

画像SEOその他の対策(重要)

画像とテキストに関する重要なポイントを3つお伝えしましたが、その他にも、注意すべきポイントがいくつかあります。

  • 意味のある画像を使う
  • 独自のオリジナル画像を使う
  • スマホ最適化を行っておく
  • 適切な画像サイズにする
  • 可能な画像形式を使う
  • ページ上部に出したい画像を配置する

これらも、一つずつ説明していきます。

意味のある画像を使う

意味のある画像を使ってください。

たとえば、記事内に「iPadたった1台でホームページ集客!」という見出しがあったとします。次の画像で、意味のある画像はどちらでしょうか?

意味のある画像と意味のない画像の比較

当然、右の画像ですね。もっと他に良い画像があるかもしれませんが、左の海の画像の100倍意味のある画像であることは間違いありません。

文章のみダラダラ続くと、読み手は苦痛です。なので、途中の区切り・挿し絵としての画像使用であれば、上記左のような画像でも意味があると言えます。ですが、上記例は明らかにNGです。

タイトル、見出し、内容に合った写真を使いましょう。

価値ある独自のオリジナル画像を使う

できる限り独自のオリジナル画像を使用してください。

Googleは独自のオリジナル記事を重視します。画像も同様に独自のオリジナル画像を重視します。

もし、フリー素材の画像を使う場合は、そのままではなく、少し加工するなど、一手間加えた方が良いかもしれません。

尚、私の推測の域を出ませんが、単なるイメージ画像より、オリジナルのインフォグラフィックやグラフ、手順を表す画像などの方が、SEO的に高評価になる気がしています。

たとえばですが、見出しが「CMSシェア率ランキング」だった場合、それに付随する画像は、どちらの方が価値のある画像だと思いますか?

価値ある画像と価値のない画像との比較

ちなみに、左の画像はフリー素材で、右は私のオリジナル画像です。

価値ある画像は、右側の画像ですよね。左の画像の方がカッコ良いかもしれませんが、高価値になることは考え難いです。価値あるオリジナル画像を使いましょう。

注)オリジナル画像以外を使用する際は、著作権等に十分に注意してください。

画像表示のスマホ最適化を行なっておく

スマホの小さな画面で画像が表示された時でも、すぐに分かる画像にして下さい。

パソコン表示用のみに最適化されたサイトだと、スマホで表示する際、文字も画像もギューっと縮こまり、引き伸ばさないと何の画像だか全く分からなくなります。これは大いに問題です。

この場合、文字も読めないので、画像SEOどころか、普通のSEOとしても低評価となる可能性があります

ちなみに、ワードプレスの場合、レスポンシブデザインのテーマを使用していれば、パソコン表示でもスマホ表示でも自動で最適化されるので、基本的に問題にはなりません。

・・・・・

スマホ最適化については、以下のGoogleのツール(モバイルフレンドリーテスト)で簡単にチェックできます。※結果が正確な判定になるとは限りません。

Google モバイルフレンドリーテストツール

適切な画像サイズにする

画像サイズは可能な限り小さくして、ページの表示速度を早めるようにしてください。

ページの表示速度は、SEOに関係してきます。画像のサイズが大きいと、それだけ通信処理の負担が大きくなり、ページ表示やページ動作が遅くなります。

すると、見てる人はイライラします。なので、SEO的に良くありません。

但し、見にくい画像になるまで画像サイズを落とすことは逆効果ともなります。画像サイズの縮小は、見る人が不快に感じない程度に留めておきましょう。

・・・・・

ページの表示速度については、以下のGoogleのツール(Page Speed Insights)で簡単にチェックできます。※結果が正確な判定になるとは限りません。

Googleページ表示スピードテストツールPage Speed Insights

・・・・・

画像サイズ縮小については、以下のアプリが便利です(注:iPadの場合)

  • IPad画像サイズ変更アプリ「バッチリサイズ2」
画像サイズ変更アプリ「バッチリサイズ2」iPad

・・・・・

ワードプレスの場合は、画像サイズ縮小や、その他の表示速度向上のためのプラグイン(オプション機能)が複数存在しています。以下は現在、私が使っているプラグインです。

画像圧縮と画像遅延表示のワードプレスのプラグイン一覧
  • Autoptimize(ウェブページ表示時にページ後半の画像読み込みを少し遅らせることによって初期ページ表示速度を早くしてくれる)
  • Compress JPEG & PNG images(画像をワードプレスにアップロードする際、自動的に圧縮してくれる)

注)上記のプラグインは、あくまでも私の環境で正常に動作している例として掲載しています。また他にも同じようなプラグインが複数あります。

可能な画像形式にする

Googleがサポートしている画像形式の画像を使用してください。

Googleがサポートしている画像形式は、以下の6種類です。

JPEGPNGGIFBMPWebPSVG

最もポピュラーで、サイズも小さく加工しやすいJPEG形式が一番おすすめです(JPEGとPNG以外は対応していない画像編集アプリが多いです)。

ページ上部に表示したい画像を配置する

検索されたい画像は、ページ上部に配置してください。

Googleはページ上部を重視する傾向があります。これは、画像の場合も同様です。ページの中盤や後半の画像が検索結果に出ることもありますが、ページ上部に配置した画像の方が表示されやすくなります。

ページ上部に配置する画像が表示されやすいのであれば、その画像は、できる限り、クリックしたくなる画像にしておきます。そうすれば、画像表示がアクセス数につながり、意味ある画像SEOとなります。

↑この部分、かなり重要かもしれません!

画像SEOその他の対策

以下は、Googleガイドラインには書いてあるけれど、あまり重視していないポイントです。…私の場合はです。

高画質

Googleのガイドラインには、高画質の画像を…と記載されていたので、一応、ここにも書いておきますが、高画質でなくても大丈夫です。

明らかに劣化してボヤけて見難い画像でなければ、高画質でなくても検索上位に表示されます。

高画質は画像サイズ(ファイルサイズ)が異様に大きくなります。表示スピードに大きく影響します。高画質は控えた方が良いです。

ファイル名

画像のファイル名は、その画像を表す意味が分かるファイル名にしてください。とGoogleのガイドラインに書いてあります。

たしかに、通常の画像のファイル名は、何の意味も持ちません。意味ある名前にする方が良いでしょう。

  • X:img200225.jpg
  • 〇:seo_picture_point.jpg

ただ、私の場合、これは全くやっていません。他で合格基準を満たしていれば、ファイル名は、それほど重要ではありません。(面倒なのでやっていない…実はこれが本当の理由です、、、)

尚、アンダーバーはGoogleに認識されないと言われています。ファイル名を変える場合は、アンダーバーではなく、ハイフンで区切ってください。

  • X:seo_picture_point.jpg

→seopicturepointと認識されてしまう

  • 〇:seo-picture-point.jpg

→seoとpictureとpointで認識してくれる

その他やらなくても良いこと

その他、Googleのガイドラインには、画像に構造化データを使用する、画像サイトマップを使用する、画像にセマンティック・マークアップを使用する…など、小難しいことが書いてあります。

ですが、これらは、ワードプレスを使用している場合(一部プラグイン使用)であれば、意識しなくても良いものもあります。

また、もし、自分で手を加えなければならないものがあったとしても、ここまで説明してきた重要ポイントだけで十分です。わざわざ、難しいことをする必要はありません。

難しいことに取り組む時間と、得られる効果が釣り合うか?で判断は異なってきますが、画像SEOの場合は、簡単なことだけでも、満足できる結果は得られました。

画像SEOと検索上位表示結果例

画像SEOを行った結果、いくつかの私の記事の画像が上位表示されるようになりました。繰り返しますが、難しいことは一切していません。

確認日:2020年2月25日(プライベートモード・シークレットモードで検索)

画像SEO結果例①画像表示で1位トップ表示

画像SEO結果例①画像表示で1位トップ表示

対象ページ

説明

画像の検索結果で1位表示となった例です。しかも、このページは、通常の検索結果順位だと、確認時は17位〜29位あたりを前後していたページです。

画像と記事テキストはセットなので、画像を上位表示するには、基本的に通常検索結果でも上位表示されている必要があります。ですが、このように、画像単独のランキングとなる場合もあるようです。

画像SEOやったこと

  • 有益で質の高い記事を作成する
  • 代替テキストを記入する
  • テキストの近くに画像を配置する
  • 独自のオリジナル画像を使う
  • 適切な画像サイズにする
  • 可能な画像形式を使う

画像SEO結果例②:画像表示でトップ30画像中8画像もランクイン

画像SEO結果例②:画像表示でトップ30画像中8画像もランクイン

対象ページ

説明

画像の検索結果で、上位7列(26画像中)の中に大量に8画像も私の画像がランクインしました。(通常の検索順位は2位表示)

上記の写真では、4つしか見えていませんが、その後に、さらに4つの画像が表示されて計8画像となっています。

通常の検索結果では、同じサイトからは、通常1ページ(最大でも2ページ分)しか表示されません。ですが、同じページからではありますが、8画像も表示されています。

ファーストビュー(スクロールせず見える範囲)では、9画像中4つの画像が私の画像で占めており、半分近い画面の面積を占めています。

大量表示。これは、かなり大きな発見です。アクセス数アップに活かすことができます。今後、さらに画像SEOに注目する必要がありそうです。

やったこと

  • 有益で質の高い記事を作成する
  • 代替テキストを記入する
  • テキストの近くに画像を配置する
  • 独自のオリジナル画像を使う
  • 適切な画像サイズにする
  • 可能な画像形式を使う
補足
  • スマホ最適化を行っておく…は、ワードプレスのテーマが自動的に最適化してくれているので何もしていません。
  • 適切な画像サイズにする…は、ワードプレスのプラグインツールでの自動的な圧縮も行っています。
  • 該当ページに、アクセス数があった場合、画像からのアクセスだったか否かの分析は行えていません。

注:Googleは常に検索結果表示のルールを変えているので、いつ画像の表示仕様や順位決定基準(ランキング要素)が変わるか分かりません。この事例結果は、2020年2月25日時点での結果です。

まとめ(SEO:画像:テキスト)

画像SEOでやるべきことは、

まずは、

  • 有益で質の高い記事を作成する
  • 代替テキストを記入する
  • テキストの近くに画像を配置する

です。

そして、

  • 意味のある画像を使う
  • 独自のオリジナル画像を使う
  • スマホ最適化を行っておく
  • 適切な画像サイズにする
  • 可能な画像形式を使う
  • ページ上部に出したい画像を配置する

にも留意して、画像を使用してください。

画像SEOを行なっておくと、例でお見せしたように、通常の検索順位よりも、上位ページに画像が表示されることがあります(例では1ページ目表示でした)。検索結果の半分近くを自分の画像で占めることもあります。

繰り返しになりますが、私は、画像SEOで、難しいことは一切やっていません。この記事に書いたことが全てです。隠している秘密のノウハウは何もありません。

でも、もしかしたら、この記事を読んだだけだと、難しい…面倒くさい…と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

でも、まずは、やってみませんか?

難しい…面倒くさい…と言うのは、そのあとで。

画像SEOを意識して、ホームページやブログに取り組んでいる人は、まだそう多くはいないと思います(だから良い結果だったのかも?)。

画像SEO、ぜひ、あなたも今のうちに、トライしてみてはどうでしょうか。

以下の記事もおすすめです。

ホームページ集客初心者の方には、以下の無料講座がおすすめです。

以上です。
ありがとうございました。