検索順位の確認ツール無料おすすめ厳選3選【初心者向け】

検索順位の確認ツール無料おすすめ厳選3選【初心者向け】

検索順位確認が簡単にできる、無料おすすめツールを3つ紹介していきます。初心者でも問題なく使えます。検索順位確認ツールを使ってSEO対策等に役立ててください。

紹介する検索順位確認ツールは、下記環境で動作確認済みです。

  • 確認日:2020年1月14日
  • 端末:iPad
  • ブラウザ:SafariとChrome

検索順位確認ツールの種類

検索順位確認ツールは、大きく分けて、以下の種類があります。

  • クラウド型
  • インストール型
クラウド型ツールとインストール型ツールの違いの図

複数端末で使えて、スマホでもiPadでも使えて、いつでもどこでも使える、クラウド型が圧倒的におすすめです。

※この記事では、クラウド型のツールのみを紹介します。インストール型をお探しの方は、他のサイトをお探しください。

クラウド型

クラウド型と呼ばれる検索順位確認ツールは、インターネット上に存在します。そこにアクセスして、皆んなで使うイメージです。

なので、インターネットにつながる環境さえあれば、複数の端末からでも使えます。スマホでもiPadでも使えます。いつでもどこでも使えます。

インストール型

昔ながらのソフトウェアです。パソコンにインストールしないと使えません。検索順位確認ツールは、そのパソコン1台の中にだけ存在します。

なので、机に張り付いて使うことになります。他のパソコン、スマホ、iPadなどでは使えません。

注)この記事でインストール型のツールは紹介していません。

料金

クラウド型、インストール型、共に無料ツールと有料ツールが存在します。それほど大きなビジネスでない場合や、ウェブ集客初心者の場合は、無料の検索順位確認ツールで十分です。

この記事では、無料で使いやすい、クラウド型の検索順位確認ツールを3つ紹介します。

検索順位確認ツール無料おすすめ3選

おすすめの検索順位チェックツール9選とか10選とか多すぎです。本当におすすめの3つくらいに絞ってくれないと…と思うのは私だけでしょうか?

現に10種類前後のツールを紹介しているサイトや記事がいくつかありますが、使い難いツールや、誤動作するツールや、動かないツールまで平気で紹介しています。

この記事では、無料で初心者にも使いやすい、クラウド型の検索順位確認ツールを厳選3つだけ紹介します。(もちろん全て動作確認済みです!)

 SEOチェキ【無料】

SEOチェキの初期画面例

確認したいページのURLと、確認したい検索キーワードを入力するだけです。指定できるURLは1つです。検索キーワードは一度に3つ確認できます。アカウントの登録なども必要ありません。URLを変えて、検索キーワードを変えて、何度でも無料で繰り返して使えます。

その他にも、指定したページの、タイトルやメタディスクリプションを表示してくれたり、そのページの単語出現率が確認できたり、インデックス数が確認できたりします。私も頻繁によく使うツールです。

検索順位チェッカー【無料】

検索順位チェッカーの初期画面例

確認したいページのURLと、確認したい検索キーワードを入力するだけです。指定できるURLは1つです。検索キーワードは一度に5つ確認できます。アカウントの登録なども必要ありません。

ヒットページ数を表示してくれたり、スマホ検索順位は別で表示してくれます。但し、少し動きが重く、順位の取得に失敗する場合が多々あります。ですが、あなたのサイトがエラーを起こしているわけではないので、安心してください。

ohotuku.jp順位チェック300【無料】

ohotuku順位チェック300初期画面例

確認したいページのURLと、確認したい検索キーワードを入力するだけです。指定できるURLは1つです。検索キーワードは一度に3つ確認できます。アカウントの登録なども必要ありません。

ほぼ、前述のSEOチェキと同じです。お好みで、使い分けてください。

検索順位確認ツールの使い方

各検索順位確認ツールの使い方は、まとめるほどでもないです。そのくらい、初心者でも簡単に使えるということです。ですが、初めて使われる方のために、各ツールの使い方や、結果の見え方をまとめておきます。

SEOチェキの使い方

①SEOチェキにアクセス

➡︎SEOチェキの検索順位チェック

SEOチェキツールの使い方の説明

②URLと検索キーワードを入力

③確認チェック実行

④結果例

SEOチェキツール結果例

検索順位チェッカーの使い方

①検索順位チェッカーにアクセス

➡︎検索順位チェッカー

検索順位チェッカーツールの使い方の説明

②URLと検索キーワードを入力

③確認チェック実行

④結果例

検索順位チェッカーツール結果例

ohotuku.jp順位チェック300の使い方

①順位チェック300にアクセス

➡︎ohotuku順位チェック

ohotuku順位チェックツールの使い方の説明

②URLと検索キーワードを入力

③確認チェック実行

④結果例

ohotuku順位チェックツール結果例

検索順位確認時の注意事項

手動で普通に検索する時、入力した検索キーワードをGoogleが「そのキーワード間違ってるよね?」と勝手に読み替えて検索してしまう場合があります。(極端に少ない検索ボリュームのキーワードの時に稀に行われます)

本当に入力を間違っている場合は、助かりますが、そうではない場合、自分が求めていたのと違う検索結果になってしまいます。

手動であれば、「元の検索キーワード」と表示されているので、そこを押して、検索し直すことができますが、検索順位確認ツールは、そこまで判断できません。

従って、検索順位確認ツールの出す順位は、実は、Googleが勝手に行う代替検索の結果順位だった…という場合があります。

その不安がある場合は、手動で、普通にググって(Google検索)、自分の目で順位を確認してください。

手動による検索順位の確認

「ツールを使用する方が面倒だよ」という場合もあると思います。その場合は、普通にGoogle検索して、順位を自分の目で確認してください。

尚、手動検索時には、以下の点に注意してください。

  • 勝手に読み替え検索
  • 自分専用の検索結果
  • 再検索時の順位入れ替わり

勝手に読み替え検索

既に説明済みですが、Googleが自動で、検索キーワードを読み替えて、検索してしまう場合があります。

この場合は元のキーワードで検索し直してください(下記画像参照)。

自分専用の検索結果

SafariやChromeなどのインターネット検索ブラウザでは、通常の検索モードと、プライベートやシークレットという2つのモードが存在します。

通常の検索モードだと、自分がよく見るサイトなどから、好みが考慮された順位で表示されてしまいます。即ち、その順位は、自分のための自分専用の順位でしかありません。

検索順位など調査する場合は、必ず、プライベートやシークレットモードの新規タブで、検索するようにしてください。

Chromeのシークレットモード画面例
Chromeのシークレットモード
Safariのプライベートモード画面例
Safariのプライベートモード

再検索時の順位入れ替わり

同じタブで、同じ検索キーワードで、そのまま再検索(再読み込み)すると、一度見たサイトの順位が1つか2つ下がり、まだ見ていないサイトの順位が1つか2つ上がることがあります。検索者のために入れ替えているのだと思われます。おそらく、一発目が本当の順位です。

まとめ(検索順位の確認ツール無料おすすめ厳選3選)

いかがでしたか。

有料無料、クラウド型インストール型、世の中には、たくさんの検索順位確認ツールがありますが、スモールビジネスであれば、ここで紹介した無料のクラウド型のツールで十分です。

数十万、数百万という大量のアクセス数を目指すサイトなら、有料のツールを使っていくべきかもしれませんが、でなければ必要ありません。

・・・

当然ですが、検索順位確認ツールを使うだけで、何かが良くなることはありません。あくまでもSEO対策の補助的ツールでしかありません。その順位を知って、何に気付き、何をどうするか!?が重要です。

以上です。

ありがとうございました。

関連するおすすめの記事

検索キーワードと順位の関係46パターン調査結果【類義語など】