ホームページの作り方(CMS)で最も選ばれている方法とは?シェア比較

ホームページの作り方(CMS)で最も選ばれている方法とは?シェア比較

ホームページ作り方の種類

シェア比較の前に、まずは、ホームページ(ブログなども含みます)の作り方の種類を、ざっくりとですが最初に説明しておきます。自分で作る場合の作り方の種類です。

業者に委託する…とか、既製品を買う…も、作り方の一種ですが、ここでは、自分で作る場合の作り方の種類になります。

では、その種類です。

・HTML言語をコツコツ書いていく。

・CMSで文章を書いたり画像を貼っていく。

大きく言うとですが、この2種類です。

HTML???CMS???

何じゃそりゃ!?

…ですよね。。。

では、もう少し読み進めてください。

HTMLでホームページを作る

↓HTML言語とはこんなやつです。

このブログページの先頭(画像〜「ホームページ作り方の種類」という所まで)をHTMLで作るとなると、上記のような、特殊な言語をコツコツ、コツコツと書いていくことになります。

ちょっと何が何だか分かりませんよね。ホームページはこういう意味不明の文字(HTML)の羅列が中心となって作られていきます。

大昔は、みんなこうやってホームページを作成していました。だから、ホームページ制作業が世に生まれました。

今でも、凄いホームページを作るとなると、この辺りの知識や技術は必須なので、プロの業者にお願いすることになります。本業でもなければ、こんなの覚えられないですからね。

でも、時代は変わっていきます、、、

、、、

CMSでホームページを作る

進化のスピードは早いです。。。

ホームページなどを作る上でHTMLが必須…というのは、昔も今も変わっていません。

ですが、

HTMLなんて全く知らなくても、ホームページやブログが、誰でも(そこそこパソコンが使えれば)スイスイできるようになっていきます。

それを可能としたのが、CMSというものなんですね。

一応、訳しておくと、

content management system

コンテンツ マネジメント システム

略してCMS

専門知識を必要とせず、簡単に、文章テキストや画像など様々なコンテンツを管理。それを、インターネット上に公開していけるツールシステム(道具)。

と言えばいいでしょうか。

ま、言葉とか意味はしっかり覚えなくていいです。

HTMLとか訳の分からない難しいことを覚えなくてもオリジナルのホームページやブログ作成などが簡単に作れてしまうもの。

ホームページ作成用キットとか、ブログ作成ソフトとか、そんなイメージのもの。

が、CMSだと思っておけば良いです。

では、なぜ、そんなことが可能なのか?

実際は、そのCMS(ホームページ作成用キットなりブログ作成ソフト)が、利用者(作成者)の操作に従って、裏で前述のHTMLを勝手に自動的に書き込んでくれるんですね。

だから、

利用者(作成者)は、HTMLとかその他も含め、難しい知識や技術を覚えなくても、ホームページなどが作れてしまうというわけなんです。

では、今度は、

HTMLでなく、CMSで、このブログページの先頭(画像〜「ホームページ作り方の種類」という所まで)を作っていくイメージを見てみましょう↓

注)今はiPadとアヒルさんの画像にしちゃってますが、最初は以下の画像でした。

…こんな感じとなります。

これは、ワードプレス(WordPress)というCMSを使った例ですが、HTMLで作る例と比べると、視覚的に作っていけることが分かると思います。

画像を貼って

普通に日本語で文章書いて

ちょっと文字修飾してあげて

…で終わりです。

先ほどの英語なのか何だか意味不明のHTMLなんて、どこにも出てきません。

実際は、このワードプレス(WordPress)というCMSが、目に見えないところで、HTMLを書いてくれているのですが、その内容は気にしないでOK。

このようなものがCMSです。

同じモノを作るとしても、HTMLで作る/CMSで作る…こんなに違うんです。

HTML/CMSどちらを選ぶ?

ということで、

HTMLで作る/CMSで作るという、2つの方法について、軽く説明してきましたが、あなたなら、どちらを選びますか?

HTMLなど専門知識の無い私達が、起業し集客し売上を上げていくためのホームページやブログが欲しい!作りたい!となった場合、どの方法を選ぶか?

もう答えは明確ですね。

・CMSで文章を書いたり画像を貼っていく

ですよね。

必然的にこうなっていきます。

ただ、もし、

あなたの事業が、凄い機能があるホームページを作らないと起業できない。もの凄いキレイな凄いデザインのホームページじゃないと売上があがらない。

…というような事業となるのならば、簡単CMSでは不可となる可能性が高いので、信頼できるプロの業者さんに、HTMLや他の技術も駆使しながら、作ってもらうよう依頼して下さい。

でも、その前に、、、

お節介となってしまいますが、、、

その事業プラン大丈夫ですかね?最初から大きなことを狙ってませんか?凄いこと狙ってませんか?凄いキレイで凄いデザインのホームページである必要って本当にありますか?お節介ですが、よくある失敗に多いことなので、念のため言わせていただきました。。。

CMSの種類はいくつある?

CMSなら、自分でもホームページの作成ができそうかな…と思ってもらえましたでしょうか?

もし、そう思えなくても、少なくとも、ホームページは、業者さんに依頼しなきゃならないもの、買わなきゃいけないもの、という先入観は捨てましょう。

第三の手、自分でお金をかけずに出来るホームページの作り方もあるということです。

依頼、買う、自作の3つの選択肢があると思うようにしておきましょう。(あとは借り物ページ(アメブロやFacebookページなど)で代替する手段があります)

その中で、何が起業する事業やサービスに適しているか?自分に適しているか?です。

さて、

そのCMSですが、その種類はどのくらいあるのでしょう?

正確には調べていませんが、国内外合わせたら数百種類は絶対にあります。いや、もっとかもしれません。

となってくると、気になるのがシェアですね。何がみんなに一番使われているのか?気になりますよね?

多く使われているから良いCMS、少ないシェアだから悪いCMS…とはなりませんが、やはり、数多く使われているということは、それなりの理由が必ずあります。

また、数多く使われると、レビューや公開情報も自然と多くなり、より使いやすさも加速していきます。

決してシェアだけで価値は決まりませんが、私達、使う側から見たら、シェアは無視できないことの一つです。

では、

そのシェアを見ていくことにしましょう。

CMS(ホームページ作成用の道具)のシェア

世界のCMSシェア第1位は!?

w3techs.comというサイトで調べました。

世界でのCMSシェアを表したグラフです(緑)。

※35位以下は省略

何か1つだけ断トツですね。

WordPress(ワードプレス)というCMSです。

2位が7%

6位で1%台…

で1位

WordPress(ワードプレス)は

なんと58.7%

他のCMSとの比較うんぬんのレベルではない断トツさです。

だから良いよ。ってわけではありませんが、ここまで断トツ1位だと、このWordPress(ワードプレス)というCMSは安全牌と言えそうです。

というか、安全牌です。

というのも、実際、私も、私のクライアント様も、ホームページ作成には、このWordPress(ワードプレス)というCMSを使っていて、実感しているからです。

でも、色々調べた結果、WordPress(ワードプレス)にしたのですが、ここまで断トツのシェア1位だとは思っていませんでした。。。

円グラフにしてみました⬇︎

うち、トップ3+有名どころ2つ(WixとJimdo)の計5つのCMSに絞って円グラフにしてみました⬇︎

15位のWix(0.6%)、34位のJimdo(0.2%)も、実は有名です。使い難いってわけでもありません。良いCMSだと思います。なので、シェアトップ3に加えてみたのですが…

他のCMSだと、広告が出てしまったり、ホームページが自分所有の資産にならなかったり、独自ドメイン(xxxxxxxxxx.comなどのサイトURL名前)が持てなかったり、SEO(検索されて上位表示)に弱かったり…

…と、確かにワードプレス(WordPress)に劣る部分はあるのですが、それでも、ここまでの差とは思っていませんでした。

でも、これが市場が出した答えなんですね。

CMS(ホームページ作成用の道具)の話題度

12K INDEXで調べてみた

「12K INDEX」というサイトがあります。このサイトを開き、ワードを入れていくと、メディアで取り上げられた量(=話題性)が分かるらしいです。

ということなので、ここに、シェアトップ3のCMS名を入れてみました。

話題性でも、ワードプレス(WordPress)は断トツですね。

グラフは下がってきていますが、これは、ワードプレス(WordPress)というものが、ポピュラーになってきたということで良いでしょう。気にする必要は無さそうです。

※参考までに、この「12K INDEX」の使い方を下記に軽く載せておきます。

①12K INDEXのサイトを開きます。

https://index.12k.co/index/

②単語を入力します。

What do you want to analyze?という所に調べたい単語を入力します。

③折れ線グラフが出てきます。

[ADD]を押すとグラフが出てきます。

[X]を押すと削除できます。

④比較したい他の単語も入れます。

⑤もう1つ折れ線グラフが出てきます。

⑥折れ線グラフにタッチ

いつの時点で何%と表示されます。

注)日本語はダメみたいです…

日本国内のCMSシェア第1位は!?

では、世界でなく、日本国内ではどうなっているのかを見てみましょう。

同じく、w3techs.comというサイトに、日本のデータもあったので、それを掲載しておきます。

ちょっと候補が少ないので、信憑性に疑問がありますが、日本国内でも、ワードプレス(WordPress)は断トツのシェアNo1となってますね。

しかも80%超え!

上記グラフには載っていませんが、日本国内の民間業者が作ったCMSも実は沢山あります。消えていったものも含めれば100種類以上はあるのではないでしょうか。

それらも含めたものが見つかれば良かったのですが、ちょっと見つかりませんでした。

そういうCMSを提供している業者のホームページを見てみると、

「〇〇社のCMS〇〇〇〇は導入実績3,000社!」

とかキャッチコピーが載っているので、それなりにシェアに食い込んでいると思うのですが、統計対象となっていないのか、それとも、0.n%にしか至っていないのか?定かではありません。

まさか、3,000社って、無料お試しも、導入実績数にカウントしちゃってたりしてる?、、、

ま、とにかく、いずれにせよ、

ワードプレス(WordPress)のシェアは、世界でも、日本国内でも、断トツNo1であるという、揺るぎない事実は押さえておきましょう。

ワードプレス(WordPress)が選ばれる7つの理由

では、次に、

なぜワードプレス(WordPress)が、こんなに指示されるのか?

をまとめていきます。

ただシェアNo1だというだけで選ぶのではなく、その選ばれる理由を知ることによって、よりワードプレス(WordPress)の活用の幅を広げられますので、ぜひ、押さえておきましょう。

以下、ワードプレス(WordPress)が選ばれ支持される理由7つ、です。

 

①自己所有,自己資産となる。

②無料で使える。

③簡単に使える。

④着せ替えテーマが豊富。

⑤追加機能オプションが豊富。

⑥公開情報が豊富。

⑦SEO(検索上位表示)に強い。

 

この全てクリアしているのが、

ワードプレス(WordPress)です。

 

一つずつ説明していきます。

①自己所有,自己資産となる。

ホームページやブログ、個人用のプライベートメディアとするのであれば、自己所有,自己資産とならなくても良いかもしれません。

ですが、起業し、会社や事業に活かすためのホームページやブログなどは、自己所有,自己資産となった方が良くはありませんか?

たとえば、よく言われるのがアメブロなど。

あなたが、どんなに頑張って書き溜めたブログであっても、所有者はアメブロ運営会社となります。アメブロ運営会社の資産となります。これはアリ?

もしも、運営会社さんにアメブロや〜めた。と言われたらサービス終了です。あなたのブログは全て消滅してしまいます。

サービス継続であっても、運営会社側のルール規定に従わなければ、あなたのブログは勝手に消されてしまいます(実例として現実に発生しています)。

自己所有,自己資産となるワードプレス(WordPress)。指示される一つの理由です。

②無料で使える

やはり無料で使えるのは単純に助かります。

民間業者が提供するCMSのほとんどは、月額使用料を一生払い続ける仕組みです。レンタル的な仕組みですから、一つ前で述べた自己資産にならない場合も多くなります。

仮に1万円/月 とすると、

5年で60万円のコスト

10年で120万円のコスト

となってきます。

もちろん、その価値を生み出せれば、安い投資となるでしょう。

でも、

その業者さんが倒産したら?…

サービスや〜めたとなったら?…

ちょっと怖いですよね。かつ、安いとしても、ランニングコストとして常に固定費が発生…

自己資産にできて、かつ、無料のワードプレス(WordPress)に軍配があがるというわけです。指示される一つの理由です。

ちなみに、アメブロも、WixやJimdoも無料で使えます。が、単に無料でさえあればOK。ではないということですね。

③簡単に使える

簡単…ということも、シェアが広がることの重要な要因です。

HTMLという難しいものを勉強せずでもホームページを作れるようにしたものがCMSです。

なのに、そのCMSの使い方が難しかったら…。意味ありません。

ワードプレス(WordPress)はシェアNo2のJoomlaより数倍簡単に使えます。これも、指示される一つの理由です。

ちなみに、簡単…ということだけで言えば、たとえばシェア34位のJimdoの方が、さらに簡単です。ただこれも、簡単でさえあればそれでOK。ではないということですね。

④着せ替えテーマが豊富

着せ替えテーマ。言い変えると、デザインテーマということです。

記事レイアウトの配置、見出しの表示のされ方、メニューの出方、色などなど。それぞれのテーマによって異なります。

また、あのテーマはココを変えられるけど、このテーマは変えられないとか、あのテーマはコレができるけど、このテーマはこれができないというように、機能性も異なります。

テーマのどれを選ぶかによって、同じ内容のホームページやブログであっても、見た感じが変わってきます。そして、機能性も違うので、行えること、行えないことが変わってきます。

ワードプレス(WordPress)は、このテーマの数が、無料で数え切れないほど存在します。有料で販売されているテーマもありますが、無料でも十分です。

この、テーマの豊富さも、指示される一つの要因でしょう。

ただ、このテーマは一般人も含め、色々な人が用意したテーマなので、中には駄作テーマもありますし、危険なものもあるようです。気をつけましょう。

また、ある程度、ホームページやブログが出来上がってから、テーマを変更すると、せっかく書き込み書き溜めた内容が壊れる場合もあります。

見た目というのは必要ですが、ホームページやブログで成果を求めるのに、見た目はほとんど重要ではありません。あまり、こだわり過ぎず、そこそこ良いテーマであれば、それに決めて、その後は、テーマを変更しないことをオススメしておきます。

⑤追加機能オプションが豊富

追加機能オプション。別の呼び方は「プラグイン」と呼ばれます。聞き慣れない言葉ですよね。でも、一応、ワードプレス(WordPress)を使うのであれば、覚えておいてください。

追加機能オプション(プラグイン)、即ち、オプション機能です。標準ではサンルーフの無い車にサンルーフをオプションで付ける。の、サンルーフはオプションですよね。それと同じことです。

標準のワードプレス(WordPress)にも、選んだデザインテーマにも付いてない機能があったとします。困ったなぁ。そのような場合、オプション(プラグイン)を追加してあげると、解決する場合があります。

たとえば、

ブログ記事の下に「その他のオススメ記事」の一覧を自動的に出したいなぁ、でも出せないのかぁ、そうだ、オプション(プラグイン)であるかなぁ、あ、あった、追加しちゃおう。

といった感じです。

このオプション(プラグイン)もまた無料で豊富にあるので、これも支持される理由の一つです。

ただ、この「プラグイン」も、テーマと同様、色々な人が用意して世に出しているので、駄作や危険なものもあります。気をつけましょう。

⑥公開情報が豊富

ワードプレス(WordPress)が、いくら簡単だといっても、こういうIT系のもの全般に言えることは、カップラーメンを作るよりは100倍難しいってことです。

カップラーメンの作り方で悩む人はいないでしょう。カップラーメンを作る際にトラブって困り果てることもないでしょう。だから、カップラーメンの作り方の情報は不要です。

でも、さすがに、ホームページやブログを作って運営するとなると、あれ?どうやればいいんだろう?と悩んだり、あれ?変になっちゃった!とトラブルになることが無いとは言いきれません。

そんな時、ネットで検索して、解決方法が出てきてくれたら?

とても助かりますよね。

ワードプレス(WordPress)も、最初の頃はネットの情報も少なかったでしょう。でも、こうして圧倒的なシェアとなった今は、ネット上の情報量も断トツです。本屋さんの書籍数も断トツです。

これから、ワードプレス(WordPress)を使っていく上で、この環境であることは、非常に非常に大きいことです。シェア2位以下の公開情報はシェア同様の数しかありません…。これは大きな違いです。

ワードプレス(WordPress)が、今後も選ばれていくであろう理由となるでしょう。

但し、ネットの情報も誰もが自由に発信している情報です。また、古い情報かもしれません。情報の選別には注意しましょう。

⑦SEO(検索上位表示)に強い

何かをGoogleなどインターネットで検索すると、検索結果として一覧が出てきます。自分のホームページは1ページ目に出てきて欲しいですよね。できれば、1番目であって欲しいですよね。

何故ならば、検索者が、そのページを開いて見てくれる確率が高まるから。

そこで、考えます。

どうすれば1ページに出るようになるかなぁ、どうすれば1番目に出せるのかなぁ、と。

で、こうして、ああしてと、ホームページやブログを作っていく時に、色々と工夫していこうとします。

これがSEO(エスイーオー)対策ってやつですね。※SEO対策しますという悪徳業者多いので要注意!(もちろん優良業者もいます)

そして、このSEOへ向けて、実は、、、

あの天下のGoogleさんが「SEO的にワードプレス(WordPress)はイイよ!」って、公式に発表しているのです。Googleさんのお墨付きってやつですね。他のCMSについての発表は耳に入ってきてません…。

これは単なるGoogleのリップサービスではなく、現実的にそのようです。

同じ記事内容のFacebookより、アメブロより、圧倒的に優位に立つことはもう事実ですし、他のCMSよりも優位であることも多いようです。

権威あるGoogleからのお墨付きということ、SEO(検索結果上位表示)で優位であるということ、選ばれ指示される理由です。

まとめ

では、あらためて以下7つの理由です。

①自己所有,自己資産となる。

②無料で使える。

③簡単に使える。

④着せ替えテーマが豊富。

⑤追加機能オプションが豊富。

⑥公開情報が豊富。

⑦SEO(検索上位表示)に強い。

以上、

ワードプレス(WordPress)というCMSが選ばれ指示される7つの理由でした。

一つひとつで見ると、他のCMSでもクリアしているものはあります。ですが、これら全てをクリアしているのは、ワードプレス(WordPress)だけです。

また、④〜⑥は蓄積されていく量…の話しとなってくるので、他はもう追随していけないのです。

断トツ圧倒的シェアNo1のCMSが、ワードプレス(WordPress)であること、うなずけましたか?

あなたに最適なホームページの作り方は?

そこまで良いのなら、もうワードプレス(WordPress)で決まりでしょ!

…いや、ちょっと待ってください。

確かに、多くの方は、自作するのであれば、ワードプレス(WordPress)というCMSを使うことが最適です。私自身やクライアント様も使ってるから言うのではなく、理屈として間違いなくオススメです。

ワードプレス(WordPress)を使って、自作・自己発信のWEBマーケティングを臨機応変に仕掛けていくべきと強く思います。今後はますます、そうなっていきますし、そうなっていかないと、生き残っていけないでしょう。一人事業や小さい会社は特に。

でも、、、

、、、全員100%ではないはずです。

起業する事業によってはワードプレス(WordPress)でないかもしれません。ITに感するスキルが高ければワードプレス(WordPress)でないかもしれません。業者に委託して、ワードプレス(WordPress)では実現が難しいスゴいサイトを構築すべきかもしれません。そもそも、何も作らずSNS発信やポータルサイトだけで良いかもしれません。

自作いいね!

ワードプレス(WordPress)いいね!

…というその前に、

 

何の為にどんなものが、

あなたにとって必要か?

あなたにとって重要か?

 

…を、お忘れなく。

 

その結果、

ホームページやブログは、ワードプレス(WordPress)を使った自作が最適そうだ!となるのであれば、それが、あなたにとっての最適なホームページの作り方です。

 

 

〜 E N D 〜

 

 
– – – – – – – – – – – – – – – –
【執筆者】

〜起業スタート時にファン100人いたならば〜
自作ホームページの作り方講座/セミナー/コーチング支援/個別教室
スマートプランオフィス
手づくり自作ホームページ作成コーチ
鈴木 俊雄
神奈川県横浜市

– – – – – – – – – – – – – – – –