ホームページ集客方法おすすめ7ステップ【効果的なポイントも】

ホームページ集客方法

ホームページ集客方法おすすめ7ステップ【効果的なポイントも】

更新:2021.4.5 筆者:Toshio Suzuki

要約

ホームページを活用した集客方法をお伝えしていきます。ホームページ集客は下記の7ステップで進めていくのが基本です。

ホームページ集客方法7ステップ

  1. 絞りに絞ったコンセプトを決める
  2. ワードプレスでホームページを簡単に作る
  3. 魅力的なリードマグネットを作る
  4. 登録率の高いランディングページを作る
  5. 良質な見込み客となるアクセスを集める
  6. 信頼を勝ち得るプッシュマーケティングを行う
  7. 改善を繰り返し安定するまで継続する

この記事は、

  • ホームページを作ったけれどアクセスがない…
  • ホームページから集客できるようにしたい…
  • ホームページ集客方法がよく分からない…
  • 個人や初心者でもできるホームページ集客方法を知りたい…

といったような、悩みや要望のある、ホームページ集客の初心者の方へ向けてまとめてあります。

この記事を読むことによって、

  • ホームページへの集客方法が分かります
  • ホームページからの集客方法が分かります
  • ホームページへのアクセスが得られるようになります
  • ホームページから見込み客を獲得できるようになります

実際に私は、この記事にまとめたホームページ集客方法に基づいて、毎月確実に安定して2桁の見込み客をホームページから集客することができています。もちろん、お金をかけずにです。

ホームページ集客は、初心者の方は、最初は少し難しいと思うかもしれませんが、お伝えしていくのは、私のクライアントさん(全員初心者)も皆さん行えているホームページ集客の方法なので大丈夫です。

なので、ホームページを集客に活かせてない……という方は、ぜひ、この記事を参考にし、ビジネスを好転させてください。

【 目次 】

ホームページ集客方法7ステップの概要

ホームページ集客方法7ステップの概要図

この記事でお伝えする、ホームページ集客方法は、新しく斬新なものではありません。普通に皆が成功しているホームページ集客方法です。

これから説明していく流れは、原則・定番のフレームワーク、テンプレートと思っていただいて構いません。

ホームページ集客は、以下の7ステップの順で進めていきます。

ホームページ集客方法7ステップ

  1. 絞りに絞ったコンセプトを決める
  2. ワードプレスでホームページを簡単に作る
  3. 魅力的なリードマグネットを作る
  4. 登録率の高いランディングページを作る
  5. 良質な見込み客となるアクセスを集める
  6. 信頼を築くプッシュマーケティングを行う
  7. 改善を繰り返し安定するまで継続する

ホームページ集客方法3つのフェーズ

ホームページ集客方法7ステップの詳細説明に入る前に、ホームページ集客のフェーズについてかるく説明しておきます。

作業として実施するステップ順は前述した7ステップですが、実際の集客の流れは、大きく分けると次に示す3つのフェーズ順となります。

”事(コト)”の流れと、“作業”の流れは異なることを理解しておいてください。

ホームページ集客は、大きく分けると、下記の3つのフェーズに分かれて進んでいきます。

  • ホームページへの集客(アクセスまで)
  • ホームページからの集客(リスト登録まで)
  • リストからの集客(フロントエンド商品まで)

フロントエンド商品:
フロントエンド商品とは利益を得るための商品ではなく集客を目的とした商品のこと(バックエンド商品:利益を得るためのメイン商品)

3フェーズを図解で説明すると下記のようなイメージです。

ホームページ集客方法3つのフェーズ図解

もちろん、これら3つは、密につながっているので一対なのですが、フェーズが異なるということが意識できていれば、フェーズ毎に見直したり改善していくことができるようになります。

ホームページへの集客(アクセスまで)

ステップ5の部分が、“ホームページへの集客(アクセスまで)”の部分です。

まだ見ぬ新規見込み客(もしくは潜在顧客)へアプローチし、ターゲットをホームページへと導くまでの部分です。

恋愛にたとえると、このフェーズは、

あなたとお相手の出会い

です。

即ち、いかに出会うか、いかに気をひくか、いかに良い第一印象を与えるか、といったアプローチが重要です。

ホームページからの集客方法(リスト登録まで)

ステップ3と4の部分が、“ホームページからの集客(リスト登録まで)”の部分です。

ホームページを介して接触してくれた新規見込み客(もしくは潜在顧客)をリスト登録(連絡先の登録)に導くまでの部分です。

恋愛にたとえると、このフェーズは、

あなたとお相手の連絡先の交換

です。

即ち、いかにメリットがあるか、連絡先を交換して得がありそうか、といったアプローチが重要です。

リストからの集客方法(フロントエンド商品まで)

ステップ6の部分が、“リストからの集客(フロントエンド商品まで)”の部分です。

連絡先を教えてくれた新規見込み客をフロントエンド商品の購入に導くまでの部分です。

恋愛にたとえると、このフェーズは、

連絡を重ねた後に初デートのお誘いをする

といった感じです。

即ち、いかに信頼関係を築けるか?という点と、楽しそうな時間を提供してくれそうか、といったようなアプローチが重要です。

そしてバックエンド商品の成約〜売上へ

そして、その後の、

フロントエンド商品の提供は、初デート
バックエンド商品のセールスは、お相手への告白
バックエンド商品の成約が、お付き合い
リピーターなど優良顧客となれば、お相手との結婚

みたいな感じのイメージです。

それぞれのフェーズで、相手との関係性が全く違っていることを忘れないでください。各フェーズに適したアプローチでないと恋愛もマーケティングも上手くいきません。

尚、ビジネスとしては、本当の最終的な受け皿・ゴールはココ「商品の成約〜売上」です。ホームページ集客の方法に取り組むより先に確立させておきましょう。

関連記事

➡︎販売プロセス9ステップ:ネット編【無形商品が売れるルールとは】

ホームページ集客方法7ステップの詳細

ホームページ集客方法7ステップの詳細目次

それでは、ホームページ集客方法7ステップの詳細説明をしていきます。

ホームページ集客方法7ステップ

  1. 絞りに絞ったコンセプトを決める
  2. ワードプレスでホームページを簡単に作る
  3. 魅力的なリードマグネットを作る
  4. 登録率の高いランディングページを作る
  5. 良質な見込み客となるアクセスを集める
  6. 信頼を築くプッシュマーケティングを行う
  7. 改善を繰り返し安定するまで継続する

絞りに絞ったコンセプトを決める

ホームページ集客方法ステップ1:絞りに絞ったコンセプトを決める

まず、ウェブ上のコンセプトを絞りに絞ってください。

ネットの普及により、たとえ個人でも、企業に勝てる時代になってきました。ですが、競合と横並び一列に並んでしまっては勝てません。埋もれてしまいます。

コンセプトが悪ければ、ホームページ集客ステップが100点満点でも成果は何一つ得られません。コンセプトは重要です。コンセプトで成否の8〜9割が決まります。

なので、ウェブ上のコンセプトを絞りに絞ってください。(リアルな事業コンセプトよりさらに絞ることをおすすめします

:但し、絞りすぎて、ニーズが全く無いようなニッチすぎる市場はNGです。大きな市場の中でのニッチ化がポイントです。

ワードプレスでホームページを簡単に作る

ホームページ集客方法ステップ2:ワードプレスでホームページを簡単に作る

ホームページなどのWEBサイトが無ければ集客施策を実行できません。ホームページが無い場合は、ホームページを用意してください。

ここでは、ホームページと呼んでいますが、ブログ、サイト、オウンドメディア、呼び名はどうでもいいです。自分で自由に触れる自己所有のWEBサイトを用意できればOKです。

ワードプレス(WordPress)

ホームページの作成は、世界でも日本でも圧倒的なシェアNo1のワードプレスを用いての作成がおすすめです。あらゆる施策を、ほぼ無料で実現していけるからです。

➡︎CMSシェア率ランキング

ワードプレスは、Googleとも提携していますし、SEO(検索エンジン最適化)にも強いとされています。そして、何よりもワードプレスで作成したWEBサイトは、自分の(自社の)資産になります。

※ 無料や月額制のホームページサービスは自分の(自社の)資産にならない場合がほとんどなので要注意です。

尚、最初は、ホームページの内容に凝る必要はありません。凝りたい気持ちは分かりますが、特にデザインに凝ることは時間の無駄でしかありません。簡単にサッと作る程度で止めてください(ダサくてもOKです)。

※ ワードプレスはデザインテンプレート(テーマ)が豊富にあるので、誰でも普通に綺麗なホームページになります。

関連記事

➡︎ホームページ用CMSおすすめ1択!ワードプレスが人気の秘密

➡︎ホームページ自作【初心者入門ガイド】全7章で分かりやすく解説!

魅力的なリードマグネットを作る

ホームページ集客方法ステップ3:魅力的なリードマグネットを作る

リードマグネットとは、簡単に言えば、相手(見込み客)の連絡先を獲得するために用意するプレゼントのことです。

いきなり初対面で「私の得意なことは!」「この商品良いでしょ!」「このイベントに来て!」はあり得ませんよね。

なので、まず最初に連絡先交換なのですが、やはり、初対面でいきなり「連絡先を教えてください!」もあり得ないです。

というわけで、

「このプレゼントを差し上げたいので、連絡先を教えてください。」

とするわけです。

プレゼントは無料にしてください。PDF小冊子、ショート動画、チェックリスト、メール講座、テンプレート、ワークシート、形は何でも良いです。凝ったものにする必要はありません。

但し、相手が欲しくてたまらないプレゼント(リードマグネット)にする必要はあります。そのためには、有料級と思われるものにしてください。ここでは損得を考えないでください。

魅力的なリードマグネットを作ってください。

関連記事

➡︎デジタルコンテンツ24種類を解説【今すぐ作れる商品一覧!】

➡︎PDF小冊子の作り方【iPadでの簡単自作も可能!ツールも紹介!】

登録率の高いランディングページを作る

ホームページ集客方法ステップ4:登録率の高いランディングページを作る

ここでのランディングページとは、用意した魅力的なプレゼント(リードマグネット)を説明するページのことです。もちろん、連絡先の登録ボタンと入力フォームも対です。

どんなに素敵なプレゼントも、上手く伝えないと、つまらないプレゼントと思われてしまいます。そう思われたら「いらない」と言われて終わりです。

読み手(見込み客)の思いや感情を十分に理解して、アプローチし、登録率(コンバージョン率)の高いランディングページとしてください。

ちなみにアクセス数を多く集めるより、ランディングページの登録率を高める方が何倍も重要です。覚えておいてください。

アクセス数1000×登録率1%=10人

アクセス数が1000人増えて2倍になった場合
(登録率は低いまま)
 ↓
アクセス数2000×登録率1%=20人

登録率がたった3%だけアップした場合
(アクセス数は少ないまま)
 ↓
アクセス数1000×登録率4%=40人

掛け算なので、アクセス数も登録率も両方重要なので、バランスも見ながらですが、登録率が悪ければ、ザルに水を溜めようとしているのと同じです。

まずは、しっかりと水(見込み客)を溜められるように、穴の空いていないお椀を用意しましょう(=登録率を高める)。

良質な見込み客となるアクセスを集める

ホームページ集客方法ステップ5:良質な見込み客となるアクセスを集める

リードマグネット(プレゼント)と、ランディングページという受け皿が用意できたら、アクセスを流し込んでいきます。

アクセスを集める方法は大きく言うと次の3種類です。

  • 検索からアクセスを集める
  • SNSからアクセスを集める
  • WEB広告からアクセスを集める

検索からアクセスを集める

グーグル検索などで、検索結果にホームページ内の記事が表示されるようになれば、自然と安定的にアクセスを集めていけます。

しかも、検索キーワードは見込み客のニーズが反映されていますので、記事設計(キーワード選定含む)を誤らなければ、質の良い濃いアクセスを集めていけます

そのためには、見込み客に検索されるような、質の良い情報記事を書いて発信していきます。但し、検索結果の上位に表示されないとアクセスはこないので、SEO(検索エンジン最適化)対策も重要となってきます。

但し、ゼロからホームページを作成した場合、検索からアクセスを得られるようになるまでには数ヶ月かかります。

関連記事

➡︎Google検索上位表示の条件とは?【31個をわかりやすく解説】

SNSからアクセスを集める

Facebook、Instagram、Twitter、YouTube、アメブロ、などのSNS上で、友達やフォロワーを増やし関係を築いていき、その後、ランディングページやホームページ内の記事を紹介しアクセスを集めます。

SNSが得意な場合であれば、短期間でSNS上で関係を築いていけるので、検索からのアクセスよりも早くアクセスを集めていけます。(私はSNSが苦手なのでSNSは頑張っていません……)

但し、SNSの投稿をやめるとアクセスも減りますし、SNSはいきなりのルール変更や、アカウントの凍結があります。安定性に大きく欠けるというデメリットに注意してください。

関連記事

➡︎Facebookやインスタはホームページ代わりになりますか?

➡︎個人事業主の起業時SNS活用【おすすめ11選】

WEB広告からアクセスを集める

グーグル広告、ヤフー広告、Facebook広告、YouTube広告、などの広告を使えば、アクセスは今日からでも得られるようになります。

検索よりもSNSよりも、広告は圧倒的に早く結果が出ます。SEO対策も不要ですし、面倒なSNS運用も不要です。儲かっている企業で広告を出していないところはありません。なので、予算があれば広告はやるべきです。

但し、もちろん広告はお金がかかります結果はすぐ出ますが、成果はすぐ出るとは限りません

なので、最終的に商品が売れるまでのプロセスが確立しており、かつ、登録率や成約率が利益の出る数値になっていないと大赤字になります。

広告は慎重に出稿してください。(最初はテストという概念のもと、損が出ても良い程度に小さく始めていくのがコツです。)

信頼を築くプッシュマーケティングを行う

ホームページ集客方法ステップ6:信頼を築くプッシュマーケティングを行う

アクセスを集めて、ランディングページに導いて、連絡先を入手できたら、次は、連絡先リスト(見込み客リスト)をベースにプッシュマーケティングを行なっていきます。

プッシュマーケティングとは:
ターゲットにピンポイントで送れる媒体(メールなど)を使ったマーケティングのこと。(プルマーケティング:ホームページやブログなどアクセスされるのを待つ形のマーケティングのこと)

プッシュマーケティングには、主にメール・メルマガ、公式LINEなどを使います。電話や手紙やニュースレターなどでも良いです。

見込み客にとって有益な情報をどんどん提供し、信頼関係を築いていきます同時に教育(根本課題の指摘や正しい価値感の教育など)も行っていきます

メールやLINEだけで伝わり難い情報の場合は、ホームページ内に伝えたい内容をアップしたり、動画を用意して、そのページへのリンクをメールやLINEに貼っておきます。

そして、見込み客との信頼関係が温まったころに、フロントエンド商品の案内を出します。

尚、フロントエンド商品としては、さらに信頼関係が深くなる、対面型の商品が効果的でおすすめです(例:セミナーや勉強会など)。もちろん、オンラインでの対面でも全く問題ありません。

関連記事

➡︎プッシュ型営業のメリット、種類、やり方まで【やさしく簡単解説】

➡︎メルマガ配信のやり方【初心者向けガイド:図解付き簡単解説】

これ以降は、セールスのプロセスとなっていきます(個別相談や体験セッション→バックエンド商品のプレゼン→バックエンド商品のセールス、クロージング→成約)。※本記事では説明対象外とします。

改善を繰り返し安定するまで継続する

ホームページ集客方法ステップ7:改善を繰り返し安定するまで継続する

ホームページを活用した集客方法のプロセスは、前述したところまでですが、ホームページもランディングページもリードマグネットもメルマガもフロントエンド商品も、一発で成果につながるものにはなりません。

これは、どこかの業者やプロにお願いしても同じです。残念ながら、どう頑張っても、お金を使っても、一発で成果につながるものにはなりません。不可能と思ってください。

なので、検証と改善が必須となってきます。1回や2回の改善で成果につながることは極めて稀です。なので、検証と改善を繰り返すことが重要です。

独学だと、この回数が50回とか100回になります。大袈裟ではなく私自身や周りの人の体験から言っているので本当の話しです。

なので、特に初心者の場合は、必ずコンサル的な指導者を付けてください。その方が、下手にいくつものセミナーに参加して学ぶより、結果的に安く済みます(得られる知識、価値、ショートカットできる時間や成果など込みで)。

いずれにしても、検証と改善を怠ったら、そこで終わりです。

関連記事

➡︎ホームページ改善かんたん9ステップ【初心者向け集客対策のコツ!】

➡︎WEBサイト改善のフレームワークおすすめ7選【+13選】

➡︎オンライン化コンサルの選び方【失敗しないコツを伝授します!】

ホームページ集客を成功させる最重要ポイント

ホームページ集客を成功させる最重要ポイント:リサーチ

ホームページ集客を成功させる最重要ポイントを1つだけ言うとしたら、それは、リサーチです。

前述の“改善”も最重要ポイントを1つですが、リサーチが甘い改善は上手くいかないので、リサーチを最重要ポイントとします。

ホームページの集客方法がどうのこうの……より、まずはリサーチです。

  • 徹底した見込み客のリサーチ
  • 競合他社のリサーチ
  • 自分自身(自社)のリサーチ

もちろん、リサーチは簡単ではありませんが、意識できているかどうかだけでも大違いです。常に自分に問いかけてください。

リサーチは十分にやっただろうか?…

無料のツールやアプリを使ったホームページ集客方法

無料のツールやアプリを使ったホームページ集客方法

世の中には色々な、ツール、アプリ、ソフト、サービスがあります。マーケティングや集客、ホームページ集客に関するものも沢山あります。しかも、無料で使えるものも沢山あります。

これらのツールを積極的に使うことによって、効率は大きく改善します。特に個人事業主やひとり社長として事業を営む方は、ツール等によって、1人力を十人力、百人力にすることができます。

パソコン、iPad、スマホ、ワードプレス(WordPress)、ワードプレスのプラグイン、Googleサーチコンソール、Googleアナリティクス、Googleキーワードプランナー、メルマガ配信スタンド、公式LINE、ZOOM、etc

…と、色んなツールがあります。どれも最初は分からないかもしれません。でも、どれも基本的には、専門的な技術スキルは不要で使っていけます。初心者でも使っていけます。

ポイントは”覚える“ではなく“慣れる”ということです。

関連記事

➡︎ホームページのアクセス数を増やすツール【おすすめ46選】無料

個人が企業に勝つためのホームページ集客方法

個人が企業に勝つためのホームページ集客方法

個人が企業に勝つためには、企業が手を出し難い領域に切り込んでいくことです(リアル現実では競合企業と被っていたとしてもウェブ上で被らなければOK)。

幸い、インターネットのおかげで、個人でも企業と同じ土俵に上がることは簡単になっています。ですが、同じ商品では負けます。同じウリでは負けます。同じ戦略では負けます。

なので、工夫が必要です。たとえば、検索からアクセスを得ていく場合、企業が狙えていない検索キーワードを狙って記事を書きます。

そうすると、検索結果の1位に個人(あなた)、下の方に大企業(普通なら勝てない競合)という結果になります。

ホームページ集客以外のおすすめ人気集客方法

ホームページ集客以外のおすすめ人気集客方法

この記事で紹介したホームページ集客方法以外にも集客方法はあります。

たとえば、ホームページなどのWEBサイトを用意せず、SNSから公式LINE登録に直接つなげたり、WEB広告からメルマガ登録に直接つなげたり、チラシなどのアナログ媒体を活用したりと、様々な集客方法があります。

あなたにとって、ホームページ集客が一番良い方法とは限りません。

やはり、リサーチが重要です。あなたの見込み客はどこにいるのか?あなたの見込み客は普段何をよく見ているのか?あなたにとって最良の集客方法は何なのか?

関連記事

➡︎新規集客方法の種類別人気ベスト7【皆が検索している方法は?】

ホームページ集客方法に関するFAQ

ホームページ集客方法に関するFAQ

ホームページや集客方法に関係しそうな、よくある質問を載せておきます。

Q.ホームページ集客とブログ集客は違いますか?

ページ構成がちょっと違うだけで、集客の仕組みやプロセスは同じです。どちらも、見込み客のための記事ページ群、そして、ランディングページで機能します(オウンドメディアなども同様)。

関連記事

➡︎ブログ型ホームページおすすめ作り方ガイド【ワードプレス編】

Q.ホームページ集客作業に用いるのはパソコンかスマホか?

さすがにスマホだと小さすぎるので、各種作業効率が悪くなりますし、文字等の打ちミスも多く発生します。ホームページ集客は、パソコン、または、iPadなどのタブレット端末で取り組んでください。但し、SNS運用などはスマホの方が効率的です。

関連記事

➡︎iPadでホームページは作成できますか?【無料おすすめの方法】

➡︎iPad起業方法【パソコン苦手必見】

Q.ホームページ集客にプログラミングなどのスキルは必要ですか?

一切不要です。HTML、CSS、PHP、その他、WEBプログラミングに関するスキルは全く必要ありません。言葉すら知らなくて大丈夫です。

関連記事

➡︎ホームページの自作スキル【HTMLやプログラミング言語は不要です!】

Q.ホームページ集客を実現させるために勉強すべきことは?

絞って言うと、マーケティングとセールスとコピーライティングの3つです。あと、起業や副業するビジネス初心者の方は、サラリーマン思考や消費者思考から抜け出して、経営者思考を身につけることが重要です。

関連記事

➡︎ホームページ作成の勉強方法(初心者向け)

Q.ホームページ集客作業は業者に代行委託か自分でか?

ホームページ集客(というかマーケティング)を成功させるには、誰よりも見込み客のことを知っていなければなりません。自分や自分の商品のことも誰より知っていなければなりません。

なので、自分でホームページ集客に取り組んでいくことがベストです。どうしても時間が無い場合は外注もアリですが、あくまでも監督はあなたです。失敗時は業者の責任でなく、自分の責任と思えるようにしてください。

関連記事

➡︎ホームページ外注28の注意点【失敗しない制作会社の選び方】

Q.ホームページ集客にかかる費用はどのくらいですか?

自分で取り組む場合で、かつ、広告を使わないケースであれば、最小で月々1000円程度の費用で済みます。広告や外注を使った場合は、その分の費用がかかっていきます。

➡︎ホームページ自作費用【無料でいけるのか?全てにかかるコストを解説!】

Q.ネットを活用してビジネスを在宅で完結させることはできますか?

ここまでの説明で分かると思いますが、ネット上、ウェブ上だけで集客は行っていけます。商品やサービスの提供も、デジタルやオンラインにすれば、ネット上で提供していけます。ビジネスを在宅で完結させることは十分に可能です(私自身も在宅完結のビジネスをしています)。

関連記事

➡︎在宅でできる仕事【本業として起業におすすめ厳選8職種!】

まとめ

まとめ「ホームページ集客方法」

以上、ホームページ集客方法7ステップについての説明と、それに関わる話しをいくつかお伝えしてきました。

ホームページ集客方法7ステップ

  1. 絞りに絞ったコンセプトを決める
  2. ワードプレスでホームページを簡単に作る
  3. 魅力的なリードマグネットを作る
  4. 登録率の高いランディングページを作る
  5. 良質な見込み客となるアクセスを集める
  6. 信頼を築くプッシュマーケティングを行う
  7. 改善を繰り返し安定するまで継続する

上記の流れは、多くの会社や個人で実際に成果の出ているホームページ集客方法です。ぜひ、あなたもトライしてみてください。

ホームページ集客について、もう少し知りたいという方は、下記から無料で学べるようになっています。ぜひ、ご活用ください。

➡︎【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け

関連記事

➡︎ホームページの宣伝に効果的な28の方法

➡︎WEB集客方法8種類を比較【メリットおすすめポイントを解説】

➡︎ホームページ集客入門おすすめ記事コンテンツ集

➡︎ホームページ自作入門おすすめ記事コンテンツ集

追伸

ホームページ集客をはじめとするWEBマーケティングは、正直言って大変ですし、成果につなげるのも簡単なことではありません。

ですが、やることは極めてシンプルですし簡単です。初心者でもチャレンジしていけます。しかも、パソコン苦手でも大丈夫です。(ちなみに、私はパソコン苦手なのでパソコンは使っていません)

ぜひ、このホームページ集客方法の記事を参考にして、ホームページ集客にトライしてみましょう。