Google検索の一番上に出てくる31の理由【全部まとめて発表!】

Google検索の一番上に出てくる31の理由の全部まとめ

Google検索の一番上に出てくる31の理由【全部まとめて発表!】

この記事は、

  • どうすればGoogle検索時に一番上に出てくるようにできますか?
  • Google検索の一番上に出てくる理由をまとめて知りたい
  • Google検索の一番上に表示されない状況を改善したい

といったような、質問やお悩みがある、初心者の方へ向けて回答していきます。

この記事を読むことで、

  • Google検索の一番上に出てくる理由がわかります。
  • Google検索時に一番上に出てくるようにする方法がわかります。

この記事の内容を理解して、各種対策を実施すれば、以下のような結果も可能となります。

Google検索の一番上に出てくる理由を満たした検索結果表示例

Google検索の一番上に出てくるようにするための各種施策に専門的な技術スキルは不要です。

ちなみに、私はHTMLも分からないし、パソコンも苦手です。全てスマートデバイス(iPad)だけで対応しています。

それでも、上記のような結果が得られます。なので、初心者の方でも大丈夫です。

ぜひ、この記事で、Google検索の一番上に出てくる理由を理解把握して、あなたのWEBサイト(ホームページやブログ)も、上位表示させるようにしていきましょう。

関連記事

➡︎ホームページ集客SEO【検索結果上位表示7ステップ】初心者基礎編

➡︎パソコン苦手でも、アクセス数を3倍5倍10倍にし、毎月安定的に見込み客を増やし続けていける『【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け

Google検索の一番上に出てくる理由

Google検索時に、一番上に出てくるWEBページは、どのような理由で、一番上に出てくるのでしょうか?

検索結果の一番上に出てくる最大の理由

そのWEBページ(記事、情報、コンテンツ)が、Google検索時に、一番上に出てくる理由を一言で言うと、とてもシンプルです。

それは、

検索キーワード(質問)に対して、一番おすすめできる情報だから。

です。

なぜ、おすすめの情報を一番上に出すかというと、そうでないと、私たちは誰もGoogle検索を使わなくなってしまうからです。

参考にならないデタラメの情報が一番上に出てくるGoogle検索なら、誰も使いませんよね。そうなると、Google社は潰れます。

なので、“一番のおすすめ情報”を検索結果の一番上に出すというわけです。

シンプルに、”おすすめされる記事“を追求していけば、Google検索結果の一番上に出てくる可能性は高くなります。

検索結果の一番上に出てくる例(1)

〔iPad 起業〕でGoogle検索すると、私のページが、おそらく一番上に出てくると思います(2021年1月時点)。

検索結果の一番上に出てくる例(1)検索キーワード:iPad起業
  • 検索キーワード:〔iPad 起業〕
  • 質問(検索意図):起業するのにパソコンが必要って言われたけど、パソコンでなくてiPadでも大丈夫かなぁ?

私は、この質問(検索意図)に対して、最良の答えとなるような記事を執筆しました。

その結果、Google検索(検索エンジン)は、「一番おすすめ!」という評価をしてくれて、Google検索結果の一番上に出してくれているといわけです。

検索結果の一番上に出てくる例(2)

〔ホームページ集客 初心者〕という検索キーワードで、Google検索すると、私のページが、おそらく一番上に出てくると思います(2021年1月時点)。

検索結果の一番上に出てくる例(2)検索キーワード:ホームページ集客初心者

私のサイトでは、初心者向けに、ホームページ集客(ブログ集客なども含みます)の情報をたくさん公開しています。また、ホームページ集客に関する、初心者向けのコンサルなど各種サポートサービスも実際に行っています。

なので、Google検索(検索エンジン)は、「一番おすすめ!」と評価してくれているのだと思います。

検索結果の一番上に表示される仕組み

ここで、Google検索の仕組みについて、かるく説明しておきます。

Googleインデックスとは

Googleは、世界中のWEBページの情報を1ページずつ収集して管理しています。その管理情報のことを「Googleインデックス」といいます。

検索結果に表示されるのは、この「Googleインデックス」からです。WEBページが実在しても、「Googleインデックス」に登録されていなければ、検索結果には出てきません。

検索結果の一番上に出てくるにはGoogleインデックス登録が必要だという図解

なので、検索結果の一番上どうのこうのの前に、「Googleインデックス」に登録されないと、話しになりません。

注)
Googleインデックスは放っておいても、いつの日か登録されますが、それは来週か、来月か、半年後か分かりません。XMLサイトマップというものをGoogleに送信するなど、いくつかの対策をおすすめしておきます。

関連記事

以下の記事では、Googleインデックスの時間を早める方法について、まとめています。

➡︎【初心者向け】Googleインデックスの時間を早める5つの方法

また、Googleの公式サイトでは、検索エンジンが情報を整理する仕組みについて、まとめてくれています。

➡︎検索が情報を整理する仕組み

Googleの検索順位の決め方

Googleの検索順位の決めは、検索者が入力した検索キーワード(質問・クエリ)の把握から始まります。

たとえば、

〔検索 一番上に出てくる 理由〕

という検索キーワードをGoogleが取得したら、Googleは、その検索キーワードを入力した人の検索意図を想定します。

  • 検索キーワード:〔検索 一番上に出てくる 理由〕
  • 質問(検索意図):Google検索の一番上に出てくる理由って何?それを知って検索順位を上げたい。

みたいな感じです。

そして、Googleは、その検索意図に対する、一番おすすめの答えは、どのWEBページ(記事・情報・コンテンツ)かを探します。

次に、二番目は?三番目は?十番目は?二十番目は?と決めていきます。これを、GoogleのAIプログラム(検索アルゴリズム)が瞬時に行います。

GoogleのAIプログラム(検索アルゴリズム)は、WEBページ毎に、様々なチェックをします。

  • 質問に答えているか?
  • 説明不足は無いか?
  • 信頼できる情報か?

などなど。

Googleが検索順位を決めるためのチェックの数は、なんと数百から数千という数になると言われています。そして、それを瞬時に行ないます。

Googleは、上記チェックで決めた順位順番の並びで、WEBページのタイトルとURLと数行の説明を、検索結果として上から表示していきます。

こういう仕組みで一番おすすめの情報が一番上に出てくるというわけです。次いで、二番目、三番目とGoogle検索結果の上位から順に表示されていきます。

関連記事

Google検索の仕組みについては、以下の記事でも説明しています。

➡︎Google検索順位の決め方と仕組み【初心者向け】

➡︎検索エンジンの仕組みを図解で解説【超初心者向け】

Googleの公式サイトでも、Google検索の仕組みや、検索アルゴリズムにについて説明してくれてます。

➡︎Google 検索の仕組み

➡︎検索アルゴリズムの仕組み

検索結果の一番上に出てくる31の理由

Googleの数百から数千のチェック内容(検索順位ランキング要素)をGoogleは公開していません。なので、その詳細は誰も分かりません。

ですが、私を含め、多くの専門家は、Googleのチェック内容を多くのデータや経験値から推測推定しています。

私の場合は、数百から数千のチェック内容(推定)を31個に集約して意識することにしています。

検索結果の一番上に出てくる理由は、これらの条件を他のどのページよりも十分に満たしているからだと言えるでしょう(総合点として)。

逆に、検索結果の下位順位になってしまっている場合の理由は、これらの条件を十分に満たしていないからです(総合点として)。

以下が31個の理由・条件です。

検索結果の一番上に出てくる31の理由・条件

Google向けの条件

  • “インデックスする”になっている
  • XMLサイトマップを送信している
  • 分かりやすいサイト構成になっている
  • メタディスクリプションで説明している
  • タイトルに検索キーワードを含んでいる
  • 見出しに検索キーワードを含んでいる
  • 本文に検索キーワードを含んでいる

コンテンツ条件

  • 検索者の意図に対する答えとなっている
  • 専門性や信用性や権威性のある内容である
  • 概要や結論などが冒頭序章にある
  • 必要な説明が網羅されている
  • 横道に逸れた話題を含んでいない
  • 1ページ1テーマとなっている
  • 関連性の高い他ページを紹介している
  • 関連性の高い他ページから紹介されている
  • 関連性の高い外部ページを紹介している
  • 既に公開済みの情報と重複していない
  • 独自性の高い一次情報である
  • 見やすい読みやすい分かりやすい
  • 読み手を邪魔する表示や広告がない
  • 表示やスクロールに時間がかからない
  • スマホ表示に最適化されている
  • 画像の説明が入れてある
  • 常に追加し常に最新化している

対外的な条件

  • 多くのサイトからリンクされている
  • 多くのメディアで紹介されている
  • 既読率が良い
  • アクセスが増えてきている

その他の条件

  • 独自ドメインである
  • SSL化対応済みである
  • サイト公開からの時間

上記については、下記の記事で説明しているので、ここでは詳しい説明を省略します。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

➡︎Google検索上位表示の条件とは?【31個をわかりやすく解説】

Google検索時に一番上に出てくるようにする方法

Google検索時に、あなたの書いた記事ページが、一番上に出てくるようにするには、前述した31の理由・条件を満たすことが必要です。

ですが、

31個も満たす!?やってられない!

と思う人もいるかもしれません。でも、落ち着いて31個の理由・条件を読んでみてください。

初心者にはできない…といったような難しいことは、ほとんど書いてないと思います。

一部、XMLサイトマップだとかメタディスクリプションだとかSSL化だとか、聞き慣れない単語もありますが、多くは特別なスキルなど必要なくても対応していけることばかりです。

また、全部が無理なら、一つずつでもOKです。たった1つについて改善するだけでも、検索順位がグン!と上位にアップする場合は普通にあります。

検索上位表示とアクセス数アップへ向けた第一歩

検索順位が1つ上になって検索結果に出てくるだけで、アクセス数は変わります。

なぜなら、検索順位が違うと、クリック率が変わってくるからです。

検索順位とクリック率の関係

検索結果の一番上に出てくる記事をクリックする人が一番多いです。次いで二番目まで見る人、次いで三番目まで見る人……。

このように、1つ順位が下がる毎にクリック率も下がっていきます。即ち、1つ順位が下がる毎にアクセス数も減っていきます。

なので、あなたには、少しでも早く順位アップして欲しいと思います。

関連記事

➡︎検索順位別クリック率の目安【7つの調査データ】CTR改善ヒント付

まずはタイトルと見出しの改善

チェックする項目が31個も…という多さが、あなたの行動をブロックしてしまうかもしれません。

先ほど、1つずつ対応でもOKとしましたが、その1つを何にするかが分からなくて、あなたの行動をブロックしてしまうかもしれません。

そこで、アドバイスですが、まずは、以下をやってみてください。

  • タイトルの見直しと改善
  • 見出しの見直しと改善

とりあえず、この2点。

タイトルの見直し〜改善、見出しの見直し〜改善のみを行なってみてください。

手順は、下記の通りです。

  • その記事で狙っている検索キーワードを明確にする
  • その検索キーワードを必ず記事タイトルに入れる
  • 見出しを適切な箇所に入れる(見出し2、見出し3(h2、h3))
  • 可能な場合は見出しにも検索キーワードを入れる

もし、上記の対応で1つも順位が上がらない場合は、以下を試してみてください。

検索キーワードにもう1単語付けて考える

たとえば、

  • キーワード:〔検索 一番上に出てくる 理由〕
  • タイトル :「Google検索の一番上に出てくる理由とは」

だった場合、そこに、もう1語、下記のように追加します(注:検索ボリュームは少なくても良いので実際に検索されているもの)。

  • キーワード:〔検索 一番上に出てくる 理由 全部

そして、タイトルや見出しにも反映させます(必要があれば本文にも)。

タイトル例

  • 「Google検索の一番上に出てくる理由とは」
  • 「Google検索の一番上に出てくる理由を全部まとめました!」

みたいな感じで追加します。

この対応で、もし検索順位が上がってきたら、どうか、やる気を出してください。(^^)

そして、前述した「検索結果の一番上に出てくる31の理由・条件」の他のチェック項目も見返して、次の改善を試みてください。

注)成果は1日や2日では確認できません。1週間後〜1ヶ月後…と、その記事テーマや記事内容や書き方によって様々です。

参考

ホームページ集客やビジネスブログ集客など、オウンドメディアについての基本的なことを学びたい初心者の方は、以下がおすすめです。

➡︎【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け

検索結果の一番上に出てくる理由は変わっていく

検索結果の一番上に出てくる理由や条件は、半年後には変わっているかもしれません。

内容は同じでも、その理由・条件の比重が変わっているかもしれません。

これは、Googleが計画して決めていく未来のことなので誰にも分かりません。でも、大きな変更はGoogleが事前に告知してくれる場合があります。

この大きな変更は、Googleコアアップデートと呼ばれていて、年に数回(2〜4回ほど)行われています。

大きな変更と言っていますが、基本的には極端に指針がガラっと変わることはありません。先述した31項目に注力していけば、基本的には大丈夫です。

とはいえ、たまに影響大の大きなチェック項目が新たに入る場合もあります。なので、Googleコアアップデートの情報収集は行っておいた方が良いでしょう。

Googleコアアップデート情報の入手方法

➡︎Googleの公式TwitterでGoogleが発表してくれます。

➡︎私のメルマガ(無料講座終了後に配信されます)内で、大きなGoogleコアアップデートがあった時は、その情報をお伝えそています。

検索結果の一番上に出てくる広告について

検索結果の一番上に出てくる広告については、無視してください。

Google検索結果の一番上に出てくるGoogle広告の表示例

見た目は検索結果の一番上に出てくる広告ですが、これは、おすすめの情報ではありません。お金を払っているから一番上に出てくるだけです。

もし、そのポジションを取りたい場合は、お金を使ってGoogle広告を出してください。

➡︎Google広告のオフィシャルサイト

※ 広告の費用対効果が見込める場合は、積極的にGoogle広告を出稿してOKです。

Yahoo!やBingの検索結果順位もほぼ同じ理由

Yahoo!やBingなど、他の検索エンジンの検索結果も、全く同じではありませんが、ほぼGoogleの検索結果と同じ感じになります。

なぜなら、Yahoo!検索も、Bing検索も、Google検索と同じ検索エンジンサービスだからです。

即ち、おすすめできる情報を一番上に出さないと、Yahoo!もBingも検索サービスを使ってもらえなくなり、事業が成り立たなくなっていくからです。

検索順位を決定するロジックは少し違ったとしても、”おすすめできる情報を一番上に出す“という指針は全社共通で同じです。

なので、どの検索エンジンもあまり大きくは順位が変わらないというわけです。


Yahoo!についてはGoogleの検索エンジンの仕組みを使用しているので、BingよりもさらにGoogleに近い結果となります。

関連記事

➡︎Yahoo!検索順位ガイド【Googleとの違い、チェック、上げる方法等】

➡︎Bing検索順位を上げる方法【でも何もやらなくて大丈夫!】

まとめ

Google検索の一番上に出てくる理由について、説明してきましたが、理解できたでしょうか。

その理由は、極めて当たり前のことが多いです。そして、それらを全部まとめて一言で言うと、検索者にとって、

おすすめできる情報

になっているかどうか?です。

”おすすめできる情報“に含まれる意味は奥が深いですが、情報を発信する身であれば、”おすすめできる情報“は追求すべきだと思います。

その結果、Google検索の一番上に出てくるようになり、アクセスが増えて、見込み客が増えて、売上も増えるのであれば、なおさら、”おすすめできる情報“を追求すべきだと思います。

あなたは、どう思いますか?

最初は、難しいと思うかもしれませんし、大変かもしれませんが、ぜひ、あなたのホームページやブログを”おすすめできる情報“と言われるメディアにしてほしいと思います。

がんばってください!

ホームページ集客やブログ集客の基礎を学びたい初心者の方向け

➡︎パソコン苦手でも、アクセス数を3倍5倍10倍にし、毎月安定的に見込み客を増やし続けていける『【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け

「Google検索の一番上に出てくる31の理由」関連記事のまとめ

➡︎【初心者向け】Googleインデックスの時間を早める5つの方法

➡︎Google検索上位表示の条件とは?【31個をわかりやすく解説】

➡︎検索順位別クリック率の目安【7つの調査データ】CTR改善ヒント付

➡︎Yahoo!検索順位ガイド【Googleとの違い、チェック、上げる方法等】

➡︎Bing検索順位を上げる方法【でも何もやらなくて大丈夫!】

その他の関連記事

➡︎Google検索で上位にこない8つの原因【優先すべき対策方法も説明!】

➡︎Google検索順位が下がった原因と対策【初心者向けポイント集】

➡︎ホームページ作成やってはいけない136のこと【ワードプレス編】

➡︎ホームページ作成ルールまとめ【おすすめGoogleガイドラインも紹介】