Bing検索順位を上げる方法【でも何もやらなくて大丈夫!】

Bing検索順位を上げる方法

Bing検索順位を上げる方法【でも何もやらなくて大丈夫!】

この記事は、

  • Bingの検索順位は重要ですか?
  • Bingの検索結果に表示されない……
  • Bingの検索順位を上げる方法は?

といったような疑問やお悩みに答えていきます。

この記事を読むことによって、

  • Bingの検索順位も重要ということが分かります
  • Bingの検索結果に表示されない原因が分かります
  • Bingの検索順位を上げる方法が分かります

上記で「Bingの検索順位を上げる方法が分かります」と言いましたが、結論としては、Bing特有の対応を行う必要はありません。

普通に対Google向けのSEO対策(検索エンジン対策)……というか、検索者・閲覧者(あなたの見込み客)向けの最適化を行なっておけば大丈夫です。

Bingとは

Bing(ビング)は、Microsoftが提供する検索エンジンである。「意思決定エンジン」というコンセプトを掲げ、他の検索エンジンとの差別化を図っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』Bingより

関連記事

※他の検索エンジンについては、下記の記事で説明しています。

➡︎検索エンジン順位確認7種【チェック方法も合わせて解説!】

Bing検索順位上げる方法(何もやらなくて大丈夫)

Bing特有の対応を何か別途行う必要はありません

その理由を説明していきます。

まずは「Bingの検索順位は重要かどうか?」から説明していきたいと思います。

Bingの検索順位は重要か?

Bingの検索順位は重要です。

なぜならば、Bingの日本国内での検索エンジン利用シェア率は、4〜5%あるからです。

Bingの検索エンジン利用シェア率3位

Bingの検索エンジン利用シェア率は、世界で第2位です。日本では第3位です。

検索エンジン利用シェア率(世界)※2020年8月

検索エンジン利用シェア率(世界)2020年8月Bing2位

出典:statcounter(search engine market share(世界))より※2020年8月

  • 1位:Google(92.17%)
  • 2位:Bing(2.78%)
  • 3位:Yahoo!(1.6%)
  • その他(3.45%)

検索エンジン利用シェア率(日本)

検索エンジン利用シェア率(日本)Bing3位

出典:statcounter(search engine market share(日本))より※2020年8月

  • 1位:Google(76.38%)
  • 2位:Yahoo!(18.61%)
  • 3位:Bing(4.52%)
  • その他(0.49%)

検索エンジン利用率シェア1位のGoogle、そしてYahoo!には及びませんが、Bingの4.52%という数字は無視できません。

参考)WindowsパソコンのブラウザEdge(エッジ)では、Bing検索エンジンを使うように初期設定されています。

参考)Edgeも含め、それ以外のブラウザについては以下の記事で解説しています。

➡︎WEBブラウザ種類12種【スマホでも使えるのはどれ?】

Bing検索順位による影響204万円?

Bingの日本国内での検索エンジン利用シェア率は4〜5%です。これを、たった数%だと思う人もいるかもしれません。

ですが、ビジネスの世界、特にウェブマーケティングでの1%は、とても大きい数値です。なので、4〜5%はなかなかの%です。

仮に、あなたのサイト(ホームページやブログ)およびビジネスが、以下のような状態だとします。

  • 年間100,000アクセス
  • 見込み客化率3%
  • 商品成約率5%(単価30万円)

先ほどの日本の検索エンジン利用率を元にすると、10万アクセスの内訳は、

  • Googleから76,380アクセス
  • Yahoo!から18,610アクセス
  • Bingから4,520アクセス(4.52%)

となります。

もし、Bing検索エンジンの検索結果に、全くあなたのサイトが表示されないとしたら、Bingからの4520アクセスは得ることができません

即ち、

4520アクセス×3%=136人

136人の見込み客が得られなくなります

即ち、

136人×5%×30万円=204万円

204万円もの売上も得ることができなくなります

たった5%ですが、たった4520アクセス・たった136人の見込み客・たった204万円……と言えるでしょうか?

Bingの検索順位は重要です。

Bingの検索順位が低い最大の原因

もし、Bingの検索順位が低かったり圏外(一般的には100位以下のこと)であれば。GoogleやYahoo!の検索順位も低かったり圏外となるはずです。

なぜなら、それぞれ違う会社、それぞれ違う検索エンジンであっても、全て「検索エンジン」であることには変わらないからです。

どの検索エンジンも、役割・使命は、

検索者の検索意図に合った最適な答え・有益な情報(専門性・権威性・信頼性あり)となるページを上位表示する

で同じです。共通しており、かつ、普遍的です。

ということは、Bingの検索順位が低いのは、あなたのサイト、もしくは、その対象ページが、そういう質の高いページになっていないからです。

これが、Bingで検索順位が低かったり圏外だったりする最大の原因である可能性が高いです。

Bing検索順位を上げる方法

Bingで検索順位を上げる特有の方法はありません。対Google向けのSEO対策(検索エンジン最適化対策)を行なっておけば大丈夫です。

先ほど説明したように、会社や検索エンジン仕様が多少違っても、「検索エンジン」の役割・使命は普遍的で共通です。

SEO対策の基本は、

検索者の検索意図に合った最適な答え・有益な情報(専門性・権威性・信頼性あり)となるページを作成すること

です。

繰り返しますが、これは全社・全検索エンジン、完全に一緒です。

なので、Bing向けに何か特別なことを行う必要はありません。基本的には、Google向け・検索者や閲覧者向けにSEO対策を行なっておけば十分です。

・・・

ですが、Bingの検索順位が圏外だったり低いようであれば、GoogleやYahoo!でも同じような結果になっている可能性が高いです(実際にGoogleやYahoo!の検索順位を確かめてください)。

これでは、どの検索エンジンからもアクセスは来ません。

この場合は、Bingがどうのこうのではなく、以下の対策を行うようにしてください。

  • コンテンツの質を上げる
  • ライバルの少ないまたは弱いキーワードを狙う

上記以外にも、具体的な方法は沢山ありますが、基本中の基本となるのは、上記の2点です。まずは、この2点をしっかり検討してください。

関連記事

➡︎検索順位圏外の意味と14の対策【初心者でもできることを解説】

コンテンツの質を上げる

圏外や検索順位の低いコンテンツ(そのページ)の質を上げてください。

何度も繰り返しになってしまいますが、

検索者の検索意図に合った最適な答え・有益な情報(専門性・権威性・信頼性あり)となるページ

にしてください。

関連記事

➡︎ブログ:質の高い記事vs低い記事【5倍〜490倍の差が!?】

ライバルが少ない検索キーワードを狙う

たとえ質の良い記事でも、ライバルが多すぎたり強すぎると、検索順位は上位になりません。

なので、ライバルページが少ない検索キーワード、またはライバルページが弱い(質が低い)検索キーワードに狙いを変えて記事を書き直してください。

もしくは、目的は変えず、新たな検索キーワードで、記事を新規に作成してください。

Bing検索順位だけが圏外の場合

GoogleやYahoo!の検索順位はOKなのに、Bingだけが低い…圏外……といったような場合は、その対象ページの存在をBingだけが気づいていない可能性があります。

Bingにあなたのサイトやページの存在を知らせる仕組みの一つとして「XMLサイトマップ」というものがあります。XMLサイトマップをBingに送信するようにしておくと、あなたのページがBingに認知されやすくなります。

Google同様、XMLサイトマップがBingに送信されるようにしておきましょう。

BingへのXMLサイトマップ送信設定手順

注)WordPressの場合

  • Bingウェブマスターツールに〔サインイン〕
  • Bingウェブマスターツールにサイト情報を追加します。
  • Bingウェブマスターツールにサイトマップを設定します。(自分のサイトURLの語尾に「/sitemap.xml/」)
  • Bingウェブマスターツールの所有権を確認〜の〈meta〉タグをコピーします。
  • WordPressの〔外観〕>〔テーマの編集〕「テーマヘッダー」のの直前に、コピーした所有権確認〈meta〉タグを貼り付けて保存します。
  • Bingウェブマスターツールに戻り所有権を確認〜の〔確認〕を押します。

注)⑤の作業は十分に注意してください。誤修正時など、WordPressテーマを壊す危険性があります。

参考)
私の場合は、BingにXMLサイトマップを送信していません。なぜなら、GoogleにXMLサイトマップを送信しているだけで、何の問題にもなっていないからです。

Bing検索向けSEO対策は不要

Bing検索順位を上げるために、Bing向けの特別な対策は不要であると説明してきましたが、本当に大丈夫なのでしょうか?

本当に大丈夫です。

私の場合、Bing検索順位を上げるために、Bing向けの特別な対策は一切行っていません。

BingにXMLサイトマップの送信もしていませんし、Bingウェブマスターツールも登録していません。

それでも、

検索エンジン利用シェア率(日本)

  • 1位:Google(76.38%)
  • 2位:Yahoo!(18.61%)
  • 3位:Bing(4.52%)
  • その他(0.49%)

のところ、

私のアクセス流入は、検索エンジン別に見ると、

  • 1位:Google(71.17%)
  • 2位:Yahoo!(15.33%)
  • 3位:Bing(12.63%)
  • その他(00.87%)

となっています。

GoogleとYahoo!の流入が、検索エンジンシェアの比率より少し低く、Bingが少し多いです。

これは、私の潜在顧客や見込み客(=検索者)は、ビジネスをされている方が多く、スマホなどよりWindowsパソコンを使っている割合が多いのでしょう。

いずれにしても、私はBing向けの対策なんてしていないので、上記の数値は、Bing検索順位を上げるために、Bing向けの特別な対策は一切行わずでも大丈夫だという証拠になります。

実際の検索順位も、Googleで1位なら、Yahoo!でも、そしてBingでも1位となっています。

例)

  • 〔ホームページ集客 講座〕で検索
  • 〔ホームページ集客 初心者〕で検索
  • 〔ワードプレス 集客できない〕で検索

Google検索順位

Googleで検索順位1位

Yahoo!検索順位

Yahoo!で検索順位1位

Bing検索順位

Bingで検索順位1位

このように、それぞれで1位表示となっています。ですが、上記の結果を得るために、私はBing用に特別なことは何もやっていません。

なので、Bing検索順位を上げるために、Bing向けに何か特別な対策は行わずでも大丈夫です。

補足

全ての検索エンジンで同じ順位となるわけではありません。エンジン自体は別ものなので、ある検索エンジンでは1位だけど、ある検索エンジンでは9位……などは普通にあり得ます。

まとめ

Bingの検索順位もバカにできません。平均で4〜5%、ビジネスシーンであれば、10%前後のアクセスはBingからの獲得になるからです。

通常、Googleの検索順位だけを気にしていれば大丈夫ですが、たまに、Bingの検索順位もチェックしておくと良いでしょう。

ですが、対Bing検索エンジン向けに、何か特別なことを行う必要は、基本的には1つもありません。

検索者の検索意図に合った最適な答え・有益な情報(専門性・権威性・信頼性あり)となるページを作成してください。

それが最も重要です。

ホームページやブログから濃い見込み客を集めていきたい方は、以下がおすすめです。※初心者向けです。

➡︎【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)