WordPressの練習を無料で行う方法【本サイト作成前に体験したい方へ】

WordPressの練習を無料で行う方法

WordPress(ワードプレス)の練習を無料で行う方法【本サイト作成前に体験したい方へ】

この記事は、

  • WordPressの練習を無料で行う方法を知りたい
  • 初心者なのでいきなりWordPressは少し不安です…
  • ホームページ作成前にWordPressに慣れておきたい

といったような、お悩みに対してお答えしていきます。

この記事を読むことで、

  • WordPressの練習を無料で行えるようになります
  • WordPressに対する不安が軽減されます
  • 本サイト作成前にWordPressに慣れておくことができます

本記事で掲載している内容は、画像も含め2020年5月11日時点での情報です。その後、WordPress側の仕様変更があった場合は、本記事掲載通りとならない場合があります。

また、本記事掲載の操作画面のキャプチャ画像は、全てiPadで操作しているものです。スマホやパソコンでは、画像通りのイメージとならない場合があること了解願います。

WordPress(ワードプレス)の練習を無料で行う方法

WordPress(ワードプレス)の練習を無料で行うには、無料ブログ・ホームページ作成サービスのWordPress.comを使用します。

WordPress(ワードプレス)の練習方法の説明に入る前に、WordPress(ワードプレス)のサービスの種類について、軽く説明しておきます。

WordPress(ワードプレス)には、実は2つのサービスが存在します。それは、

  • WordPress.com
  • WordPress.org

の2つです。

WordPress.comとWordPress.orgのサイト

この2つのWordPressサービスは、名前がcomorgが違うだけで、少しややこしいのですが、この2つは同じWordPressでも、その性質は全く異なります

その違いを簡単に説明しておきます。

WordPress.com(ワードプレス・コム)

WordPress.comは、無料のブログ・ホームページ作成サービスです。WixやJimdoなどをご存知でしょうか。それらと同じ位置付けとなるサービスです。

即ち、レンタル型です。なので、作成したサイトは一見自分のサイトですが、そのサイトの所有権はサービス提供企業側にあります。あなたの資産にはなりません

また、次に説明するもう1つのWordPress.orgと比べると、検索順位などSEO(検索エンジン最適化)にも弱く、機能性や拡張性も劣ります。また、広告なども勝手に表示されます

ですが、WordPress.comは、アカウントの登録さえすれば、その瞬間から無料で使い始められます。そして、操作感は、ほぼWordPress.orgと同じです(注:色々と微妙には異なります)。

なので、このお手軽なWordPress.comを無料で練習に使えばOKということです。

WordPress.org(ワードプレス・オーアールジー)

一般的にワードプレスと言えば、こちらのWordPress.orgを指します。

WordPress.orgは、無料のブログ・ホームページ作成ツールです。レンタルサーバーを契約して、WordPressをインストールして、独自ドメインを設定して、サイトを作成していきます。

WordPress.orgの場合は、WordPressツール自体は無料ですが、レンタルサーバー代や独自ドメイン使用料など、月平均1000円〜2000円ほどかかります

WordPress.orgで作成した場合のサイトの所有者は、あなた自身になります。自己資産サイトとなります。もちろん、広告などは表示されません検索にも強いです。

なので、ビジネスで活用するホームページやブログの場合は、WordPress.orgを使用します。

WordPress.comで練習を無料で行う手順

以下の手順で進めていけば、WordPress.comでWordPressの練習を無料で始めることが出来ます。

:細かなWordPressの設定や操作手順までは説明していません。WordPress.comではなくWordPress.orgに関する本が多く出版されていますので、そちらを参考にしてください。記事の末端でおすすめ書籍を紹介しています。

1)WordPress.comにアクセス

以下からWordPress.comにアクセスしてください。

➡︎WordPress.com

2)アカウントの登録

WordPress.comのアカウント登録を行います。

① 〔サイトをはじめよう〕を選択します。

WordPress.comサイト

② メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、〔アカウトを作成〕を選択します。

WordPress.comアカウント登録画面

3)ドメインの設定

ドメイン(xxxx.comなど)を設定します。xxxxの部分は、お好きな名前でOKです。

① ドメイン名を設定します。

WordPress.comドメイン設定画面

② 無料のドメイン(xxxx.wordpress.com)を〔選択〕します。

注)有料を選ばないよう注意してください。

WordPress.comドメイン取得画面

③ 〔無料サイトでスタート〕を選択します。

注)有料を選ばないよう注意してください。

WordPress.comプラン選択

4)サイト準備完了の確認

サイト準備完了の確認を行います。

① 上記3)③の後、下記の画面となります。

WordPress.comサイト準備中のメッセージ

② その後、以下のように「サイトの作成が完了しました」となればOKです。

WordPress.comサイトの作成が完了したメッセージ

5)サイト名の設定

サイト名(後からでも変えられます)を決めます。

①〔サイト名を入力〕を選択します。

WordPress.comサイト名入力へ

② 「サイト名」と「サイトの説明(Site tagline) 」を入力します。

WordPress.comサイト名入力画面

③ 次に〔設定を保存〕を押して保存します。

6)メールの確認

WordPress.comメールの確認

アカウント登録したメールアドレスを承認します。WordPress.comの利用を続けるには、アカウント登録したメールアドレスの確認が必要です。

WordPressからメールが届いているはずなので、メールのリンクをクリックし、確定させてください。その後、いくつかの設定を済ませれば準備OKです。

7)WordPress管理画面

記事ページの作成などは、WordPress.comの画面からも行うことができます。

WordPress.comメニュー

ですが、WordPress.orgと同じ操作感を望む場合や詳細な設定などは、〔WordPress管理画面を表示〕を選択してください。

WordPress管理画面(ダッシュボード)へ
WordPress管理画面(ダッシュボード)

すると、上記画像のような、WordPress.orgと同じような操作画面(ダッシュボードと呼ばれます)になります。WordPressの練習は、このダッシュボードから行なってください。

8)その他の設定

テーマ、ヘッダー、キーカラー、メニュー、など、その他の設定を行なっていきます。(選ぶテーマによって異なる部分があるので詳細は省略します)

9)練習

あとは、好き勝手に、ページを追加して、文章を書いて、文章を装飾し、画像を貼ったり、リンクを貼ったり、自由に練習をしてください。

ログイン方法

次回からは、既にアカウントが登録されているので、WordPress.comにログインして使います。

以下の手順でログインしてください。

① WordPress.comの〔ログイン〕を選択します。

WordPress.comログイン

② メールアドレスまたはユーザー名を入力し〔続ける〕を選択します。

WordPress.comログインID入力

③ パスワードを入力し〔ログイン〕を選択します。

WordPress.comログインパソコン入力〜ログイン

WordPress.comでの練習留意事項

WordPress.comで練習する場合、以下の点に留意してください。

  • 操作感が微妙に違う
  • テーマやプラグインが少ない
  • 修正更新からの反映が少し遅い
  • コピーはできません
  • 重複に注意

一つずつ説明していきます。

操作感が微妙に違う

WordPress.comで十分練習にはなりますが、WordPress.orgと細かい部分で、微妙に操作感は異なります。

あまり長い時間練習し、WordPress.comの感覚が身につき慣れてしまうと、いざWordPress.orgで本サイト作成という時に戸惑う可能性があります。

テーマやプラグインが少ない

WordPress.orgの場合は、テーマ(デザインテンプレート)やプラグイン(オプション機能)が、数えきれないほど豊富に存在します。

ですが、WordPress.comの場合は、かなり少ないです。テーマやプラグインによって、操作感なども変わってきます。なので、練習時、WordPress.comで使うテーマに慣れ過ぎると、いざWordPress.orgで本作成という時に戸惑う可能性があります。

修正更新からの反映が少し遅い

WordPress.comの場合、設定や文章などを変更し保存して、表示確認をしても、数秒〜数分反映されない場合があります。(WordPress.orgの場合は通常は即反映されます。)

コピーはできません

WordPress.comからorgへのコピーは行えません。もし、下書きが目的であれば、普通にWordPress.orgで本サイト作成を始めてください。ページ作成時に〔下書き保存〕すれば公開されません。

重複に注意

WordPress.comで書いた内容と、その後、本サイト作成のWordPress.orgで書いた内容が重複すると、後者の方がモノマネ・盗用したと見なされ、Googleからペナルティ(検索されないように調整される)を受ける可能性があります。注意してください。

練習なしでも大丈夫です

初めてのホームページ、初めてのWordPress…だと、怖かったり不安があったりして当然です。練習したくなる気持ちもよく分かります。

ですが、重要な設定部分さえ誤らなければ、練習などせず、いきなり本番でWordPress.orgで始めても問題ありません。なぜなら、以下の理由があるからです。

  • ホームページを作ってもしばらく誰にも検索されない
  • ページの追加も修正も削除も制限無しで自由自在

サイトを作ってもしばらく誰にも検索されない

サイト(ホームページやブログ)を作ってもしばらくは誰にも検索されません。これは、WordPressに限らず、サイトを何でどう作ろうが、共通して言えることです。

直接URLを打ち込んだりすれば、もちろん、そのサイトは表示されます。ですが、作ったばかりのサイトはGoogle検索しても出てきません。即ち、誰にも見つけてもらえません。

その期間は様々ですが、少なくとも2〜3週間は検索からのアクセス数はほぼゼロです。下手すると数ヶ月〜数年ずーっとゼロです(ホームページを初期制作したまま放置しSEO対策などを一切しない場合)。

このように最初は誰にも見られないので、いきなり本番環境のWordPress.orgで本サイトを作っていくというのは、全然アリなのです。

ページの追加も修正も削除も制限無しで自由自在

WordPressは何百回、何千回、何万回でも、文章やページを消したり、追加したり、制限なく修正していけます。初期のうちであれば、テーマも自由に何度も変えたりし、見栄えを変更することもできます。

即ち、あらゆる面で、間違いだらけでOKということです(パーマリンク設定などシステム的な初期設定の重要な一部は除く)。

実際、私などは、今でも間違いだらけで本公開しちゃっています。新たな試みなども、いきなりWordPress.orgで本公開です。

慣れていないうちは、確かにビビっていましたが、結局、このようなやり方の方が、数倍効率的ですし、サイトや記事の質も数倍早く向上していきます。

参考)

私がクライアントさんに、ホームページの自作を指導する場合は、初日に即サーバーなどの契約をしちゃいます。そして、1週間〜1ヵ月くらいは、好き勝手に触らせます。本番環境での練習となるわけですね。

そして、少しだけ慣れたら正規に作り込んでいきます。そして、集客できるホームページの構成やライティング、およびSEOの基礎やテクニックなどを教えていき、一緒に整えて改善していきます。

ワンポイントアドバイス)

作成途中にもし誰かに見られても、ページの先頭に一言「このサイトは準備中です」と書いておけば問題ありません。

また、どうしても見られたくない場合は各ページにパスワードなども付けれます(あとで解除できます)。

WordPressの練習より100倍重要なこと

WordPressの知識をどんなに得ても、WordPressの操作がどんなに早くなっても、それだけだと、残念ながら、集客も売上もアップしません。

WordPressを活かすには、ビジネスとは?マーケティングとは?セールスとは?ホームページ集客とは?などの、原理原則・コツ・ノウハウを十分に知っておく必要があります。

これらを学ぶのが先です。WordPressが後です。重要度も全然違います。

WordPressの練習もして良いのですが、できれば、ビジネスとは?マーケティングとは?セールスとは?ホームページ集客とは?なども同時に勉強してください。

……と言ってもピンとこないかもしれませんね。でも、それが事実です。

とりあえず、以下を学んでおけば、少しはピンとくるようになると思います。

➡︎【完全無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき+α)

まとめ

以上、この記事で説明した手順であれば、WordPressの練習を無料で手軽に始めることができます。

但し、しつこいようですが、WixやJimdoやAmebaなどと同様で、WordPress.comの場合は、サイトが自己資産になりません。検索順位も上がり難いです。ビジネスで活用する場合は、必ずWordPress.orgを使用するようにしてください

WordPress.comとかorgとか、ややこしいですが、comはプライベートやアクセス数を望まないサイトの場合、もしくは練習用。orgはビジネスやアクセス数を望む場合です。間違えないようにしてくださいね。

おすすめ書籍とおすすめ講座

ワードプレス(WordPress.org)でホームページやブログに初チャレンジする場合は、以下の書籍がおすすめです。実際に私自身も、最初の頃は、この本を参考にしました。私のクライアントさん(全員初心者)もこの本を参考にしています。

➡︎いちばんやさしいWordPressの教本(5.x対応)

ホームページ集客やブログ集客を学んでおきたい方は、以下から無料で学ぶことができます。

➡︎【完全無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき+α)