iPhone1台で起業はできるけど…【とにかくパソコンは不要!】

スマホiPhone起業

スマホiPhone1台で起業はできるけど…【とにかくパソコンは不要!】

この記事は、

  • パソコンを使わずに起業できますか?
  • スマホiPhone1台あれば起業できますか?
  • スマホiPhone起業でのメリット・デメリットは?

と言ったような、質問に答えていきます。

この記事を読むことで、

  • スマホiPhone1台でも起業できることが分かります。
  • スマホiPhone起業でのメリット・デメリットが分かります。

スマホiPhone1台で起業できるのか?

結論としては、

スマホiPhone1台あれば起業はできます!

但し、さすがにスマホだと画面が小さいので、作業によっては、効率がかなり落ちますし、あと目が疲れます。

なので、仕事内容によって、時にはパソコンかiPad(タブレット)、時にはスマホというスタイルが、おすすめです。

  • スマホiPhone+iPad
  • スマホiPhone+パソコン

パソコン苦手な人はiPadで、パソコンが良い人はパソコンで。どちらでも良いです。(私の場合はパソコン苦手なのでiPadを活用しています)

スマホ1台iPhone起業

スマホは、もう小さなパソコンです。電話やLINEの活用、機動力を考えたら、パソコン以上のツールとも言えます。

ウェブサービスもパソコン同様に使えますし、アプリも充実しています(しかもパソコンソフトより何倍もシンプルで使いやすい!)。

なので、スマホiPhone1台で起業できないわけがありません。

但し、作業効率などを考慮すると、スマホだけだと少し厳しいです。もう少し大きな画面の端末も必要です。

ですが、その端末はパソコンである必要はありません。iPad(タブレット端末)でも十分です。

とにかく言えるのは、パソコンは不要だということです(^^)

スマホiPhoneだけで起業できるビジネス

スマホ(iPhoneなど)だけだと少し厳しい…と言いましたが、スマホだけでも起業できるビジネスもあります。

  • リアル中心のビジネス
  • SNS集客で十分のビジネス
  • 転売系ビジネス

リアル中心のビジネス

商品(サービス)もリアル、集客もリアル、管理はアナログ…など、ほぼ全てリアルやアナログで十分のビジネスであれば、連絡ツールとしてのスマホ(iPhoneなど)だけで十分です。

万が一の場合でも、作業効率さえ目をつぶれば、何だってスマホiPhoneでできるので、スマホ起業は問題ありません。

SNS集客で十分のビジネス

マーケティングや集客などは、ホームページなど使わなくてもSNSで十分だよ…というビジネスであれば、それこそ起業に必要なのはパソコンよりスマホです。

Facebook、Instagram、Twitter、YouTube、LINE、これらSNSがマーケティングのメインとなるのであれば、スマホiPhone1台での起業で問題なしです。

転売系ビジネス

主流の転売用プラットフォームは、全てスマホに最適化されています。わざわざパソコンを使う必要はどこにもありません。スマホiPhone1台での起業で問題なしです。

その他のビジネス

作業効率さえ目をつぶれば、この他にも、スマホiPhoneだけでできるビジネスは色々あると思います。

とにかくパソコンでできることは、ほぼ全てできます。もしかしたら、スマホだけで出来ないビジネスの方が少ないかもしれません。

スマホiPhoneだけで起業できない場合

ほとんどビジネスは、作業効率さえ目をつぶれば、スマホiPhone1台で実施していけると思います。ですが、以下の場合は、残念ながらパソコンが必須です。

  • パソコン専用のソフトが必須の場合
  • 生産性が重要なビジネスの場合

パソコン専用のソフトが必須の場合

こればかりは、どうにもなりません。取引先が使っているパソコンソフトにあなたも合わせなければならない…というような場合があると、iPadなどのタブレットでもダメです。パソコンが無いと仕事ができません。

ですが、今はExcel(エクセル)やWord(ワード)もiPhoneやiPadで使える時代です。本当にスマホ(iPhoneなど)で、そのソフトが使えないかは確認してください。

生産性が重要なビジネスの場合

たとえばプログラマーやライターなど、ガリガリカツカツと、鬼のようなスピードでコードや文章を書いていく必要があるビジネス(生産性が重要なビジネス)の場合は、やはりパソコンの方が長けています。

iPadなども物理キーボードを接続すれば、パソコン同等に使えますが、それでもパソコンの方が生産性は高いでしょう。生産性=売上になるのであれば、スマホやタブレットは避けるべきです。

iPad+iPhoneで起業

私の場合はですが、年にパソコンを開くのは、0回か1〜2回です。あとは、ほぼiPadメインで、たまにiPhoneといったバランスでビジネスを行えています。

企画立案、ホームページ作成、ビジネスブログ執筆、ランディングページ(LP)作成、ウェブ広告出稿、リスト集め、メルマガ配信、プレゼン資料作成、セミナー実施、オンライン会議、顧客管理、確定申告…

これらは、全て、iPadで行っています。

情報収集、SNS投稿、クライアントさんとの連絡やり取り、移動中のブログ更新、隙間時間に考えるマーケティング戦略のメモ…

などは、全て、スマホiPhoneで行っています。

これで十分…だと思いませんか?

なぜ、パソコンを年に数回開くのか?

私の場合、年に数回パソコンを開く場合があります。そう聞くと、やっぱりパソコン必要なのでは?と思うかもしれませんが、大した理由じゃないんです。

せっかくパソコンがあるので、パソコンの画面でも確認してみようかな?(たとえばホームページの見え方など)といったような、些細な理由です。

数年前は、パソコン上なら使えるウェブサービスが、iPadやiPhoneでは使えない場合も時々あったのですが、最近は、そういうことは、ほとんどありません(注:マイナーなサービスはたまにある)。

iPhone以外のスマホでの起業はどうなの

iPhone以外のスマホでの起業はどうなの?iPhoneは値段が高いから……と思う人もいるかもしれません。

iPhoneでも他のスマホ(Androidのスマホなど)でも、できることは、ほぼ同じです。問題ありません。タブレットも同様です。絶対にiPhoneやiPadじゃなければいけないということはありません

ただ、やっぱりビジネスで使う端末なので、セキュリティは重要です。今は昔よりは良くなっていますが、Android端末では、色々と問題が起こりがちです(過去にはかなり怖い事故や事件が発生しています)。

なので、たとえ少し高くても、iPhoneやiPadを私はおすすめします。尚、セキュリティ面の他にも、操作感や使用感も、個人的には、iPhoneやiPadの方が1ランク上に感じてるということも、おすすめの理由の1つです。

iPhone起業のメリット・デメリット

iPhone(その他スマホ含む)で起業する場合のメリットとデメリットを整理して、まとめておきます。

iPhone起業のメリット

  • 新たに端末購入不要
  • カメラや電話やSNSも1セット
  • あらゆる操作がパソコンより簡単
  • 時と場所を選ばずに作業可
  • 寝たきりでも作業可

iPhone起業のデメリット

  • 作業効率が落ちる
  • 目や肩が疲れる
  • 機能がシンプル
  • パソコン用ソフトは使えない

iPhone起業のメリット

新たに端末購入不要

既にスマホを持っていれば、パソコンを持っていなくても、新たにパソコンを購入する必要がありません。起業初期費用が10万円くらいは浮きますね(もし私なら浮いた費用でiPadを購入します)。

カメラや電話やSNSも1セット

カメラや電話やSNSは、スマホだからこそ活用できます。もちろんZOOMだってOKです。それらに加えて、WEB検索も普通のアプリも全て1セットです。最強ツールです。

あらゆる操作がパソコンより簡単

パソコンソフトの場合、使わない機能メニューがやたら多いです。ですが、iPhoneやiPad用のアプリは、本当に必要な機能しかなく、シンプルで、簡単に直感的に操作できます(こういう面で作業効率が上がるケースが多々あります)。

時と場所を選ばずに作業可

電車で立ちながらでも、ベッドに横になりながらでも、スマホなら作業することができます。隙間時間も無駄にしません。

余談)寝たきりでも作業

先日、ギックリ腰をやってしまい、約1週間、立ってられない座ってられない…という時がありました。経験ある人なら分かると思いますが、かなり辛いです。

なので、私は約1週間、寝たきりiPhoneだけで仕事をこなしていました(どうしても出かけないとならない場合を除いて)。

でも、それなりの仕事、それなりのアウトプット、それなりの成果は得ることができました。iPhoneありがとう!です。

iPhone起業のデメリット

作業効率が落ちる

スマホは、画面が小さすぎます。なので、作業内容にもよりますが、作業効率が落ちる場合があります。

また、画面が小さいので、誤操作も増えます。間違って送信、間違って保存、誤字誤文、これらは、作業効率が落ちる一因にもなります。

目や肩が疲れる

これも画面の小ささから、長時間作業すると、目や首や肩が、パソコンやiPadで作業するよりも疲れます。長時間作業には向いていません。

機能がシンプル

iPhoneやiPad用のアプリはシンプルというのがメリットですが、もっと細かい特別な機能を使いたい!という場合は、その機能がカットされていて使えない場合があります。

(でも、本当に使う必要性のある機能ではない…という場合がほとんどです。私は困ったことがありません。)

パソコン用ソフトは使えない

パソコン用しか提供されていないような古いソフトや、スマホ表示未対応のウェブサービスが、仕事上必須の場合、スマホでは対応できません。こればかりは、どうにもなりません。

(でも、本当にそのパソコン用ソフトでないとダメなのか?は検討するようにしてください。)

まとめ

ということで、メリット・デメリット、できる・できない、向き不向き、はありますが、スマホiPhoneが1台あれば起業は可能です。

一昔前はパソコン1台あれば起業は可能です…という時代でしたが、今はスマホ1台あれば起業できる時代です。

但し、効率等を考えると、スマホ+タブレット(またはパソコン)のハイブリッド端末体制を整えておいた方が良いです。

その場合、私のおすすめは、やはり、iPad+iPhoneです(決して私はアップル信者ではありません)。

いずれにしても、パソコンは不要です。今、読んでいただいてるこのサイトもiPad(+たまにiPhone)だけで自作したものです。パソコン無しで、もう本当に何でもできますよ。

パソコン苦手でも、起業できる時代です。パソコン苦手はもうハンデにはなりません。私は、あなたのiPhone起業、iPad起業、応援しています。がんばってください!

関連記事

➡︎iPad起業方法【パソコン苦手必見】2020年最新版

➡︎iPadだけでホームページは作成できるのか?【実録自作レビュー】