【実録】オートビズの評判や料金や口コミ【使い方や画面も紹介】

オートビズの評判や料金や口コミ

オートビズの評判や料金や口コミ【使い方や画面も紹介】

この記事では、メルマガ配信ツールの「オートビズ」の評判や実際に使ってみての評価について説明していきます。

この記事は、

  • オートビズをすすめられたけど実際どうなの?
  • オートビズの評判や料金や口コミについて知りたい
  • オートビズを選ぶべき?それとも他を探すべき?

といったような疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことによって、

  • オートビズの評判や料金や口コミが分かります
  • オートビズの使い方がどんな感じか分かります
  • オートビズを選ぶべきかどうかが分かります

ネットの検索に出てくる、オートビズの評判記事や比較記事のほとんどは、実際にオートビズを契約も運用もせずに書かれています。注意深く見れば分かると思います。

実際に運用している画面などを掲載されている方の記事は本物ですね。

もちろん、この記事も本物です。私は、メルマガ配信ツールとして、実際にオートビズを数年間活用しています。なので、他の記事よりは、信用できるのではないかと思います。

料金など掲載情報は、オートビズ公式ページからの転記です(2020年11月26日現在)。最新は以下のオートビズ公式ページからご確認ください。

➡︎メルマガ・ステップメール・信頼関係の構築・リストマーケティングを始めてみるならオートビズがおすすめです。

オートビズの評判や料金や口コミや使い方

オートビズって実際にはどうなのか?

結論から言うと、

オートビズはおすすめです。

なぜなら、

私自身、何ひとつオートビズで困っていないからです。オートビズで多くの利益を得られているからです。

また、私が初心者の時から戸惑うことなく、何の問題なく使えてきたので、その点も大きなおすすめポイントとしておきます。

私は、他のメルマガ配信ツールをいくつも試していないので、もしかしたら、もっと良いサービスやシステムやツールがあるかもしれません。

なので、オートビズが凄く良いかどうかは分かりません。でも、普通にイイです。全く問題無しです。オートビズは、間違いなく優良なメルマガ配信ツールの一つです。

オートビズの評判

まず、評判を調査する時の注意点から。

なんちゃって評判に惑わされないで

先も述べましたが、オートビズを実際に使い倒してもいない人が書いてる評判記事を信用してはいけません。あのサイトもこのサイトも…

メルマガ配信ツールを何個も紹介しているようなサイトは広告塔です。そういうサイトは特に注意です。何種類も契約して、何種類も使い倒してなんて…あり得ませんよね。

なので、オートビズをマーケティング等で実際に活用している人の評判を参考にしましょう。

SNS上の評判

評判や口コミやまとめサイトを見るより、SNSを検索した方が生に近いリアルな評判を拾えます。

もちろんSNSもフェイク(嘘)があります。また、誹謗中傷・批判好きな人もいます。なので、その辺りの見分けは注意する必要がありますが、だいたいその人の文面等の雰囲気で分かります。

参考までに、オートビズに関するSNS上の声の一部を下記に掲載しておきます(実際に投稿されていた内容です)。

「メルマガスタンドをオートビズに変えたら開封率が5倍になった。」

「色々と試して分かったけど、メルマガするならオートビズが最強。」

「オートビズと契約をしました。すると手書きのお礼状が届きました。大切にされているなと心があったかくなりました。」

などなど。好意的な投稿がほとんどです。悪く言う投稿もほんの少しありましたが、ちょっと視点がズレてるなと思えるようなものでした。

SNS上の評判は上々です。

周りの人の評判

私の周りにもオートビズを使っている方がいます。いずれも評判は良好です。

私は、数年前、メルマガ配信ツールを何にするか迷っていました。当時、メルマガやステップメールなんて、やったことなかった状態だったからです。

そんな私が、なぜ、オートビズに決めたかというと、たまたま、先に起業し成功していた知り合いに「僕も使っているけどオートビズは初心者におすすめだよ」と勧められたからです。

ビジネスでオートビズを使って成果を出している人、活躍している人は、沢山います。でも、オートビズに関する文句などは一度も聞いたことがありません。

SNS上でも、リアルな周りの人も、オートビズの評判は良好です。

オートビズの料金プラン

オートビズの料金について、説明していきます。

オートビズの料金プラン

以下がオートビズの料金です。いずれのプランも月額定額制です。

オートビスの料金表(スーパーライト月1980円)(ライト月3520円)(スタンダード月5990円)

※初期設定費用として初回のみ、どのプランも一律11,000円の費用がかかります。

おすすめはライトプラン

オートビズの料金プランは3つありますが、おすすめは、ライトプランです。

スーパーライトプランは一番安いのですが、メルマガ(一斉配信)ができない・シナリオ少ない・登録アドレス3000まで…と制限がいくつかあるので、おすすめできません。

ビジネス(副業なども含む)で活用するなら、ライトプラン以上にしてください。でも、いきなりスタンダートプランにする必要はありません。

ちなみに、私はずっとライトプランのままです。ひとりビジネスであれば、ひとまずライトプランで十分です。

料金が高いか安いかですが、それは、あなたが決めてください。ビジネスで必須となるリストマーケティングをこの料金で使っていけるなら、私はかなり安いと思っています。

オートビズのオプション料金

もし、メールの月間配信数が上限を超える場合でも、月間配信可能数を増やすことができるので、大量配信にも対応できます。

追加料金は月間「+何万通」かで変わっていきます。詳しくは、下記料金表をご覧ください。

オートビズの配信数追加時の追加料金

これなら、集客数増、見込み客数増、既存顧客数増、売上増、ビジネスの成長に合わせてオートビズを使い続けていけますね。

オートビズのスタートアップ設定代行料金

パソコンやアプリの操作が大の苦手だ…全く何もできない…という方には、設定代行のサービスも用意されています。

スタートアップ設定代行料金は下記の通りです。

オートビズのメルマガやステップメールの設定代行料金の料金表

注意)

上記のようにメルマガやステップメールの設定代行サービスはありますが、できれば、自分でやれるようになってください。でないと後々困ります。

なぜなら、メルマガやステップメールの設定や内容は、あなたのビジネスの状況に応じて、必ず常にPDCAで改善していくことになるからです。

メルマガやステップメールに限らず、ホームページやチラシなど何でもそうですが、一度作った形で反応がとれるほどマーケティングは甘くありません。100%改善が入ります。最悪やり直しになります

なので、設定などは最初からチャレンジし、少しでも早く慣れておく方が良いです。大変だとは思いますが、ここは少し頑張って、自分でやれるようになっておきましょう。

でも、どうしても無理そうなら”止まるより進め!“なので、代行サービスを活用してもOKです。

オートビズの使い方(概要)

オートビズの使い方のイメージが湧くように、実際のオートビズの画面などを掲載し、通常時の使い方を簡単に説明していきます。

オートビズのログイン

オートビズはウェブ上で使うサービスです(ソフトのインストールとか面倒なことをする必要はありません)。

なので、オートビズのログインページに、お使いの端末のお使いのブラウザからアクセスして、自分のIDとパスワードでログインします。

オートビスのログイン画面

すると、オートビズの管理画面・操作メニューが表示されるので、目的に従って、各メニューから必要な作業をしていきます。

オートビスの管理画面・操作メニュー

メルマガ配信としての使い方

メルマガは以下の手順で簡単に配信していけます。

メルマガ配信用のフォームに、件名、本文、あといくつかのチェックを入れて、原稿を登録します。その後、配信予定日時を設定します。

オートビズでメルマガを配信する手順と画面例

これで完了です。後は放っておいてOKです。

配信予定日時が到来したら、メルマガが自動的に配信されます。

尚、本文内に、顧客名を自動で埋め込むことができたり、顧客のメルアド変更手続きリンクを自動で埋め込むことができたり、必要な機能や便利な機能が全て揃ってます。

ステップメール配信としての使い方

メルマガと違ってステップメールは、顧客が登録時点から順にスケジュール通りに決まった原稿を配信していくものです。

図にすると、以下のようなイメージです。

まず、通常のメルマガの場合は以下のように配信されます。

通常メルマガとは?を図解で説明

ステップメールだと、以下のように配信されていきます。

ステップメールとは?を図解で説明

マーケティング上、ステップメールは初期の顧客信頼構築に必須です。必ず実施すべきものですが、オートビズでは、このステップメールも簡単に実施することができます。

オートビズでステップメールを配信する手順は下記の通りです。

配信文を用意しておきます。7ステップなら7通分、15ステップなら15通分を予め用意しておきます。下記画像の〔編集〕を押すと、メール本文を入力できる画面になります。

あとは、配信時期(登録または前の配信のどのくらい後の何時に)を設定しておきます。

オートビズのステップメール配信リスト画面例

以上です。後は放っておいてOKです。

メルアドが登録されたら、その時点から、自動的にスケジュールされた通りに、順にステップメール配信が始まります。

ステップメール後のメルマガ配信

ステップメールが終わったら、通常メルマガを配信していく。ということも簡単に設定できます。すると、以下のような形で配信されます。

ステップメール後に通常メルマガが配信されるイメージを図解で説明。

リストや配信状況を管理

登録されたメルアドリスト(=見込み客リスト)の一覧や、メルマガやステップメールの配信状況(稼働中か解除か、何通目か、到達か不達かなど)も簡単に確認することができます。

オートビズのリスト管理や配信管理の画面例

オートビズの使い方より重要なこと

ステップメールの設定が済んでしまえば、その後は、通常メルマガを配信する時だけオートビズを使う感じです。

中には、通常メルマガ代わりに、数十通とか100通とかステップメール原稿を用意して自動化している人もいます。不変的な内容であれば、それでも良いかもしれませんね。

ただ、それだと最新の有益な情報を顧客や見込み客に提供できなくなってしまいます。なので、メルマガは、なるべくオンタイムの方が良いです。

いずれにしても、こうしてオートビズというメルマガ配信ツールを使っていくのですが、重要なのは、

  • 誰に書くか
  • 何を書くか

です。

オートビズの使い方を覚える必要はありますが、オートビズを使えるようになることは重要ではありません。この違い分かりますかね?

重要なのは、誰に何を書くかです。

  • 誰のどんな悩みや願望のために
  • どんな有益な情報を伝えるか

です。

ここが分かっていないと、オートビズを使っても、メルマガやっても、ステップメールやっても、一切何の結果も出ません。それを忘れないようにしてください。

目的は、オートビスでメルマガやステップメールをやることではなく、見込み客との信頼関係構築が目的であることを絶対に忘れないでください。

オートビズの到達率

オートビズの到達率は大丈夫でしょうか。

メルマガやステップメールを配信しても、相手に到達しなければ意味がありません。

到達率100%は、どのメルマガ配信サービスでも保証できません。もし保証しているサービスがあったら逆におかしいです。そのサービスは避けてください。

ポイントは、到達率が高いかどうかです。結論、オートビズは大丈夫です。

オートビズは、

スパム判定アルゴリズムを日々研究し、そのノウハウを活かした「受信サーバーに嫌われない配信システム」の構築に成功しています。(このノウハウは企業秘密です)

と言っています。そして、実際にオートビズを利用している私も到達率は非常に良いと実感しています。なので、問題無しです。

オートビズの開封率

開封率は、メルマガ配信ツールに依存しません。どちらかというと、相手のメール受信ソフトや受信設定などに左右されます。

たとえば、勝手に迷惑メールに振り分けられたりなどです。良質なメルマガでもメール受信ソフトが勝手に迷惑メールに振り分けることは多々あります。

そうなると、なかなか配信に気づいてもらえず、開封されません。

もう一点重要なのが、配信メールの件名(タイトル)です。配信メールの件名(タイトル)の付け方で開封率は何倍も変わります

開封率が悪い場合は、メルマガ配信側やオートビズどうのこうのでなく、件名(タイトル)が悪い場合が多いです。覚えておきましょう。

開封率はメルマガより公式LINEが良い?

開封率は、メールよりLINEの方が良いです。なので「これからは、メルマガじゃなくて公式LINEだよ」という方がいます。

確かに開封率だけで言ったらそうなります。ですが、重要なことは、その後の信頼構築度や商品やサービスの成約率です。そこまで考えてください。

そうなると、数値は逆転する場合が多いです。メールの方が成約率が高くなる場合が多いです。

短いLINE文章と、しっかり書き込めるメール文章と比べたら、どちらが相手により多く深く伝えられるでしょうか。当然、後者ですよね。

メルマガと公式LINEの違い

公式LINEも使っていく方が効果的ですが、公式LINEはあくまでもサブのツールとして使っていく方が良いでしょう。

なぜなら、LINEはリストにならないからです。リストは見た目スマホ上に存在してるように見えますが、実態はLINE社内にリストデータが溜まっているだけです。

しかも、もし、アカウントが停止されたらリスト全滅です。危険過ぎます。

なので、見込み客リストや顧客リストを増やして、自社資産として管理蓄積していくなら、メール配信スタンドをメインにした方が良いです。。そこにプラスで公式LINEも活用がベストです。

オートビズを効果的に活用するには

先ほども少し触れましたが、オートビズを使う目的は、メルマガやステップメールで、見込み客または既存顧客との信頼関係を構築していくことです。

ですが、そのためには、まずリスト(メルアド)を集めなければなりません。

なので、そのための仕組みが必要となってきます。最もポピュラーな仕組みは下記の通りです。

  • ⬇︎検索
  • ⬇︎ホームページやブログ
  • ⬇︎オプトインページ
  • ⬇︎メルアド登録

オプトイン:メルアドなどを登録をしてもらうこと

オートビズにリストを集める基本的なフローを図解で説明。

①:検索されアクセスされるような集客コンテンツ(ホームページ内の記事など)を用意します。

②:検索されて上位に表示されれば、集客コンテンツには安定的にアクセスがきます。

③:アクセスのあった集客コンテンツからオプトインページを提案します。

④:オプトインページでメルアド登録をお願いします。

当然、オプトインページでは、メルアド登録との交換に匹敵するような、魅力的なオファーの提案が無ければ、誰もメルアドなんて渡してくれません。

メルアド登録率は、この魅力的なオファー提案が全てです。

このような仕組みを用意していくと、毎月安定的に新規見込み客リストが溜まっていきます。

その後、オートビズ(メルマガ配信等)で信頼関係の構築を行なっていきます。そして、信頼関係構築後は、セミナーを告知したり、個別相談のお誘いをしたり、商品やサービスを提案したりしていきます。

すると?

売上があがっていきます!!

WEBサイトやオプトインページ(LP)が無いと使えないの?

大丈夫です。オートビズは、WEBサイトやオプトインページ(LP)が無くても使えます

下記の「オートビズその他のポイント」の最初で説明している申し込みフォームを作成し、その申し込みフォームのリンクURLを見込み客に教えればOKです。

相手が、その申し込みから登録すれば、メルマガやステップメールの配信が開始されます。

WEBサイト(ホームページなど)を活用して、自動で申し込みフォームを表示させるか、リアルな連絡(LINEや個別メール等)で申し込みフォームURLを教えるかの違いがあるだけです。

オートビズその他のポイント

その他、いくつかのオートビズに関するポイント・補足説明です。

申込フォームも簡単に作成

申込フォームもある程度自由に簡単に作れます。

オートビズの登録フォーム作成画面と登録フォーム例

最短1日で利用可能

最短で1時間~即日、1営業日以内には利用開始できます。今日から使いはじめてみましょう。

最大15日間がオマケ

サービス利用開始日により、最大15日間がオマケされます(課金対象外)。

オートビズ無料セミナー

主にメール配信などを活用した、売上アップやビジネス改善に関する有益な情報を無料で提供してくれます。

いつでもプラン変更や解約

残金返金はありませんが、いつでも解約可能です。プラン変更もいつでも可能です。安心です。

マニュアル完備

オンラインマニュアルとPDFマニュアルが完備されています。

サポート体制

電話のサポートがあります。トラブル等すぐに相談できるサポート体制があります(私は困ったことがないので電話したことないですが)。

オートビズまとめ

オートビズ以外にもメルマガ配信ツールは多く存在します。よほど品質の悪いもの(無料や格安サービスは要注意)でなければ、大きな差は無いと思います。

なので、メルマガ配信ツールはオートビズでなければいけないということにはなりません。

ですが、私としては、実際に何年か使ってきて、使いやすかったですし、実際に多くの見込み客リストが獲得できています。ステップメールやメルマガ配信で信頼関係の構築も実現することができています

なので、ここでは、純粋に、オートビズをおすすめしておきます。

また、オートビズは、初心者にもおすすめですし、パソコン苦手な人にもおすすめです。

実際に私もそうだったからです。ちなみに、パソコンは今も苦手です。なので私はパソコンではなくiPadでオートビズを使っています(iPadでも問題なく使えますよ)。

  • とりあえずメルマガ始めなきゃ…
  • ステップメールを始めてみたい
  • 新規見込み客リストを集めていきたい

という初心者の方は、ぜひ、オートビズを使ってみてください。まずは、始めてみることが重要です。チャレンジしてみましょう。

オートビズの申込みは以下からどうぞ

➡︎オートビズでメルマガ・ステップメール・信頼関係の構築・リストマーケティングを始めてみる

関連記事)

➡︎メルマガ配信のやり方【初心者向けガイド:図解付き簡単解説】