『自作ホームページ集客術』〜成功までの道のり〜失敗から学んだものとは?

自作ホームページ集客術が完成するまで

え?講師もIT苦手パソコン苦手?

はい。私もITパソコン苦手ですが何か問題でも?(^^)

 

私、

パソコンは苦手だから、
パソコンは使いたくありません。

ITは苦手だから、
難しい事はやる気になりません。

でも、

ホームページから集客したい!

24時間365日、自動的に集客したい!

ホームページを活用して認知されたい!

そして、

契約獲得につなげたい!!!

だから、まず、こんな事を考えてみました。

 

・・・

 

ホームページの作成も集客も雑務も…パソコン苦手はiPadで全て解決

ホームページの作成はiPadとスマホのみ

ふーん…iPadね…

当時、

パソコンと携帯電話(ガラケー)のセットが、ビジネスの必須ツールでしたが、どんどんスマホとのセットに切り替わっていく頃でした。

と同時に、

スマホでもパソコンでもない、iPad(タブレット端末)という中間的な位置づけの端末も普及していく頃でした。

ふーん…iPadね… … …!?

!!

パソコンは苦手だけど、スマホは最近、使えるようになってきたし、iPadならストレスなく簡単に使えるかもしれないぞ!?

 

そう思った私は、iPadを手にしました。

「うん、スマホ(iPhone)と同じだ」

全く同じではありませんでしたが、操作はスマホとほぼ同じです。

「これなら苦にならないかも!」

最初は少し手惑いましたが、少し慣れれば、実際に想像通りで、驚くほど苦になりません。

 

パソコン用の資料作成用のソフトが、iPadでは無料アプリとして使えるようになっていたので、試しに使ってみました。

 

!!!

 

「え!?楽なんだけど!」

必要なことはパソコンとほぼ同じことができるのに、操作はパソコンの比にならないくらいシンプルで簡単です!とても楽です!マニュアル無くても、なんとなくの操作で、使えてしまいます。

なぜ、こんなにも楽なのか?という理由を簡単に説明しておきますね。

もちろん、ノートパソコンより、さらに軽いとか、キーボード不要だからと、そういう物理的な面もあるのですが、もっと重要な理由があります。

それは、

  • アプリが人間の自然な思考や動作に沿った設計になっている
  • アプリは同じパソコン用ソフトの2割程度(感覚値)の機能しかない(絶妙なバランスで不要?な機能がカットされている)

ということです。

これは、多機能を好む方には、少し物足りないかもしれませんね。便利な機能が使えない場合もあるかもしれません。

でも、それは、仕事において、大した問題ではありません。私は、今まで、機能が少ないということで困ったことは一度もありません。

そもそも、IT機器やパソコンソフトなど、普段使わない複雑で余計な機能が多すぎると思いません?無くても大丈夫です。そんな機能は(^^)

 

・・・

 

で、iPad、これはイイということで、

iPadでのホームページの作成にチャレンジしていきます。

ホームページに限らず、

  • あらゆる資料作り、
  • あらゆる画像加工、
  • あらゆる調査分析、
  • あらゆるコミュニケーション、
  • あらゆるプレゼン、
  • あらゆる事務作業 etc

と様々なこと全てに対して、私は、iPadたった1台、そして、片手がふさがるような時はスマホも使って、仕事をこなしていくようになりました。

スマホとiPadは簡単に連携させられるので、途中までスマホで作業して、続きは途中からiPadで作業なんてことも楽々です。

とにかく、あらゆることは、全て問題なく行えます。

あなたも、スマートデバイス、即ち、スマホやタブレット(iPadなど)、普通に使っていますよね?家でも、電車でも、どこに居ても。

パソコンと比べてどうでしょうか?

楽ですよね、便利です、使いやすいです。

なのに、

パソコン同等か、場合によっては、それ以上の事もできます。

機動力も抜群です。営業ツールにも最適です(ここでは詳しく述べませんがiPadのおかげで契約に至ったこともあります)。

iPadを使わず、スマホオンリーでも良いのですが、さすがにスマホは画面が小さいので、仕事であれば、メインで活用するのはiPadがおすすめです。

スマホだと、やはり目が疲れます。変なところを指で押しちゃったり、作業によっては効率も落ちてしまいます。営業ツールとして使う場合は、画面が大きいiPadより訴求力が劣ってしまいます。

本格業務にはiPadの方がおすすめです。

 

・・・

 

「いやいや、パソコンだろ!」

「ノートPCでいいじゃないか!」

「私はやっぱりMacBookだわ」

 

と、パソコンが得意な方や好きな方は、もちろん、パソコンを使ってもらえばOKです。何の問題もありません。ノートパソコンなら重量も軽くなっていますし、機動力もそう劣らないでしょう。

パソコン派を否定するつもりは全くありません。私の受講者さんやクライアントさんも3割程度は、パソコン派です(残り7割はiPadをメインで活用しています)。

でも、

私は、やっぱりパソコンはちょっと苦手なんですね。何でか分かりませんけど、iPadやスマホの簡単さや楽さを知ってしまったので、なおさら。。。

だから、私は、今後もiPadやスマホのみで仕事していきます!(もっと簡単で楽な端末が世の中に出現したら乗り換えるかもしれません)

ということで、

パソコン苦手はこれで解決です!!!

 

 

iPadでホームページの作成にチャレンジ

iPadでホームページの作成にチャレンジ

では、いよいよ、ホームページ作りについてです。

ホームページの自作は、10年くらい前だと、たとえ、簡単と言われるホームページ作成ソフトを使ったとしても、ちょっと初心者には難しいことだったと思います。業者に依頼するしか手がないというのも仕方ない時代でした。

ですが、ホームページ作りは、この10年ですごく進化しています。難しい方向ではなく、簡単な方向に進化しています。そして、今現在、

少し学びさえすれば、ホームページは作れる時代になりました。市販の入門書に従えば、誰でも、それなりに作ることはできます。

ですが、最初は全く気づけないことなのですが、完璧な入門書はまず存在しません。何が完璧でないかというと、

  • 最低限の操作方法しか書いていない
  • 注意事項や重要事項が欠落している
  • 重要ではない難しい事まで書かれている
  • 自分と違う業種に適した作り方がベースになっている
  • 書いてあることが古く今は通用しない
  • 裏で提携しているサービスを使わせる構成になっている
  • あまりにも汎用的

などなど。

なかなか、自分にピタっと合う入門書が無いというのが実態です。そもそも、肝心な集客のノウハウなど重要な事が載っておらず、入門書だけでは、集客へ向けては、最適なホームページを作ることはできません。

初心者向けの「たった1日でできるホームページ作成教室」などの教室も、残念ながら入門書と同様のレベルの場合がほとんどです。

気をつけましょうね。

とはいえ、私も、最初は、そんなことは、分かりませんから、入門書とiPad1台を手にし、ホームページの自作に取り組みました(WordPress(ワードプレス)というホームページ作成ツールを使いました)。

で、それなりに出来上がりました。

思ったより簡単でしたし、楽しかったです。

ホームページ作成の入門書だけでは、色々問題はありますが、単純な操作方法などは、分かりやすくまとめてくれてる入門書だったので、当時の私でも、ホームページをただ作るだけなら作れました。

「おぉ!ホームページ制作業者は本当にもう不要じゃないか!」

そう確信した瞬間でしたね。その考えは今でも変わっていません。(集客や成約に目を向けられない制作業者は不要という意味です)

ということで、どうにか私は、無事にiPad1台でホームページを作ることができたのでした。

 

 

ホームページを自作できても集客は成功ならず…失敗の日々

ホームページ自作するも集客は成功せず

ホームページを自作し、公開して、最初にこう思いました。

「明日から、お問合せきちゃったらどうしよう」

今思えば、なんと素人丸出しの都合の良い妄想だったのかと思いますが、当時はドキドキしながら時間を過ごしました。

ですが、その後、数日たっても、アクセス数は、

0件

まぁまぁ最初はね…

さらに数週間後

0件

いつまでたってもホームページへのアクセスは0件でした。

 

お問い合わせきたらどうしよう…

あのドキドキは何だったのでしょう。完全に無駄なドキドキでした。

 

この段階では、世界で誰1人見ないホームページということです。(注:この段階で諦めてその後に何もしないと1年後も3年後も誰1人見ないホームページのままです(どんな格好良いホームページでも))

それからも、アクセスは0件のままです。

 

そしてある日、

アクセスが数件あったと記録されていました!

おおっ!ついに!?きたか!?これからかぁ!?

 

…と、私は静かに色めき立ちました。誰からのアクセスだったと思いますか?

 

それは、なんと自分でした。。。(>_<)

自分で自分のホームページを見た件数だったんですね。

この時は、自然に「トホホ…」と声が漏れました。あまり、普段は言いませんけどね「トホホ…」なんて。でもこの時は自然に口から漏れたのを覚えています。。。

 

その後も、アクセスは一向に増えず、もちろん、妄想した、お問い合わせなどあるわけもなく。。。

こりゃダメだ。という事で、その後、バカな私はどうしたかというと、ホームページ作成用のツール(道具)であるWordPress(ワードプレス)の技術寄りの勉強に、ちょっと頑張って手を出しちゃったんですね。

目的である集客の本質や原理原則を修得する前に、手段であるホームページの小手先ノウハウやスキルやテクニックに目を向けちゃたんです。。。

これ、誰でもやりがちです。でもこの勉強の方向性めちゃくちゃ間違ってます。目的が薄れて、いきなり手段に走っちゃってます。あなたは、小手先ノウハウやテクニックという手段ではなく、本質や原理原則から学ぶようにしてくださいね。

で、結果、

下手にテクニックを学んでしまった私は、素人が触ってはいけないような、ホームページのある設定部分を、変えてしまうことになります。

だって、そこ変えれば、アクセスが来るみたいに書いてあったから…

そして、どうなったのか、、、

見事に状況悪化です。

自分のホームページをGoogleやYahoo!で検索しても、

「そのページは見つかりません。」

という、恐ろしいメッセージが出るだけになってしまったのです。この世に、あなたのホームページは、存在しないと言われてしまったのです。

ホームページは、検索して見つけてもらえなければ、さすがに、当時素人の私でも、意味がないと分かります。ヤバい。。。非常に。。。

この時は「トホホ…」という言葉すらも出てきません。無言で真っ青です。

まだ、読者などもいませんし、お金を投じて作ったホームページでもないので、そこまで青くならなくても良かったのですが、青くなりましたね…。

それから、日をおいて確かめても結果は同じです。こうしたら直るかなと色々とやってみましたが結果は同じです。

「そのページは見つかりません。」

と表示されるだけです。

 

・・・

 

以降の詳細は省略しますが、何日も何日も、調べて直してを繰り返し、復旧にとても時間がかかってしまいましたが、どうにか自力でホームページは直りました。検索もされるように戻りました。

おかげで、ホームページの専門的な仕組みに詳しくなれたので、今となっては、そのような場合の対処法も身につき、この事故というか失敗を自分のプラスにできましたが、それは結果論です。この件は、経験しなくても良い失敗でした。

そもそも、問題となった設定部分は、普通にホームページ集客する上では、どうでもよい上級者向けの設定でした。重要でもない小手先の上級者テクニックに手を出したことが私の最大の間違いだったわけです。

 

この経験も理由の1つとなり、私は、IT的で技術寄りの難しいこと、そして、集客や成約に向けて重要ではないこと、こういうものを選別除外していくようになります。

言い換えると、

  • 私でもできることだけをやる。
  • 重要なことだけをやる。
  • 余計なことはやらない学ばない。

です。

この方針は今も基本的に全く変わっていません。

私は、今現在、受講者やクライアントさんに、難しいことは基本的に教えません。それは、難しいことは出来ないからという理由ではなく、難しいことは重要ではないことがほとんどだからです。

もし、仮に何らかの必要性があって、小手先のノウハウや難しいテクニックや技術スキル、それらを学ぶとしても、それは後の後からで十分です。もし、重要で難しいことがあれば、それは業者などの専門家に頼れば良いのです。

ホームページ集客へ向けて、本当に重要なこと、先にやることは、他にあります。重要なことの見極めと、優先度および順番の見極め、これらが非常に大切なんです。

重要性・優先度および順番を間違えると、どんなに効果的なノウハウやテクニックを学んでも一切結果につながっていきません。ぜひ、覚えておいてくださいね。

 

ホームページに関する目先のノウハウでなくビジネスの原理原則に視点を変更!

重要度、優先度、順番、、、

薄々、そういう事に気づいてきた私が、次にしたことは、

IT寄り、技術寄り、小手先テクニックや小手先ノウハウ寄り、の勉強は捨てて、一般的なマーケティング、そして、ウェブマーケティング、あとは、心理学なども含め、それらを基にビジネス自体の原理原則を学び直すことでした。

多少、経営経験のある私ですが、学べば学ぶほど、勉強不足を痛感していきます。こりゃホームページだけじゃなくビジネスも素人だぞ、、、という自覚がやっと出てきました。

やっとというのは、それまでは、過去の経営経験が、私の中に、変な自信やプライドを作っていたからです。自信は必要ですが、自信過剰は不要です。おそらく、ビジネスをちょっとナメていたんだと思います。

 

話しを戻しましょう。

小手先のことでなく、本質・真理・原理原則に目を向け、そこから学ぶようにしたことで、私は、多くの気づきを得ることができました。

そして、学んだ事、得たことを、自分用にカスタマイズして(適合させて)ホームページに落とし込んで改善していきます。

具体的に何を学び、何を得て、ホームページに何を施したかは、簡単にまとめきれないので、省略させていただきますが、『自作ホームページ集客術』の核は、この辺りから出来上がっている部分が多くあります。今思うと、重要な工程だったんだなと思います。

 

で、どうなったか?

 

ようやくです。

ようやく、アクセスが増えはじめたのです。ですが、相変わらず、お問い合わせはありません。

これでは意味がありませんよね。。。

でも、何がダメだったのか?当時は、よく分かりませんでした。

この頃は、色々と学んできた結果、集客できるホームページの構成や内容になっていたはずですが、何かがダメだったのでしょうか?

 

今なら分かるので、簡単に答えを言っておくと、形だけが正解に至っただけだったのです。

どういうことかというと、

山登りの服装や道具はバッチリ買い揃えたけど、山の登り方が伴っておらず、山の危険も怖さ知らず遭難。。。海に行きウェットスーツ着てサーフボードも持ったけど、波の乗り方知らず、そもそも泳げず溺れる。。。と同じです。

構成や内容の形は、確かにこの時、ある程度は正解に至っていました。が、実際にホームページを見ていただく方に対しての構成や内容(細かいコピーライティングなども含め)は、正解に至ってなかったのです。

ただこれ、原因までは分かったとしても、正解や答えを見つけることは、非常に困難です。これは、私だから困難なわけではなく、ホームページや集客の、どんなプロフェッショナルな人でも困難です。

困難どころか、本物のプロフェッショナルな人ほど、「正解や答えは無いです」「分からないです」と必ず明言します。これをプロのくせに分からないのか!とか、逃げてる!とか言う方がたまにいるようですが、それは違います。

お客様(ホームページを実際に見に来た人)しか答えを知らないというのが変えようもない真実だからです。だから、安易に「弊社に任せていただければ必ず一発で集客いたします!」と言うような業者には要注意です。なぜ、集客に至るのか?と、必ずツッコミを入れましょう。

 

そこで、次に、はじめたのが、

実験です。

テストとも言います。PDCAをまわすとも言います。

これが、めちゃくちゃ大切です。ホームページ集客のコツを1つだけ言うとしたら?重要なことは色々ありますが1つしか言えないとしたら?もうコレです。

実験、テスト、PDCAです。

正解も答えも分からないのだから、試すが一番の近道になります。

いくら自分が、お客様目線になれていると思っていても、その答えがお客様にとって合っているとは限りません。いや、99%間違っていると思った方が良いです。答えは決めつけるのではなく、試しながら導き出してください。

 

ということで、

私は、検索してくる人、読む人(見込み客)の思いや感情を意識しながら、仮説を立てて、ホームページの改善を繰り返していきました。

ここ、言い方をこう変えてみようかな?
ここ、こう書いた方が、読む人のためになるかな?
ここ、削除した方が分かりやすくなるかな?

こういう場合はどうなる?
アクセス増えるか減るか?
反応は良くなる悪くなる?

と、実験、テスト、PDCAまわしを繰り返していきました。

 

その後、どうなったか、、、、

さらに、アクセスは増えていきます。と言っても1日20アクセス程度です。アクセスしてくれる人(見込み客)の質が少し良くなっていきます(ひやかし客が減る)。

たまにですが、ついに、お問い合わせもくるようになります。数人、実際にお会いできる方も出てきました。

やっと、ようやくです。

やっと、ホームページが仕事をし始めてくれるようになっていきます。

 

が、、、

 

しかし、、、

 

これでは、まだまだです。

 

何がまだまだなのか?

それは、、、

 

 

自作ホームページ集客は成約がゴールです

少ないなりにも、アクセスも増えてきて、問い合わせもくるようになり、実際にお会いできる人まで現れるようになりました。

が、

しかし、

 

・・・

 

全く契約にはつながりませんでした

 

・・・

 

集客はゴールではありません

 

このままなら、

仮にホームページから1億人集めても契約0人で売上0円。

“人さえ集まればビジネスは立ち上がる”という原理原則があるので、実際は、1億人も集まれば、自然と売上も生まれていきますが、ここは説明上、契約0人売上0円としました。

ということですよね。

 

私のホームページは、単に人を集めただけで、本当の意味での見込み客の集客になっていなかったのです。薄い見込み客ばかり集まってきていたわけですね。濃さが足りなかったのです。

だから、まだまだなホームページと言ったのです。。。

集客がゴールではありません。

 

尚、見込み客を蓄積し育成し(薄い→育成→濃い)、時間をおいて契約・購買につなげるという方法がありますが、説明が複雑になってしまうので、ここでは省略します。

 

ということで今度は、

もっと根本的な部分である、コンセプトの見直し、ターゲットの絞り込みの見直し、商品の見直し、キャッチコピーの見直しなどを行っていきます。そして、改善した内容をホームページに落とし込んで改善し、PDCAをまわしていきました。

 

また、この頃、

少し気づくのに遅すぎましたが、独学自力1人で頑張っていくのは利口なやり方じゃない…バカなやり方だ…と、ようやく私は気づくことができました。

そこで、かなり高額でしたが、個別コンサルを付けるようにしました。各見直しも、コンサルタントさんと、一緒に行っていきました。今でも、たまに意見をいただくようにしています。

コンサルタントさんをつけてみて、自分のことは、自分が一番見えていないということも痛感しました。商品についても、自分では、お客様のためになる構成だと思っていましたが、全然お客様目線になれていませんでしたね。

驚くほど自分が見えてませんでした(^^;

商品もひとりよがりとなっていました。

あなたは大丈夫ですか?

第三者の目…めちゃくちゃ大事です。

 

その他のセミナーなども、価値がありそうであれば、たとえ何十万とする価格でも参加するようにしました。高額なほどハズレが無かったです(高額だったからそう思い込みたいわけでは決してありません)。

やはり、世のサービス、安かろう悪かろう…とまでは言いませんが、価格には質が反映されているものです。起業したならば、経営者であれば、何事も安さでなく価値で判断するようにしましょうね。また、単なる買い物という消費ではなく、全ては投資だという意識も忘れずにです。

また、現代ではネットで何でも分かると言われていますが、本当に貴重なノウハウや生々しいノウハウなど、いわゆる企業秘密の類いは、本やネットのどこにも出ていないという現実も知りました。考えてみれば、当たり前ですよね。

 

・・・

 

私の場合は、長い間、独学で!自力で!1人で!と強がり、投資をケチり、書籍やネットの情報があればどうにかなるだろう…と、かなりの期間、バカなことナメたことを続けていたわけです。

本当に後悔しています。

私は、反省しても、滅多に後悔はしません。が、この件についてだけは、今でもとても後悔しています。もっと早くに気づいていれば…と。

根拠のない自信のある方・負けず嫌いの方・完璧主義の方・変なプライドのある方・変に自分に試練を与えたがる方・変にちょっと尖がろうとする方・変にカッコツケの方…

これ、少しずつだとしても全て私に当てはまっていたと思います。こういう方は、独学・我流・自力・1人で頑張る…という罠にハマりやすいです。気をつけてくださいね。

 

・・・

 

こうして、

第三者である、コンサルタントさんをつけて改善したこと、教わったこと、セミナー等で教わったこと、そこにプラスして、災い転じてですが、独学我流の実験や失敗などから得た独自ノウハウも加えていった結果、

ついに!

ついに、濃い見込み客が集まってくるようになったのです。

 

濃い見込み客が集まってきたらどうなるでしょうか?

 

集まってくるのが、濃い見込み客になればなるほど、セールスは楽になりますよね。いや、セールスを不要とし、お客様の方から「あなたにお願いしたいんだけど」と言ってくれるケースすら出てきます。価格も聞かずにそう言ってくださいます。

あなたが、緊張しながら、売り込む必要はなくなります。軽いご提案、軽い商品説明で、買う気になってもらえます。もしダメでも、次の濃い見込み客が控えていますので、しつこくセールスする必要はありません。

『自作ホームページ集客術』では、ちょっとiPadも使ったりするのですが、話し下手でも活かせるクロージングノウハウも教えたりしています。このように、濃い見込み客に、セールス・成約クロージングなどのノウハウを加えれば、失客率は下がり、さらに成約率は上がっていきます。

 

・・・

 

こうして、私は、

何度も転びながら、すり傷を負いながら、時間もかかってしまいましたが、起業というスタートをきり、集客というハードルを飛び越え、どうにか、成約というゴールに辿り着けるようになりました。

今も、実験やテストは続けていますので、本当のゴールはまだまだ先にあると思っていますが、ひとまず、これで、道のりのお話しは終わりです。

 

・・・

 

ここで、最後に、少し振り返ってみましょう。

 

自作ホームページ集客は誰でもできる!

ここまで、

私は、ITやウェブのカタカナ用語や英字用語について何か話してきたでしょうか?パソコンをカタカタと駆使するような難しい操作や作業の話しをしてきたでしょうか?

してません。

もちろん、現実には、初心者でも、多少は知っておきたい用語もあります。多少はパソコンだろうがiPadだろうが使わないと出来ない事があります。

けれど、そこって重要?

違いましたよね。

 

ここまで、読んでいただいて、もう分かってもらえたと思いますが、

自作ホームページ集客に関して、

ITに強い、パソコンに強い、WordPress(ワードプレス)の操作に強い、小手先のノウハウや技術面やテクニック面に詳しい、などなど、これらは、全く重要ではないという事、感じとってもらえたでしょうか?

今現在もIT苦手でパソコン苦手な私は、自分がやれる事しかやってきていません。スキル的に難しいことはやってきませんでした。

途中まで、独学自力1人で頑張ってしまったのは、お金も時間も多く失ったので、そこは大失敗でしたが、結局、やれる事しかやってきていません。

文字の入力が遅い?関係ありません。
(私は指1本でゆっくり入力しています)

IT用語が分からない?関係ありません。
(私も覚えられないIT用語多数かつ増加中)

WordPressの細かい操作が分からない?関係ありません。
(私でもできる基本操作だけで十分事足りてます)

IT苦手、パソコン苦手、ホームページ集客初心者、関係ないです。

IT苦手、パソコン苦手、ホームページ集客初心者でも、
インターネット、ホームページの恩恵は受けられます!

 

私が得た教訓をまとめますね。

 

・小手先のノウハウや技術スキルなど表面的なものに力を注がない

・難しい操作やテクニックなどはやる必要がない(どうしても必要となった時はその時はじめて専門業者を探せばいい)

・何事も本質や原理原則から学んでいく

・ITやパソコンよりマーケティングやセールスを深く学ぶ

・ネットや書籍に出ていない最新の本物のノウハウはお金を出してでも手に入れる

・独学・我流・自力1人で頑張らず素直に第三者の指導を仰ぐ

・ホームページだけを見ずビジネス全体を見る

・ホームページ集客のコツは改善とテストの繰り返しコレに尽きる

・集客をゴールとせず成約をゴールと考える

・もしパソコン苦手ならiPadやスマホを活用する

 

いかがでしょうか?

あなたの時間とお金の節約のために、ホームページ集客や成約率アップのために、この私の教訓が、少しでも参考になれば、うれしく思います。

この他にも、あなたなりの何か気づきがあれば、ぜひメモしていただき、ホームページに閉じず、ビジネスにおける何らかの改善に活かしてください。

 

何度も繰り返しますが、

私は、今でもITパソコン苦手です。ホームページの自作も当初は初めてでした。ホームページ集客だって初めてでした。

だから、難しい事は分からなかったし、やれませんでした。

それでも、結果は出ました。
(今は受講者やクライアントさんも含みます)

だから、あなたも大丈夫です。

あなたでもホームページは自作していけますし、ホームページから集客していけますし、集めた濃い見込み客と契約を結べるようになります。

 

・・・

 

私の長〜い長い道のりで、得たこと分かったことから、不要な要素は、バサっとカットして、重要な要素をギュッとまとめ、さらに、分かりやすく体系化したもの。簡単に言うと、

それが、

スマートプランオフィス鈴木式
『自作ホームページ集客術』

です。

 

私は、高度な技術や知識は教えられません。だから、できないこと、分からないことは、全て正直にそう言います。でも、それが初見のことであれば、調べて、重要か否かを判断し、取り入れるか捨てるか決めます。

プログラムを教えてください。HTML言語を教えてください。WordPressのカスタマイズをしてください。格好いいウェブデザインをしてください。高度なマッチング機能をホームページに組み込んでください。Analyticsアクセス解析の高度な分析手法を教えてください。

など、

そういう、中級上級以上の要求がある方は、他の専門家(難しいことも分かって出来るウェブコンサルタントやホームページ制作業者さん達)をあたってください。私は力になれませんし、力になるつもりもありません。

もっと簡単だけど、もっと重要なことが、いっぱいあるからです。私は、初心者の味方でいたいからです。

それで、実際に、結果が出て喜んでくださった受講者やクライアントの方が何人もいるわけで、このままでいいかなと思っています。

そもそも、難しいことは無理ですし、嫌いですしね(^^;

単に楽や簡単を求めてはなりませんが、楽や簡単を追求することって大切です。…と、ちょっと自分を正当化しようとしている気もしますが、間違っていないと思っています。

何か世の中、色々と複雑になり過ぎです。そう思いませんか?実は、もっとシンプルなことだらけのような気がしているのですが。。。どうなんでしょうね。

 

とにかく!

私は、私にしかできないことを続けていきます。

 

ということで、

 

え?講師もIT苦手パソコン苦手?

はい。私もITパソコン苦手ですが何か問題でも?(^^)

 

 

 

〜おわり〜