WordPressスライドショーのヘッダー設定可能テーマ【おすすめはLightning】

WordPressスライドショーをヘッダーに設定できるテーマ

更新日:2021年9月25日 筆者:鈴木俊雄@smart_plan_tsFacebook

WordPressスライドショーのヘッダー設定可能テーマ【おすすめはLightning】

要約

WordPressでスライドショーをヘッダーに設定できる、おすすめのテーマ「Lightning」を紹介します。また、スライドショーに関する重要な注意事項もまとめています。

この記事は、

  • WordPressでスライドショーをヘッダーに設定する方法は?
  • WordPressでスライドショーをヘッダーに設定できるおすすめのテーマは?

といったような、お悩みのある方へ向けて、まとめてあります。

この記事を読むことによって、

  • WordPressでスライドショーをヘッダーに設定できるおすすめのテーマと、スライドショー設定の方法が分かります。
  • スライドショー設定時のの注意点が分かります。

もう「要約」で答えは出てしまっていますが、WordPressでスライドショーをヘッダーに設定できる、おすすめのテーマは「Lightning」というテーマです。

今、見ていただいているこのサイトも「Lightning」を使っています。おすすめです。※スライドショーは使っていませんが、その理由は後で説明します。

WordPressスライドショーのヘッダー設定が可能なテーマ

WordPressでスライドショーをヘッダーに設定できる、おすすめのテーマは「Lightning」です。

全てのWordPressテーマを知っているわけではないのですが、スライドショーを設定するしないに関わらず、「Lightning」は、おすすめできるWordPressテーマです。

WordPressスライドショーをヘッダーに設定可能なテーマ「Lightning」

➡︎ WordPressテーマLightningの公式サイト

スライドショーヘッダー設定可能テーマLightningの特徴・メリット

スライドショーをヘッダーに設定できるWordPressテーマ「Lightning」の特徴・メリットは以下の通りです。

「Lightning」の特徴・メリット

  • スライドショーをトップページのヘッダーに設定できる
  • WordPress公式ディレクトリ登録テーマなので楽で安心
  • 日本の会社が開発販売しているテーマなので安心
  • 初心者でも簡単に扱えるWordPressテーマ
  • 初心者向けの本「WordPressの教本」あり

ちなみに、付け加えておくと、「Lightning」は無料です(機能を拡張した有料版もありますが無料でも十分です)。

スライドショーをトップページのヘッダーに設定できる

WordPressテーマ「Lightning」は、スライドショーをトップページのヘッダーに設定できます。最大5枚のスライドショーが可能です。

スライドショーの設定も簡単です。スライドショーで使う画像と必要事項を順に入力していくだけです(詳細手順は後述しています)。

尚、スライドショーにしないことも簡単にできます(詳細手順は後述)。

WordPress公式ディレクトリ登録テーマなので楽で安心

WordPressテーマ「Lightning」は、WordPressの公式ディレクトリに登録されている安全性の高いテーマです。

非公式でも、有名で高品質なWordPressテーマ(たとえばCocoonなど)もたくさんありますが、やはり、WordPressの公式ディレクトリに登録されている方が安心できます。

テーマのインストールやアップデート(バージョンアップ)も、WordPressの管理画面からボタンをポチっとすれば済むので、非常に楽で簡単です。

日本の会社が開発販売しているテーマなので安心

WordPressテーマ「Lightning」は、WordPress公式ディレクトリに登録されていることに加え、日本の会社が開発販売しているテーマなので、さらに安心です。

WordPressの公式ディレクトリに入っているテーマでも、海外のテーマは、英語ばかりで使い難いですし、気分的にですが、少しセキュリティなども心配になってしまいます……。

やはり、日本語、日本人、日本の企業というのは安心できます。

初心者でも簡単に扱えるWordPressテーマ

WordPressテーマ「Lightning」は、機能性と簡単さが丁度良いバランスです(と私は感じています)。初心者でも簡単に扱えるWordPressテーマだと思います。

機能性で言えば、非公式のテーマになりますが、Cocoonや他の有料テーマの方が上かもしれません。ですが、その機能も使いこなせなければ意味がありません。

そもそも、マーケティング戦略の一環として、サイトを運用していくのに、そんなに多くの機能は必要ありません。

「Lightning」は丁度いい感じです。

初心者向けの本「WordPressの教本」あり

WordPressテーマ「Lightning」は、「いちばんやさしいWordPressの教本」という書籍と、ここ数年ずっと連携しています。WordPressがアップデート等で新しくなる度に、書籍も改版してくれます。

これからWordPressでサイト(ホームページやブログといったオウンドメディア)を作るという初心者の方は、

WordPress + テーマ「Lightning」+ 書籍「いちばんやさしいWordPressの教本」

という組み合わせで作っていけば、わりとスイスイと作れると思います。

ちなみに、私も数年前、この組み合わせで、今ご覧いただいているサイトを作っています。

※ 書籍「いちばんやさしいWordPressの教本」は、現在(2021年9月時点)【第5版】が最新となっています。

➡︎ 「いちばんやさしいWordPressの教本」株式会社インプレス

WordPressテーマLightningスライドショーの設定

WordPressテーマLightningのスライドショーの設定(ヘッダーへの設定)は簡単です。手順は下記の通りです。

Lightningスライドショーの設定(最大5枚まで増やす)

① 外観>カスタマイズ の選択

WordPressダッシュボードの「外観」>「カスタマイズ」を選択します。選択すると以下のような画面が表示されます。

Lightningスライドショーの設定の手順1

② Lightningトップページスライドショーを選択

次にカスタマイズ画面のメニューから「Lightningトップページスライドショー」を選択します。選択すると以下のような画面が表示されます。

Lightningスライドショーの設定の手順2

③ スライド効果を選択

次に「スライド効果」の slide(普通のスライド)、fade(フェードアウト・フェードイン)のいずれかを選択します。

Lightningスライドショーの設定の手順3スライド効果指定

④ 1枚目のスライド画像とその他設定

「スライドタイトル」〜「文字の影の色」までは任意設定です。必要な場合のみ設定してください。

Lightningスライドショーの設定の手順4任意設定

1枚目のスライド画像を設定します。

スライド画像は、パソコン表示用と、モバイル用スライド画像の2通りを設定します。推奨画像サイズと異なっても大丈夫ですが、もし変になる場合は、推奨画像サイズに従ってください(1900×600px)。

Lightningスライドショーの設定の手順5スライド1枚目の画像設定

「代替テキスト」は入力しておいてください(多少SEO的に有利になります)。「スライドに被せる色と濃さ」はお好みで。任意です。

⑤ 2枚目のスライド画像とその他設定

1枚目のスライド設定の下に2枚目のスライド設定が行えるようになっているので、2枚目のスライド画像とその他設定を行なっていきます。手順は④と同じです

⑥ 3,4,5枚目のスライドの設定

さらにスライドが必要な場合は、続けて、3,4,5枚目のスライドの設定を続けてください。

⑦ 公開(保存)

最後にカスタマイズ画面のメニュー上部の〔公開〕を押してスライド設定を保存します。

Lightningスライドショーの設定の手順6公開保存

これで、WordPressで作成したサイトのトップページのヘッダー画像はスライドされるようになります。

Lightningスライドショーを動かないようにする場合

Lightningスライドショーを動かないようにする場合は、2枚目以降の設定を外します。すると、スライドさせる対象が無くなるのでヘッダーは1枚目の静止画になります。

尚、「スライドを非表示にする」にチェックを入れると、ヘッダー画像自体が表示されなくなります。勘違いしないようにしてください。

Lightningスライドショーの例(デモサイト)

Lightningスライドショーの例(デモサイト)は以下から確認できます。デモサイトのサンプルのスライドショーは、2枚のスライドになっています。

➡︎ Lightningスライドショーの例(デモサイト)

スライドショーはおすすめしません(集客サイトの場合)【重要】

ホームページやブログのヘッダー画像がスライドで表示されると、カッコいいかもしれません。オシャレかもしれません。

でも、カッコいいやオシャレで、そのサイトの運営者のファンになるでしょうか?そのサイトが扱う商品やサービスを良いと思うでしょうか?思いませんよね。

ホームページやブログを、マーケティングの集客ツールとして活用するのであれば、ヘッダーをスライドショーにすることは、おすすめできません。

その理由は以下の通りです。

  • 理由1.メッセージが流れ去る
  • 理由2.閲覧者の集中力が分散する

理由1.メッセージが流れ去る

サイトの訪問者は、まず、ヘッダー部分だけで、そのページを読むか読まないか、サイトを閉じるか読み進めるか、を決めます。しかも数秒で決めます。

即ち、ヘッダーで何か刺さるメッセージが読み手に伝わらないとアウトです。ブチっとページを閉じられてしまうということです。

ブチっとページを閉じられないようにするのに、ヘッダー部分の画像は、さほど重要ではありません。ヘッダー部分のコピー(ヘッダーコピー、キャッチコピー、メッセージ)の方が何十倍も重要です。

スライドショーにしてしまうと、1枚目のコピー(ヘッダーコピー、キャッチコピー、メッセージ)は、スーっと流れて消えて、次の画像になってしまいます。

コピーは見て読んでもらわなければならないのに、流れ去って消えてしまうのです…。マイナスでしかありません。

理由2.閲覧者の集中力が分散する

たとえコピーが、2枚目3枚目と同じであっても、2枚も3枚も画像が流れていっては、見てる人は気が散ります。集中力も分散します。コピーのインパクトも弱まります。マイナスでしかありません。

スライドショーなしで1画面1メッセージが基本

ホームページやブログを、マーケティングの集客ツールとして活用するのであれば、スライドショーなしで、1画面固定で、1メッセージが基本です。

非常に重要なので、繰り返しておきますが、カッコいいやオシャレで集客はできません。見込み客の興味はひけません。あれもこれも伝えよう、あれもこれも見せよう…とすることもマイナスです

重要なページのヘッダーは、スライドショーなしで、1画面固定で、1メッセージが基本です。

まとめ

もし、どうしてもWordPressで作成するホームページやブログのヘッダーにスライドショーにしたいのであれば、LightningというWordPressテーマがおすすめです。(スライドショーを使わないとしてもおすすめです)

ですが、WordPressで作成するホームページやブログをマーケティングや集客のツールとして活用する場合は、ヘッダーをスライドショーにするのはやめておきましょう。

参考

この記事は、ヘッダーとスライドショーについて述べましたが、この他のホームページ集客の基本を学んでみたい方は、以下がおすすめです。もし良ければどうぞ。初心者向けです。

➡︎パソコン苦手でも、アクセス数を3倍5倍10倍にし、毎月安定的に見込み客を増やし続けていける『【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け』

関連サイト

➡︎WordPressテーマLightningのSEO対策【初心者向けガイド】

➡︎ WordPressテーマLightningの公式サイト