中高年50歳からでも食える資格とは?【一生稼げるおすすめの方法】

中高年50歳からでも食える資格とは?【一生稼げるおすすめの方法】

中高年50歳からでも食える資格とは?【一生稼げるおすすめの方法】

この記事は、

  • 中高年50歳からでも食えることができる資格はありますか?
  • そもそも中高年50歳から食っていくのに資格は必要ですか?
  • 中高年50歳以降も一生食っていけるおすすめの方法は?

といったような、お悩みや疑問・質問にお答えしていきます。

この記事を読むことによって

  • 中高年50歳から食ってくのに必要な資格が分かります
  • 中高年50歳から食っていくのに資格が必要か否かが分かります
  • 中高年50歳以降も一生食っていけるおすすめの方法が分かります

ちなみに私も50代です(2020年12月現在)。とある理由から、会社勤めはできない状態となり、今はひとり独立起業して在宅で稼いでいます。

資格や免許は何も持っていません(運転免許だけです)。

中高年50歳からでも食える資格とは?

中高年50歳からでも食える資格とは?

結論を先に言っておきます。

食える資格なんて1つもこの世に存在しません

食える資格なんて、この世に1つも存在しないんです。

食える資格なんてこの世に存在しないのに、何故か資格を一生懸命に取ろうとする人がとても多くいます。

下手すると資格をいくつも取ろうとします。貴重な時間を割いてまで、勉強して勉強して、一生懸命に資格を取ろうとします。

なぜなら、こんな勘違いをしているからです。

  • 資格さえ取れば稼げる
  • 資格があれば仕事がある
  • 資格を取るのが第一歩目だ

全て大きな勘違いです。

確かに、資格や免許がないと付けない職種はあります。

美容師なら美容師の資格、税理士なら税理士の資格、医療系のカウンセラーなら臨床心理士や公認心理師の資格……といったように、資格や免許がないと付けない職種はあります。

ですが、資格を取ったからといって、食えるとはなりません。「資格」と「食える・稼ぐ」の関連性は全くありません。

たとえば、先生、先生、と呼ばれる士業(税理士や社労士など)であっても、食えていない人は沢山います。これが現実です。

でも、ネットで検索して出てくるサイト(『中高年の資格○○』や『シニアの生活○○』や『ユーキャ○』などなど)では、

あたかも資格を取れば有利!みたいな感じで盛り上げています。これは、資格取得関連の広告をクリックさせたいからということを知っていますか?

現実を知らない人や、広告クリックで稼ぎたい人達が「高収入を得られる資格とは…」と資格をサイトやブログ記事で紹介しているんです。

もう一度繰り返しておきます。

食える資格なんて1つもこの世に存在しません。

中高年50歳からでも食える資格は?と情報を探していて、この記事に辿り着いた方には大変申し訳ないのですが、この記事には、中高年50歳からでも食えるという資格は載っていません。🙇‍♂️

無いものを載せることはできません。

中高年50歳からとか関係なく、食える資格なんて、この世に1つも存在しないんです。。。

中高年50歳からでも食える資格はコレ!

ここまでの説明の「資格」は、いわゆる、ただのバッジ、ただのワッペン、ただの名札のようなものです。「国家資格」は国が発行する免許的な証明書なので重みがありますが、それでも名札にすぎません。

でも「資格」には以下のような意味もあります。

資格:ある事を行うのに必要な資質や条件。

ここで言う資格とは、ワッペンや名札のような表面的な資格ではなく、もっと本質的な内面的な資格です。

たとえば、

  • あの人なら、リーダーになる資格がある
  • この人は、それを言う資格がある
  • あなたなら、コンサルになれる資格がある

みたいな資格ですね。

こういう資格は、“食える・稼げる”につながります。

あなたが手に入れるべき資格は、○○士や○○師、○○検定○級、○○認定講師……などの表面的な資格ではなく、内面的な資格です。

そういう資格であれば、中高年50歳からでも食える資格になり得ます。

では、中高年50歳からでも食える、内面的な資格とは何でしょうか?

次項で説明していきます。

中高年50歳からでも食える資格はたった1つ

中高年50歳からでも食える資格はたった1つです。

それは、

自分で稼げるスキルがある

です。

もし、あなたが経営者なら、中高年(50代60代)の人を新人として雇いたいですか?何か資格(表面的、内面的、両方)を持っていれば雇いますか?もしくは、何か仕事を発注しますか?

正直言って、もう少し若い方が良いですよね。

もちろん、仕事は年齢ではありません。人生経験が豊富な中高年(50代60代)の方が役に立つ場合はいっぱいあります。

でも、、、結局、もう少し若い人を選んでしまいますよね。。。

50歳を超えると、内面的な資格が充実していたとしても、雇ってはもらえません。仕事はもらえません。それが現実です。

仮に雇ってもらえても、すぐリストラ…。すぐ定年……。となる可能性が高いです。

なので、中高年50歳からでも食っていける資格はたった1つです。それが、

自分で稼げるスキルがある

です。

仕事は自分で取れるようにならないと食ってはいけません。特に中高年50歳過ぎはそうしないと食ってはいけません。

中高年50歳からでも食っていける3つのスキル

では、自分で稼げるスキルとは何でしょうか。

何か新たな技術を学んで手に職をつけることでしょうか?場合によってはそれも必要かもしれません。でも、重要なのは以下の3つです。

  • リサーチスキル
  • マーケティングスキル
  • セールススキル

意味のない資格を取る時間があるのなら、上記の3つを勉強してください。副業としてでも良いので、上記の3つを1日でも早く経験してください。

この3つのスキルさえ備われば、どうにかなります。50歳や60歳の中高年だろうが、たとえ80歳だろうが食っていけます。

では、3つのスキルについて、ひとつ一つ説明していきます。

リサーチスキル

食える=稼ぐ。稼ぐ=ビジネス。です。

ビジネスのスタートはリサーチです。

リサーチというとピンと来ないかもしれませんが、内容は極めてシンプルです。

人は何に悩み、何を欲しているのか?

これを徹底的に調べることがリサーチの第一歩目です。

そして、

その悩みや願望に、あなたが応えてあげられるかどうかです。どうやって応えてあげるのか?自分自身のことも徹底的にリサーチしていきます。

そして、もう1つ、

あなたが顧客(悩んでいる人)に提供しようとすることを、もう既に行なっている人達を徹底的にリサーチします。いわゆる、競合分析、ライバル分析です。

独自性や差別化ができないと稼いでいくことはできません。競合分析、ライバル分析は重要です。

これらのリサーチスキルが長けている人は、何歳の人であろうが、稼げています。そのくらい重要なスキルです。

マーケティングスキル

マーケティングと言われてもピンと来ない人が多いと思います。コレ!っていう和訳もありませんし、人によって定義もバラバラです。

実際は、マーケティングとは、先に説明済みのリサーチも含め、商品作り、集客、そして契約一歩手前までの、その全ての流れを指します。

ちょっと幅広いのですが、自分で稼いでいくには、マーケティングスキルは欠かせないスキルです。

分かりやすく捉えておくのなら、ひとまず、マーケティングスキル=集客スキルと思っておいてもOKです。

このマーケティングスキルが長けている人は、何歳の人であろうが、稼ぎ続けています。そのくらい重要なスキルです。

補足)

近年ではマーケティングの中でも、インターネットを活用するウェブマーケティングスキルが必須の時代です。

ウェブマーケティングの中でも重要なツールの一つであるホームページ集客について学んでみたい場合は、以下から学んでください。無料で学べます。

➡︎パソコン苦手でも、アクセス数を3倍5倍10倍にし、毎月安定的に見込み客を増やし続けていける『【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け

セールススキル

実はこれが一番重要です。日本語で言えば、セールススキルは、売るスキルです。

もし、売るスキルがあれば、たとえ自分の商品が無くても、売れる商品(第三者作)さえ、あなたの手元にあれば、それを売れば売上があがってしまいます。食っていけるのです。

店頭販売の一流のプロは、石ころでも売っちゃうと言います(実際、テレビの企画で本当に売っちゃってました)。

商品と売る相手さえいればOKです。セールススキルが凄いと、リサーチスキルもマーケティングスキルも霞んでしまいます。

また、リサーチが完璧で、商品が完璧で、マーケティングが完璧でも、最後のセールスで「買わない」と言われたら全て終わりです。そういう意味でもセールススキルが一番重要です。

このセールススキルが長けている人は、何歳の人であろうが、食うのに困りません。そのくらい重要なスキルです。

独立、起業、副業に資格は必要か?

独立、起業、副業する際、法律で資格が必要とされている職種(医者、美容師、士業、などなど)でなければ、資格は不要です。

資格が必要な職種でも、既に述べたように、資格でお客は来ないですし、資格で仕事は取れないです。なので、資格が必要な人でも資格は重要ではないです。

もっと重要なことに目を向け、もっと重要なことに時間を使い、もっと重要なものを手に入れるようにしてください。

ちなみに、私も起業した中高年の1人ですが、資格なんて何も持っていません。資格が必要と感じたことも1度もありません。独立、起業、副業、本当に資格は不要です(一部の資格必要な職種は除く)。

資格ビジネスに注意

最後に、資格ビジネスに注意という話しをしておきます。

世の中には、○○認定講師とか、○○検定○級とか、そういう資格取得を一つの商品としているビジネスがあります。

全ては勝手に作られた民間資格であり、何の効力もありません。

その資格は、運営者が営むスクールや塾に授業料を払って入って学んだ人だけがもらえるようになっています。

そして、資格を手に入れて喜ぶのですが、そこで多くの人は終わります。

なぜなら、リサーチもマーケティングもセールスも知らないから……です。同じ資格を持った人がうじゃうじゃ生まれていきますが、その後は皆が迷子です。

きちんと教育してくれる所も多いので、こういう資格やスクールが無意味とは思いません。ですが、その資格は役に立ちません。食ってはいけません。それだけは、覚えておきましょう。

まとめ

しつこいようですが、資格を取っても、食ってはいけません。

資格を取る時間があるのなら、先ほど提示した、リサーチスキル、マーケティングスキル(特にウェブマーケティングスキル)、セールススキル、この3つを学んだり磨いたりする時間に充ててください。

これらのスキルが身に付いていけば、自分で稼げるという資格を手に入れられます。中高年、50代、60代、関係ありません。一生食っていけるでしょう。

あなたが資格ジプシーにならないことを願っています。。。

関連記事

50代からの起業で成功するためには?実際に50代起業を経験した筆者が提供する重要な7つのアイデアとは?

➡︎ 50代起業でも成功する7つのアイデア【個人や初心者や女性でも】

50代から起業して成功した人を何人かまとめてみました。あの有名な人も50代での起業だったんですね。詳しくは下記の記事で確認してください。

➡︎ 50代で起業した8人の成功例【大成功から身近な普通の例まで】

50代からの起業・副業、おすすめ職種をまとめました。参考にしてください。

➡︎50代一人でも起業できる職種は?【低資金OKおすすめ11選】

資格についてもう少し詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

➡︎老後でも稼げる資格とは?【定年後も稼ぐための資格102選】

起業で失敗しないための10大原則とは?起業の成功率を高める7つのルールとは?重要なことばかりなので、ぜひチェックしてください。

➡︎脱サラ起業:成功率の目安【失敗しないための10大原則も!】

ホームページやブログを起点に自動集客を実現していきたいですか?であれば、下記を学んでおいてください。

➡︎【無料】ホームページ集客講座(7つの特典つき)※初心者向け

・・・

以上で『中高年50歳からでも食える資格とは?【一生稼げるおすすめの方法】』を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。