ブログ更新時の日付変更とSEOは関係は無し?【Google回答あり】

ブログ更新時の日付変更とSEO

ブログ更新時の日付変更とSEOは関係は無し?【Google回答あり】

更新日:2021年4月20日 筆者:Toshio Suzuki

要約

ブログ更新時の日付変更とSEOは関係があるのか無いのか?Googleの答えを元にまとめました。

結論

質問:ブログ更新時の日付変更とSEOは関係は?

答え:ブログ更新時の日付変更とSEOは関係ありません。

ブログ更新時の日付変更とSEOの関係、検索順位への影響、Googleの日付の認識方法、など、もう少し詳しく説明していきます。

ブログ更新時の日付変更とSEOは関係は無し?

GoogleのJohn Mueller氏(ジョン・ミューラー氏)は、2021年4月1日の「Google Search Central SEO hangout recorded」の中で、

日付変更が検索結果に影響を与えることはない

と述べています。

「Google Search Central SEO hangout recorded」の内容はYouTubeで視聴できます。※注:英語です

2021年4月1日の「Google Search Central SEO hangout recorded」

上記動画より一部を抜粋

「ページの日付と時刻を変更しているという理由だけで、検索でこれらのページを異なる方法でランク付けすることは絶対にありません。」

引用元:「Google Search Central SEO hangout recorded」John Mueller

「実際にページに大幅な変更を加えたときにのみ日付を更新することをお勧めします。」

引用元:「Google Search Central SEO hangout recorded」John Mueller

ミューラー氏は、ホームページやブログのページに、小さな変更を加えた後、日付を更新しないようにアドバイスしています。

ホームページやブログのコンテンツ(ページ内容)に、大幅な変更を加える場合にのみ日付を更新することを勧めています。

ブログの日付変更が自動で行われてしまう場合

大幅な変更を加える場合にのみ日付の更新を勧めるということでしたが、CMS(ワードプレスやWixやそれらに付随するテンプレート)が、日付を自動的に更新する場合があります。

これだと推奨に反してしまいますが、その場合でも問題と見なす必要はありません。

即ち、良くも悪くも、単なる日付の更新だけで、SEOやランキング(検索順位)に影響することは無いということです。

但し、不当な日付更新(例:何も内容を変えず更新日だけ毎日アップなど)は、ペナルティ(例:大幅な検索順位のダウン)の対象となる可能性があるので注意してください。

Googleが日付を認識する方法

Googleは、様々な要素を使用して日付を認識しています。

  • ページ内に記載されている目立つ日付
  • 構造化されたマークアップを通じて発行者から提供された日付
  • その他

Googleは、認識すべき日付を単一要素で決定しないことも強調しています。即ち、各要素を複合して日付を認識しているということです(AIプログラムが)。

なので、どこでどう指定した日付が、Googleにどう認識されるかは、私たちには分からないということです。

ブログ更新日付の検索結果表示基準

また、Googleが認識した日付が、検索結果に必ず表示されるとは限りません。

下記はキーワード〔更新日とは〕で検索した結果ですが、更新日付が表示されているページ、されていないページが混在しています。

日付の検索結果表示例

少し調べてみましたが、私には、どういう時に更新日付が表示されて、どういう時に表示されないか分かりませんでした。

Googleは、日付情報が、そのページのコンテンツ内容に特に関連すると見なした場合にのみ、ページの日付を検索結果に表示すると述べています。明確な基準や仕様は公開されていません。

そのページのコンテンツ内容に特に関連すると見なした場合…とはどういう場合なのでしょうか?

わかりやすい例としては、ニュース速報など、時間に敏感なコンテンツを含むページなどの場合です。

なので、新しさが重要なニュース要素のあるコンテンツの更新の場合は、日付を更新した方が良いでしょう。

尚、検索結果への日付表示についても、全てはGoogleの検索エンジン(AIプログラム)が自動で判断しています。

ブログなど各ページの日付を指定する方法

Googleが適切な日付を選択できるようにするには、ブログやホームページ各ページ上で次のことを行う必要があります。

  • 明確な日付を記載する
  • 構造化データを使用する

明確な日付を記載する

ページ上に分かりやすく日付を目立つように記載する。

構造化データを使用する

正しいタイムゾーン指定でdatePublishedおよびdateModifiedスキーマを使用します。構造化データを使用する場合は、日付に必ずISO8601形式を使用してください。

但し、これら上記の施策は必須ではありません。上記の対応を行わず、CMS(ワードプレス等)の自動的な日付更新の仕様に依存しても特に問題ありません。

※ 特に後者の施策については、初心者には難しいです。私にとっても難しいです。だから、やるとしても前者のみ。私は後者はやりません。

まとめ

この記事「ブログ更新時の日付変更とSEOは関係は無し?」についてまとめます。

  • ブログ等の日付の変更はSEOや検索順位に関係ない
  • ブログ等の日付の不当な変更は行わない
  • 大きな変更の場合は日付変更を推奨
  • ニュース的要素を含む変更の場合は日付変更を推奨
  • その他の施策は特に行わなくても大丈夫

関連記事

➡︎ホームページの更新頻度の目安【SEOやアクセス数に影響?】