ボタンが動くアニメーションの作り方ワードプレス編

ボタンが動くアニメーションの作り方

誰でも、こんなことや、

こんなこと、

こんなことも、

簡単に、できるようになります。

もちろん、専門知識もスキル不要です。初心者でも問題ありません。パソコン苦手であれば、iPadで楽に同じことができます(現にこのページはiPadで執筆投稿したものです)。

注)この記事の内容は、以下の環境で確認したものになります。異なる環境やバージョンの場合は、異なる手順や画面イメージになる場合があります。

  • 確認日…2020年1月9日
  • ツール…ワードプレス
  • WordPressテーマ…Lightning
  • エディタ…Gutenberg
  • 作業端末…iPad Air3
  • 確認端末…iPad Air3 と iPhone8

ボタンの作り方

アニメーションはさほど重要なことではありません。アニメーションを加えることより、閲覧者に押されるボタンを作る方が何百倍も重要です。まずは、ボタンを作れるようになりましょう。(登録率や申込率のアップするボタンの作り方やノウハウは、この記事では省略します。)

ボタンの作り方にも色々とありますが、初心者でもできる2つの方法を紹介していきます。

  • ブロック機能を用いたボタン作成
  • 画像を使ったボタン作成

ブロック機能を用いたボタンの作り方

とにかく簡単にボタンを作成するのであれば、ブロック機能を用いたボタン作成が簡単です。

1)ブロックのボタンを選択

投稿ページまたは固定ページ上に直接ボタンを作っていきます。新規に「ブロック」を挿入し、「レイアウト要素」の「ボタン」を選択します。

ブロックマネージャーのレイアウト要素のボタンを選択する画面例

2)ボタン内容の設定

ボタンが挿入(初期値は黒色)されるので、ボタン部分にテキストを記載します。たとえば「無料で登録する」や「詳しくはコチラ」などです。その下にリンク先のURLを記載しておきます。ボタンの背景色と文字色は、カラーパレットから自由に変更できます。

ボタンを作成する画面の例

シンプルですが、これでボタンの作成は終わりです。簡単です。

補足)適用しているWordPressのテーマにより多少ボタンデザイン等は異なるようです(例:Cocoonというテーマでは丸みのあるボタンになる)。

▼下記のボタンは、上記の方法で作成したボタンです。

画像を用いたボタンの作り方

画像を用いてボタンを作成するには、最初に説明したやり方よりは、少し手間がかかります。ですが、オリジナルのボタンになります。

ボタンがちょっと違うだけでもコンバージョン率(登録率や申込み率など)が変わる場合があります。色々なパターンのボタンでテストし、最もコンバージョン率(登録率や申込み率など)の良いパターンを見つけ出してください。

1)イラストACにアクセス

フリーのボタンイラストを使用します。様々なフリーイラストがダウンロードできるイラストACというサイトがあります。登録が必要ですが無料です。

➡︎イラストACへ移動

2)ボタンのイラストを検索

イラストAC内で「ボタン」と検索します。すると、様々なボタンのイラストが検索されます。好きなイラストをダウンロードして、カメラロールに保存します。

イラストACでボタンで検索した画面例

3)ボタン画像の切り取り

一つの画像に何種類もの画像イラストが並んでいるので、使いたいボタンの部分だけを切り取って保存します(例:カメラロールの編集機能を使用)

選んだボタンを切り取る画面例

4)ボタンへの文字入れ

お好みのアプリ(当例ではiPadのkeynoteを使用)で、ボタンの上にテキスト文字を書き入れていきます。書き入れ終わったイメージをカメラロールに保存します(キャプチャ等で)。

ボタンのナビゲーション文字を書き入れる画面例

5)文字入りのボタン画像の切り取り。

この例の場合は、画面全体のキャプチャ(ハードコピー)をしたので、再度、ボタン部分を切り取ります。(例:カメラロールの編集機能を使用)

ボタン画像完成の例

これで、画像としてのボタンが完成しました。

あとは、ワードプレスの固定ページや投稿ページに、普通の画像として貼り付けてください。リンク先は「画像設定」の「リンク設定」の「リンク先」で「カスタムURL」を選んで設定してください。

▼下記のボタンは、上記の方法で作成したボタンです。(リンクは外してあります。)

ボタンにアニメーションをつける方法

アニメーションさせることは重要ではない?

ホームページやブログに訪れてくれた人達に、最も起こして欲しい行動は何ですか?もちろん、コンバージョン(登録や申込み)に至る行動ですよね。それは、即ち、ボタンを押してもらうことです。

であれば、ボタンは目立って欲しい、気づいて欲しい、気にして欲しいです。そして、押して欲しい。

そこで、ボタンにアニメーションを付けてみましょう。目立つようにしてみましょう。

但し、ボタンを押してもらう率は、ボタンの配置場所・大きさ・形状・色・ボタン内の文言・ボタン外のナビゲーション文言…などでも変わります。

そもそも、そのページを見ている人に、

ボタンを押すメリットやベネフィット

が無ければ、どんなボタンであったとしても、誰も押しません。

アニメーションを付けたからといって、それだけで結果が良くなるとは思わないでくださいね。

それでは、ボタンに、アニメーションを付け加える方法を説明していきます。

アニメーションの付け加え方

1)アニメーションを付与できるプラグインをインストール

まずは準備から。Shortcodes Ultimate というワードプレス用のプラグインをインストールして有効化してください。

Shortcodes-Ultimateプラグインのインストール画面例

2)アニメーションさせたいボタンを設置

ここでは、先ほど作成した下記の画像ボタンを使用します。普通に投稿ページか固定ページに画像を挿入します。ちなみに、画像ではないボタンや、ただのテキスト文字でも同様にアニメーションを付けることができます。

3)ボタンの前にブロックを挿入

アニメーションを付けたいボタンは、アニメーション指定で挟むことによって動くようになります。ですので、動かす対象であるボタンの上に、ブロックを挿入します。

4)挿入したブロックでショートコードを選択

ボタンの上に挿入したブロックで、「ウィジェット」配下にある「ショートコード」を選択します。

5)ショートコードのメニュー[]を選択

ブロックがショートコード仕様になったので、次に、ショートコードのメニュー[]を選びます。

6)ショートコードメニューからアニメーションを選択

開かれたショートコードメニューより「アニメーション」を選択します。

7)アニメーションの設定

ショートコードのメニューからアニメーションを選ぶと、下記のような画面となります。そこでアニメーションの各種設定を行なっていきます。

①アニメーション種類の選択

「アニメーション」のリストから、好きな動きのアニメーションを選択してください。下記例では「swing」という左右にスィングするアニメーションを選択しました。

60パターンほどのアニメーション種類があります。色々と試してみてください。※いくつかのアニメーション例は、この記事の末端に載せておきます。

②持続時間と遅延時間の選択
持続時間

アニメーションが開始されてから動きが止まるまでの時間です。バーを左右させることで調整できます。

遅延

対象物が表示されてからアニメーションが開始するまでの時間です。バーを左右させることで調整できます。

③ショートコードを挿入

最後に〔ショートコードを挿入〕を選択します。

以下の画像のように、アニメーションの指定(ショートコード)が入ります。

※コードの意味を理解し読めるようになる必要はありませんが、参考までにコードの意味を載せておきます。

  • su_animate type=アニメーションの種類名
  • duration =持続時間
  • delay=遅延時間

直接コードを修正しても問題ありません(例:持続時間を10秒にしたいならduration=6➡︎10にすればOK)。

このショートコードの間に、アニメーションさせたいボタンを入れなければなりません。即ち、最後の[/au_animate]というコードは、アニメーションさせたいボタンの後ろに持っていかないとならないのです。コードでボタンを挟む感じです。

9)ボタンの後ろにもブロックを追加

上記で説明した理由により、アニメーションさせるボタンの後ろにもブロックを追加します。そして、先ほど同様に「ショートコード」ブロックとします。

10)ショートコードの終了コードを指定

アニメーションさせたいボタンの上のブロックのショートコードの最後尾の[/au_animate]を切り取ります。

切り取った[/au_animate]をボタンの後ろのブロックに貼り付けます。(ボタンの上のブロックには[/au_animate]を残さないようにしてください。移動させるイメージです。)

以上でアニメーション設定は終わりです。

上記の例で設定したボタンの実際は、こんな感じになります。

⬇︎

アニメーションは、一度までしか動かないので、再度動きを確認したい場合は、ページの再読み込みをしてください

アニメーションさせることは、少し手順が多く、複雑に感じてしまうかもしれませんが、手順通りに行っていけば、思ったより簡単であることが実感できると思います。

それでも「うっ面倒」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、もしかしたらコンバージョン率(ボタンが押される率)が、このアニメーションでアップするかもしれません。最初は遊び感覚でも良いので、ぜひトライしてみましょう。

但し!先述したように、アニメーションより重要なことは他に沢山あります。それは忘れないでください。

では、最後に、60パターンほどあるアニメーションパターンから、いくつかのパターンを紹介して、この記事を終わりたいと思います。

ボタンのアニメーション例

12種類のアニメーション例を紹介します。

アニメーションが終わると動かなくなるので、再度動きを確認したい場合は、当ページの再読み込み・最アクセスをしてください。

注)Out系のアニメーションは消えていくアニメーションです。

flash

bounce

shake

tada

swing

wobble

pulse

flip

fedeIn

fedeOut

lightSpeedOut

rollIn

では最後に、

【無料】ホームページ集客メール講座へのボタンをアニメーションさせて、この記事を終わりたいと思います。もし、興味あれば、下記の動くボタンをポチッと押してみてください。