動画圧縮できるiPadやiPhoneのアプリ【1分で簡単圧縮!】

iPad,iPhone動画圧縮アプリ

動画圧縮できるiPadやiPhoneのアプリ【1分で簡単圧縮!】

この記事は、

  • 動画圧縮できるiPadアプリを知りたい
  • 動画圧縮できるiPhoneアプリを知りたい

といった質問にお答えしていきます。

この記事を読むことで、

  • 動画圧縮できるiPadアプリが分かります
  • 動画圧縮できるiPhoneアプリが分かります
  • iPadやiPhoneで簡単に動画圧縮できるようになります

動画圧縮できるiPadやiPhoneのアプリ

iPadやiPhoneで動画を圧縮するには、アプリを使えば簡単です。

おすすめのアプリは、

動画圧縮できるiPadやiPhoneのアプリ

➡︎Compressor(ビデオコンプレッサー)動画やビデオを圧縮-動画サイズを小さくする

です。

このアプリは、iPadアプリ、iPhoneアプリ、共にAppStoreに用意されています。

動画圧縮アプリCompressor(ビデオコンプレッサー)

iPad・iPhone 動画圧縮アプリCompressor(ビデオコンプレッサー)

動画圧縮アプリCompressor(iPadアプリiPhoneアプリ共に)は、

圧縮率を設定し、ビデオを簡単に圧縮します。
高度なモード:解像度とビットレートをカスタマイズします。
圧縮されたビデオの画質を確認するためのプレビュー

という説明書きが、AppStoreに書いてあります。

App内課金は、プロバージョン:120円ですが、無料でも十分に使えます。

↓レビューはこんな感じです。

Compressor(ビデオコンプレッサー)動画やビデオを圧縮-動画サイズを小さくするのレビュー

動画圧縮アプリCompressorの使い方(iPad)

動画圧縮アプリCompressorの使い方を説明していきます。iPadで動画圧縮した場合を例として説明していきます。

① アプリを起動します。

※事前にアプリはインストールしておいてください。

下記のアイコンをタップして動画圧縮アプリCompressorを起動します。

Compressor(ビデオコンプレッサー)動画やビデオを圧縮-動画サイズを小さくするのアイコン

②ビデオを圧縮する作業の開始

〔ビデオを圧縮する〕を選択します。

〔ビデオを圧縮する〕を選択画面

③圧縮したい動画を選択

圧縮したい動画を選択します。

圧縮したい動画を選択画面

④圧縮対象動画の確定

〔Done〕という部分を選択して、圧縮させたい動画を確定させます。

〔Done〕:確定という部分を選択する画面

⑤圧縮比の設定と圧縮実行

圧縮比を85%、70%、50%、30%、15%のいずれかから選択し、最後に〔圧縮する〕を選択します。

圧縮比を選択し圧縮開始する画面

圧縮率は、元の動画の画質や、目的によって調整してください。今回の例では50%としました。

⑥動画圧縮

動画圧縮中は以下のような画面になります。圧縮時間は元の動画の大きさによります。5分程度の動画であれば1分〜数分で完了します。

動画圧縮中も画面

⑦圧縮後の動画を保存

〔セーブ〕を選択すると、圧縮後の動画はカメラロールに保存されます。

圧縮動画の保存画面

⑧元のオリジナル動画の処理

保存が完了すると「成功しました」というメッセージが表示されます。

元のオリジナル動画を残しておきたい場合は〔キャンセル〕を選択してください。元のオリジナル動画を削除したい場合は〔OK〕を選択してください。

動画圧縮成功画面

動画圧縮アプリCompressorの使い方(iPad)

iPhoneの動画圧縮アプリCompressorもiPadの使い方と同じです。

動画圧縮前と圧縮後の画質

オリジナル動画と圧縮後(50%)の動画の画質の違いは下記の通りです。

動画圧縮前と後の比較画像

オリジナル動画と圧縮後の動画ですが、50%程度の圧縮だと、ほとんど違いは分かりません。

※このページに掲載する画像を圧縮しているので、オリジナル動画含めて、ちょっと荒く見えるかもしれませんが、実際はもう少しきれいです。

まとめ

動画の圧縮は、パソコンや専用ソフトがなくても、今回紹介したように、iPadアプリやiPhoneアプリで簡単に行うことができます。

もはや、パソコンは不要です。

関連記事

画像圧縮アプリ

画像圧縮サイト

PDF圧縮サイト