ホームページの作成で絶対にしてはいけないキャッチコピー!それはカッコつけないこと!

おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

ホームページの作成で絶対にしてはいけないキャッチコピー!それはカッコつけないこと!

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 

今日は、

「絶対にしてはいけない
キャッチコピー」

の2つ目についてです。

1つ目は、

キャッチコピーを載せない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

でしたね。
ホームページの
トップの部分に

“言葉”を載せない

というのはNG!

ということでした。

では、2つ目にいきます。

それは!

 

格好をつけない
^^^^^^^^^^^^^^^

 

です。

キャッチコピー

っていうと何となく
カッコ良く!と思いがちです。

ホームページ全体の
デザインなどもそうですが、

自分のホームページ
そのキャッチコピー

カッコ良く!と思いがちです。

ま、これ普通ですね。

誰だってカッコ悪いより
カッコ良い洒落たものを
好みますから。

でも、、、

ホームページはお客様のもの
お客様が見るもの使うものです。

自分の洋服なら
カッコ良く、お洒落に、

で良いでしょう。

でも、

ホームページや
キャッチコピーに、

この

カッコ良く、お洒落に、

の感情を抱くと失敗します。

そうですねぇ、例えば。

---------
No Life No barrier free
Reform company

---------

ノーライフ ノーバリアフリー
リフォーム カンパニー

こんなキャッチコピーの
リフォーム会社があったとします。

バリアフリー化が得意な
リフォーム会社とします。

バリアフリーの無い人生なんて無い

英語でカッコ良くキメてますね。

---------
No Life No barrier free
Reform company

---------

いかがです?

カッコ良いですけどね

パっと見て(3秒ほどで)

何かピンとくるものありますか?

何か刺さるものがありますか?

特に英語…最悪なんです。

私たち日本人です(苦笑)

景色にしかならないのです。。。

私ならこうします。

ちゃんと日本語で、

---------
バリアフリー化で
両親の笑顔が増えました!
バリアフリー施工数地域No1

---------

キャッチコピーの背景には
同じビフォーアフターの
画像だとします。

で、

想像してみてください。

その画像に載るキャッチコピー

---------
No Life No barrier free
Reform company

---------

---------
バリアフリー化で
両親の笑顔が増えました!
バリアフリー施工数地域No1

---------

どちらの方が良いでしょうか?

どちらが好き?ではありません。

どちらがお客様に伝わります?

という、

どちらの方が良いでしょうか?

ですよ。

 

後者の方が圧倒的に
成果につながっていきます。

格好をつけちゃNGなんです。

今回の例は、
分かりやすく、
英語の例にしましたが、

日本語であろうが、
格好をつけようとすると、

お客様に全く響かない
そんなキャッチコピーになります。

格好をつけるより
お客様に伝えることに
注力を注ぎましょう。

格好をつけてしまう。。。

これは、
ホームページ業者やWEBデザイナー
でも犯してしまう方がいます。

業者委託時にも十分注意を。
ということで、

今日は、

「絶対にしてはいけない〜」
の2つ目

格好をつけない
^^^^^^^^^^^^^^^

でした。

 

※ 例外 ※

ブランディング済み(名前やサービスが世の中に完全に浸透していること)の場合(超有名ファッションブランドや日産やコカコーラなど)は、イメージ戦略として、あえて格好良くお洒落にする場合もあります。

では、
次回に続きます。

ありがとうございました。