ホームページの作成で絶対にしてはいけないキャッチコピー…というかそもそも載せないはNG

おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

ホームページの作成で絶対にしてはいけないキャッチコピー…というかそもそも載せないはNG

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 
前回お伝えしたとおり、今回からは、数回に渡って、

キャッチコピーについて
話していきたいと思います。

 

まずは、

「絶対にしてはいけない
キャッチコピー」

と題してお送りしていきます。

 

どうキャッチコピーを
用意すればいいのか?

…というその前に

 

まず、

絶対にしてはいけないこと

これが先です。

 

細かく言うと色々ありますが、
絶対にしてはならないこと3つ
に絞ってお伝えしていきますね。

今日はその1つ目です。

1つ目

 

キャッチコピーを載せない
^^^^^^^^^^^^^^^

 

です。

当たり前?

はい。当たり前ですね。

 

これはダメです。

 

でも、、、

キャッチコピーを
載せていないホームページが
とても多いのです。。。

で、

そういうところは、
ほとんどの場合は、
ホームページ成果が出ません。

 

ちょっと思い浮かべてください。

 

– – – – –

とある小さな会社がありました。

IT系の会社だとします。

優秀な人材もいます。

良い仕事をする会社です。

あなたは、

とある検索で、

そのページに辿りつきました。

開いてみます。

そこのホームページで

最初に目に入ってきたのは、、、

、、、

、、、

綺麗な、、、

綺麗な、、、

ただ綺麗な海の画像、、、

ただそれだけ、、、

、、、

何が得意なの??

え?そもそも何屋さん???

、、、

、、、

何一つ伝わってきません。

、、、

まさか海関係?

なに?ここ?

IT系サービス探してたのにな…

ここはいいや

ブチっと!

 

– – – – –

 

あなたは、このページの続き、

見たくなりますか?

なりませんよね?

 

 

人は言葉で物事を認識します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

ホームページなどでは文字で。

チラシなどでも文字で。

画像はそれをサポートするもの。

最後は、決め手は、感情に届くのは、

“言葉”です。”文字”です。

 

その”言葉”(キャッチコピー)が、

このホームページの
ヘッダー(トップ部分)には無いんです。

これOKなのかNGなのか?

当然、NGですよね。

 

 

このIT系の会社さん、

“ホームページの作り方”

は学んだようですが、

“集客ホームページの作り方”

は学んでいなかったのですね。

 

“ホームページ作成技術”は学んだけど

“WEBマーケティング” や

“キャッチコピーの重要性”

…は学んでいなかったのですね

 

単なる作り方や操作や技術

これのみ長けても意味無しです。

集客面やWEBマーケティング面も
合わせて勉強しておかないと、

この会社さんのようなミスを
犯してしまいます。

あとは、

キャッチコピーですね。

 

当たり前のことなのですが、

 

キャッチコピーを載せない
^^^^^^^^^^^^^^^

 

はダメです。

 

これを、

「絶対にしてはいけない〜」

の一つ目とさせていただきました。

 

※ 例外 ※

ブランディング済み(名前やサービスが世の中に完全に浸透していること)の場合(超有名ファッションブランドや日産やコカコーラなど)は、イメージ戦略として、あえてキャッチコピーを外す場合もあります。

では、
次回に続きます。

ありがとうございました。