2016年3月11日 14時46分
大震災から5年

今年も黙禱を捧げました。

未だに苦しんでいる被災者、、、
未だに復興しない土地、、、

瞼に浮かんできます…

そして、
自分の悩みや苦しみが、
とても小さいものに思えました。

 

人から見たら小さいことでも、
自分にとっては大きいもの、
それが不安や悩みや苦しみです。

でも、やっぱり、
小さいことなんですよね。

普段はなかなかそう思えません。

きっと明日になれば、
また大きな悩みや苦しみに戻り、
自分に降りかかってくるでしょう。

常に「小さいことさ」と思える強さは、
私にはありません……。
だけれど、

心のどこかで、

震災を忘れずに、、、
被災者の方々を忘れずにいられたら、

この小さな悩みや苦しみは、
乗り越えられる気がします。

いや、
乗り越えなきゃダメですね。

 

今年、黙禱をされた方は、
どのくらいいたでしょうか?

もう関係ないこと???

黙禱して何か変わるわけではありません。
黙禱して誰かを救えるわけでもないです。

でも、
祈ることって大切だと思います。
神様とかは関係なく、
人が人に対して祈るって大切では?
とにかく、
今、生きている私たちは、
一生懸命、精一杯、
現実を生きていきましょう!