ホームページ内ブログ集客

ホームページ内のブログ記事数を一気に増やして集客につなげよう!

 

注)この記事は、1名以上の社員やスタッフがいる場合にのみ有効な記事となります。また、一部、ワードプレス(WordPress)に特化した内容があります。

 

ホームページが上位検索されるには

Google検索で、自分のホームページが上位検索される為には、様々なことをコツコツと努力していく必要があります。

その中でも、

検索者や閲覧者の為になる良質なページ(記事)をホームページ内に豊富に用意していく事

は、非常に重要となってきます。

これは、Googleが、このようなホームページを「良いホームページだね」と評価してくれるからです。

Googleに評価されるホームページでないと、検索結果の上位には出してもらえないのです。。。

・・・

ということで、

いかに良質なページを増やしていくか?

…ですが、固定的なページ(プロフィールページ、サービスメニューページ、アクセス(地図等)ページなど)はそう増やせるものではありません。

そこで、ブログです。

ブログであれば、極端に言えば、永遠に良質なページを増やせていけます。

ですが、、、

1人書き続けるのは大変ですよね。

そこで、社員やスタッフです。

単純な話しですが、

1人だと20記事が限界。。。だと

1人 × 20記事 = 20記事

でも、もし書く人が5人いるなら?

そう、

5人 × 20記事 = 100記事!

となります。

仮に社長ともう1人の計2人だけだとしても2倍になります!

だから、ホームページ集客成果をあげている会社や店舗は、ホームページ内のブログを「スタッフブログ」という位置付けにしているところが非常に多いのです。

ただこれは、社員やスタッフがいる場合にしか使えない手です。

ひとり起業で頑張っている方は、しかたありません、1人コツコツと執筆を重ねていきましょう。

でも、塵も積もれば間違いなく山となります!ホームページ集客につながっていきます!諦めずコツコツ継続していきましょう!

 

皆にブログを書いてもらうために

ブログ記事の執筆を、社員やスタッフにも割り振れば、記事が増えていき、ホームページ集客にもつながっていくことは分かっていただけたと思います。

が、、、

「でも、ブログなんて、皆んな余計な仕事と思って、きっと、やってくれないよぉ…」

となる場合が多いでしょう。

そんな場合は、まず、

  • 皆で作る会社・店舗という意識改革
  • ブログ効果の説明と意識付け

を、経営者として徹底してください。

これが出来ても、協力してくれない人は出てくるかもしれません。ですが、何事も土台が重要です。

特に、前者の"皆で作る会社・店舗という意識改革"なんていうのは、ホームページ集客がどうのこうのではなく、会社経営や店舗経営の全体の土台中の土台です。

これらの、意識改革や意識付けの上に、

  • やらなければならない状況

を付け加えていけば、さらに、運営は回っていくでしょう。

但し、これには、何らかの仕組みを考えていく必要があります。一概にこうすれば良いという方法はありません。

各社・各店舗、現場の問題や課題、そして、スタッフの心もよく吟味して、"やらなければならない状況"を、作り出していく仕組みを構築していきましょう。

 

スタッフからホームページを守る

ワードプレス(WordPress)で、ブログ記事を書いて公開するには、社員やスタッフが、ワードプレス(WordPress)にログインして操作していくことになります。

社員やスタッフに、会社やお店の重要資産であるホームページの中身を壊されてしまうかもしれません。

もちろん、悪意を持ってログインし、ホームページを壊すようなスタッフは、いないと思いますが、単なる不注意やミスは絶対に発生します。

そこで、

社員やスタッフには、ブログ記事しか操作できないようなユーザー名を割り当てておきましょう。

そうすることにより、ブログ記事を新規に書いて投稿するという事と、自分の書いた記事のみ修正できるという事に、操作を限定することになります。

これで安心、重要な設定や重要な固定ページ、および、他の人が投稿した記事も守られます。

なので、決して、マスターとなる主のユーザー名ではなく、個々にユーザー名を割り当てて、運用していくようにしましょう。

 

ユーザー名の追加方法

では、ここからは、ワードプレス(WordPress)での、ユーザー名追加の手順を説明していきます。

①ログイン

通常通りワードプレスにログインします。

②ユーザー>新規追加

ダッシュボードメニューの〔ユーザー〕を選択すると、ユーザー一覧/新規追加/あなたのプロフィールと出てくるので、〔新規追加〕を選択します。

③ユーザー情報の登録

〔新規追加〕で下記画面となりますので、ここに各種そのユーザーの情報を入力していきます。では、例として、上部彩斗君(うえぶ さいと君)のユーザーを新規に登録していきます。

ユーザー名(必須)

新規に追加する人が、ログイン時に指定するユーザー名を入力します。※ユーザー名は後で変更できません。

メールアドレス(必須)

新規に追加する人のメールアドレスを入力します。

必須ではありませんが、管理上、新規に追加する人の名を入力しておくと良いでしょう。

必須ではありませんが、管理上、新規に追加する人の姓を入力します。

ウェブサイト

単なるメモ的な項目なので入力しなくて良いです。

パスワード(必須)

新規に追加する人が、ログイン時に指定するパスワードを入力します。※パスワードは後で変更できます。

パスワードが他人に予想されそうなものは、上記のように「非常に脆弱」と出て「脆弱なパスワードの使用を確認」にチェックを付ける必要があります。

簡単に盗みバレないよう、暗号のような強度の強いパスワードとするのが、セキュリティ上は理想ですが、すると、実際の運用に支障が出るので、適度な強度を保てれば良いでしょう。

ユーザーに通知を送信

チェックを外しても問題ありません。ちなみに、チェック有りと無しの違いは下記の通りです。

・チェックあり

上記メールアドレス宛にパスワードの変更要求メールが届きます。そこに指定されたURLアドレス先から、新規にユーザー追加される方が自身で誰にも知られずパスワードを変更できます。

・チェックなし

上記内容のメール要求は送信されません。管理者が、一括してパスワードを管理しておきたい場合は、チェックを外しておきましょう。

権限グループ

ここで、この人はブログしかダメ…というような指定をします。ブログだけ…という場合には〔投稿者〕の権限を与えておけば良いでしょう。

投稿者含む他の権限は下記の通りです。

-管理者

全てのページ、全ての管理・操作が可能。

-編集者

他のユーザーのページも含め、各種投稿の管理・操作が可能。

-投稿者

自分の投稿の管理・操作のみ可能。

-寄稿者

自分の投稿の作成のみ可能で、自分では公開ができない。また、メディア内の画像も使えません。

-購読者

コメント等が行えるだけで他は何もできません。

・・・

各入力が終わったら、最後に、画面末端の〔新規ユーザーを登録〕を押して完了です。

登録されているユーザーは、ダッシュボードメニュー〔ユーザー〕の〔ユーザー一覧〕で確認できます。(内容変更時は一覧から対象ユーザーを選んで修正します)

 

新ユーザーでログイン

では、新しく登録した、権限〔投稿者〕のユーザーでワードプレスにログインしてみます。

⬇︎

無事にログインできました。

メインのマスターとなるユーザー名でログインした時と比べてみると、ワードプレスのダッシュボードメニューの数も減っています。

〔設定〕がメニューに残って見えていますが、実際は個々の設定メニューは出てこないので、新ユーザーに重要な設定を触られる心配はありません。

参考)メインのマスターとなるユーザー名でログインした場合

 

これで、新ユーザーは、自由に、自分の記事を作成(メディア写真利用可)したり、修正したり、投稿公開したりできるようになります。

 

おまけ:プロフィールデザイン変更

各ユーザー別にダッシュボードの色合いなどを変えられるので、最後に、その手順を説明しておきます。

ダッシュボードの〔プロフィール〕を選択すると、下記の画面が表示されるので、好みのカラーパレット〔管理画面の配色〕にチェックを入れて下さい。

下記例では、デフォルト→から→コーヒーにしてみました。

 

さいごに

ひとり起業と違って、社員やスタッフという仲間がいるということは、素晴らしい環境です。チーム力という力を生み出せるからです。

チーム力は、単純な足し算でなく、掛け算となり、莫大な力を生み出せる可能性があります。

小規模の会社経営の場合、このチーム力が、売上アップ!事業継続!の命綱と言っても過言ではありません。私の過去の会社経営経験からもそう強く感じています。

どこの会社かではなく、最後は個々の担当者が良いか否かで契約等が決まるケースが多いですが、この会社なら・このチームなら誰でも信頼できる!って状況になったら強いです。

ビジネスモデルやサービスコンセプトなどでの差別化なども非常に重要ですが、チーム力で差別化もわりと強力ですよ。

今回のブログの件も、そんな状況を作り出していく一環の1つになります。

想像してみてください。

「この会社(またはお店)のブログ、どのスタッフの記事を読んでも、すごく為になるし、一貫性のある素敵な思いが伝わってくるよ。」

チームブランディングに役立てられますよね?

表向き、ブログ記事を増やすこと、スタッフブログのすすめ、これは、ホームページ集客や検索結果上位表示の為と、私も言っていますが、

チームブランディングを実現する為に

こんな隠れ目的を持って施策に出ると、何か想像以上の見えない効果につながっていくかもしれませんよ?

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

失敗しないひとり起業のホームページ準備相談

【今だけ特典付き】お気軽にご相談ください。