ホームページ作成自作集客 ブログ講座

自作ホームページをすぐ検索される状態にする方法ヘッダー画像

自作ホームページをすぐ検索される状態にする方法

ホームページやブログを作成したり更新した後の最新の情報を、

少しでも早くインターネットで検索される状態にしたい!少しでも早くGoogleインデックスに登録してもらいたい!

…そんな時ってありますよね?

そんな時は、GoogleのSearch Console(サーチ・コンソール)という無料サービスの中のFetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)というツールを使いましょう。

この記事では、その使用方法を簡単にまとめましたので、参考にして下さい。

※各種画像は2017年10月現在のものです。

※最初に以下の記事を読むと理解が深まります。

👉ホームページ作成後に検索結果が出ない原因と対処方法

 

1.現状態の確認

まずは、初期状態。

今回例では、既にGoogleのインデックスに一度ページ情報は登録されていることとします。その後に、ページ内容を更新したとします。

その更新後の最新ページについて、再インデックスを登録してもらうようGoogleにお願いするという手順として説明していきます。

検索結果の変化で分かるよう、見出しの変更をしたという前提とします。

現在インデックスされている内容を確認するのは、以下の記事をお読みください。

👉ホームページ作成後に検索結果が出ない原因と対処方法

最初は、検索(インデックス確認検索)すると、このような検索結果(下記画像)となっています。

この後、見出しの先頭の”【必読】”という文字を消す修正更新をして公開し直したとします。

もしまだ、何もGoogleのインデックスにホームページやブログページの情報が何も登録されていない場合は、何も出てきません。(その場合も以下の手順は同様です。)

 

2.Google Search Consoleにログイン

まずは事前にGoogleアカウントを取得しておいてください。

そして、Google Search Consoleにアカウント(メールアドレスなど)とパスワードを入力してログインします。

3.対象のサイトを選ぶ

事前に自分のサイト(ホームページやブログ)を登録(複数サイト登録可)しておきますと、以下の画像のように登録したサイトが表示されますので、対象サイトを選択します。

 

4.Fetch as Googleを選択

左側のダッシュボードというメニューの中にあるFetch as Googleを選択します。

 

5.インデックス登録をしたいURLアドレスを指定

サイトのURLアドレス先頭部分は、最初から表示されているので、インデックス登録したいページのURLアドレスの後半部分を入力し、送信します。

インデックス登録のお願いが送信されると、下記画面のように、リクエストが完了したという表示がされます。

これで、Googleに「このページをインデックス登録してください!」とお願いは終わりです。

 

6.インデックス登録結果確認

数分後、Googleがインデックス登録のお願いを聞いてくれたかどうか、再度、対象のページを検索(インデックス確認検索)してみます。

見出しが変わっている(先頭の”【必読】”が無い)ので、無事にインデックス登録されたことが確認できました。

 

このように、GoogleのSearch ConsoleサービスのFetch as Googleというツールを使えば、いつになるか分からないGoogleのインデックス自然登録を、早めに手動で登録する(正確には登録依頼する)ことができます。

ひとり起業し、自作ホームページを武器として、事業を進めていくと、今すぐインデックス登録してもらいたい!となる場面は、意外と多いものです。ぜひ、この方法は覚えておきましょう。

 

 

END

 


 

当記事を読む前に以下の記事を読むと理解が深まります。

👉ホームページ作成後に検索結果が出ない原因と対処方法

 


 

集客ホームページ自作個別教室』は、Fetch as Googleの使い方なども、全てカリキュラム内でサポートしています。

 


失敗しないひとり起業のホームページ準備相談

【今だけ特典付き】お気軽にご相談ください。