おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

本当にそのスマホで大丈夫?不正アプリは一体何種あるのか!?

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 

前回、前々回と、

 

スマートデバイスと言われる

スマホやタブレットがあれば、
パソコンなんて要らない

という話し。

 

仕事や事業に使うなら、
iPadやiPhoneを推奨。

という理由。

 

お伝えしてきました。

で、

不正アプリや
事故などの報告数は、

 

iPadやiPhoneの
iOS端末は

2

 

その他の
Android端末は
(アンドロイド端末)

8000

 

とお伝えしました。

 

でも、
そのデータは、
数年前のものでしたので、
(おそらく2011年頃のデータ)

改めて、
もう少し最近のデータはないか?

と調べてみました。。。

 

すると、

2016年トレンドマイクロ発表の
「Android不正アプリ数」
(〜2015の実績)
という記事がありました。

 

では、ここで
クイズです!

 

そのAndroid不正アプリ数は
いったい何種あったでしょうか!?

2015年の1年間で見つかった数
としてお答えください(3択)

 

A. 1万種

B. 30万種

C. 600万種

 

 

 

 

 

選びましたか?

 

 

では答えです。

 

 

 

 

 

答えは、、、

 

 

 

C. の 600万種です!!!

 

えー!?

ですよね。。。

桁が。。。

 

そして、
〜2015年までの合計累積数だと、

その数、、、

なんと、、、

1000万種だそうです。

千種でなく一千万種です。

1000でなく10,000,000種ですよ!

こんなに、

危険なアプリがあるなんて・・・

私も知りませんでした・・・

 

やっぱり私は、
iPadやiPhoneにしますね、、、

Androidのスマホやタブレットは
控えることにします、、、

 

尚!!

iOS端末の
iPadやiPhoneなら絶対に安心か?

…なんてことはありません。

Androidだけでなく、
iOSのiPhoneアプリなども
不正アプリや被害などが
ここ数年増えてきています。

絶対に安心…はないのです。

ただ、
その数はAndroidに比べて、
圧倒的に少ない!

というのは事実。

それだけは、
覚えておきましょう。

 

あとは、

AndroidにしてもiOSにしても
タブレットでもスマホでも
パソコンでも

絶対にしてはいけないことを
しない!!!

ということですね。

それが重要です。

 

 

次回は、
その辺りをお伝えしていきます。