おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

起業でiPadやiPhoneを推奨する最大の理由とは?(OSの違いについて)

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 

前回は、

起業準備、事業、仕事に、

そして、

ホームページ作成にも、

WEBマーケティングにも、

 

パソコンは一切使わず、

スマートデバイス
(タブレットやスマホ)
だけで大丈夫!

…というお話しをしました。

 

その中で、

使うなら、
iPadやiPhoneを推奨と言いました。

なぜ、
iPadやiPhoneを推奨したのか?

今日は、
その理由をお伝えしていきます。

 

… … …

 

世の中には、
色々なタブレットやスマホが、
発売されています。

これらは大きく分けると
2種類に分かれます。

難しく言うとOSの違い。

これで2種類に分かれます。

 

OSと言っても、
分かりませんよね。

 

そうですねぇ
OSというのは、

簡単に言うと、

“ルール”です。

“規格”と言ってもいいでしょう。
スマホの操作やアプリは、
この”ルール”に
従わなければなりません。

そのルールが、
2種類あるんです。
(実際はまだ他にもあるが
ポピュラーではない)

その2種類とは、

アップル社のiOSという
OS(ルール)と

GoogleのAndroidという
OS(ルール)の

2種類です。

 

iPadやiPhoneは、
この前者のiOSの端末で、
アップル社オンリーで製作。

他のスマホやタブレットは、
ほとんど後者Androidの端末で、
様々なメーカーで製作しています。

 

なぜならば、
iOSは企業秘密のOS。
アップル社でしか、
内容を変えられません。

だから、
iOSのスマホやタブレットは、
iPhoneやiPadだけです。

 

一方、Androidは、
誰にでも開示されたルールで、
その内容の改造も認められてます。

よって、
各メーカーが参画し、
自由に独自の手を加え、
様々なスマホやタブレットを
世に出してきます。

 

…と、

長くなりましたが、
こんな背景があるんです。

 

違いをまとめますね。

 

iOS
1社で管理され、
1社で製作される、
一貫性のある端末。
(iPadやiPhoneのみ)

 

Android
誰でも改造でき、
誰でも製作できる、
個性ある各種端末。
(様々なブランド)

 

Android。。。

誰でも。。。

…となってくると

気になるのが?

次回に続きます。