おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

キャッチ度3倍アップ!?付け足し要素の2つ目

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 

今日は、

さらにキャッチ度アップ!
メインのコピーに付けたす
厳選要素3選!

の2つ目

 

数値化する

 

です。

 

ホームページのトップに
用意するキャッチコピー

その文の中に、

曖昧な表現はありませんか?

数値化できるものはないですか?

数値化するだけで、
ぐんと、コピーは引き立ちますよ。

 

たとえば、

 

“多くの方がリピートする〇〇!”

 

というコピーがあったとします。
ここでの曖昧はどこでしょう?

 

 

 

 

そうですね、

“多く”

の部分です。

 

“多い”の感覚は人それぞれですし、

ただ多いと言われても、
ピンときませんよね。

 

“多く”

では、
とても曖昧で刺さらないのです。

 

なので、

“多く”

を数値化しましょう。

 

この例では、
リピートの話しですから、

きちんと顧客管理をしていれば、
リピート率は分かるはずですよね。

 

仮にリピート率は、

92.4%とします。

 

↓するとこうなります。

 

 

“多くの方がリピートする〇〇!”

↓ ↓ ↓

“92%もの方がリピートした〇〇!”

 

 

いかがですか?

リアリティ、訴求力、インパクト、

向上しましたよね?

 

では、
あといくつか他の例題です。

 

– – –

 

“全品お安くご提供!”

“最大75%OFFでご提供!”

 

– – –

 

“短時間でダイエット!”

“たった1日10分でダイエット!”

 

– – –

 

“豊富な施術実績!”

“施術実績2,500人!”

 

– – –

 

など。

 

些細なことですが、

キャッチコピーに限らず、
全てのコピー(文)について、
数値化できるものは数値化を。

です。

 

なお、

数値化する際、

マイナスイメージや、
弱いイメージとなるような、
数値の具体化は避けましょう。
たとえば、

15%〜75%OFFと、
幅のあるセールの場合、

“最低15%OFFよりご提供!”

ではなく

“最大75%OFFでご提供!”

 

最初の例だと、

“8%の方だけがリピートぜず〇〇!”

ではなく

“92%もの方がリピートした〇〇!”

です。

 

ま、
この例は極端ですが、
採用すべき数値を、
間違わないようにしてくださいね。

あと、
もちろん嘘の数値は厳禁です!!
(広告法で罪になります!!)
このあたりは、
気をつけながらですが、

ホームページ上で、

どんどん、
数値化表現を採用しましょう。

 

では、
今日はここまで。

 

次回は、

3つ目の要素
・オトマトペで表現する
です。

お楽しみに。