おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

これがキャッチコピーパターンの王道かも?

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 
さて、

今日は、

ホームページ作成時、
その他チラシやブログタイトル、
など、多くの場面で有効な、

キャッチコピーパターン

その、
3つ目のパターンになります。

パターンは何十個もあるので、
ずっと続けても…ですが、

もう少し続けていきますね。

では、
少し振り返ってみましょう。

キャッチコピーパターン、

 

1つ目は、

お客様の声をそのまま

でした。

 

そして、
2つ目は、

問いかけてみる

でしたね。

 

では、

3つ目、

いきます。

 

 

 

悩みを代弁する

です!!!

説明していきますね。

 

よく聞くことなので、
ご存知かもしれませんが、

 

人がお金を出してくれるのは、

そこに、

解消したい”悩み”

満たしたい”願望”

があるからです。

 

というか、

つきつめると、
この2つしかないんですね。

悩み“と”願望

 

では、

いきなりですが、
質問です。

 

この2つの中で、

どちらが、

 

我慢できないこと、
切羽詰まったこと、
深く重いこと、

 

でしょう???

 

“悩み” それとも “願望”???

 

 

 

 

そうです、

答えは “悩み” の方です。

 

“願望”より”悩み”の方が、
感情として強いですよね。

 

そこで、

 

その”悩み”を代弁してあげましょう。

 

 

すると、、、

それを読んだ人は、、、

 

「そうそう、そうなんだよねぇ」

「あ、これ私のことじゃん」

 

と、

共感しやすくなるんです。

 

結果、
興味をひくことに。

 

 

では、

いくつか例をあげてみますね。

最初の台詞がコピー

次の台詞が顧客心理です

 

 

不眠症の方に、

「眠いのに布団に入ると寝れなくて…」

「はぁ、そうなんだよなぁ」

共感!

 

ITやWEBが苦手で起業する方に、

「IT音痴にWEB集客なんて無理だ…」

「もうほんとだよ、どうしよう…」

共感!

 

…といった具合です。

どうですか?

お客様となるであろう人の、
心の中の”悩み” の声を
上手く代弁してあげると?

そう、
良いキャッチコピーになるんです。

 

「こんなに寝たのに
カラダがダル重〜〜」

深キョンのCMもコレですね。

 

悩みを代弁する

これを、
3つ目の、

キャッチコピーパターン

とさせていただきます。

 

尚!

今回のパターンの後に、

・そんなあなたに朗報です!
・解決する方法があります!
・ちょっと待って!提案です!
・実はその原因は!

など、

悩みの先へつながる期待、

そんなコピーを足し合わせると、

さらにキャッチーになります。

 

 

不眠症の方に、

コピー
「眠いのに布団に入ると寝れなくて…」

不眠症の人
「はぁ、そうなんだよなぁ」

コピー
「そんな方に朗報です!」

不眠症の人
「え?なになに?」

といった具合ですね。

 

もう、
この不眠症の人、

ホームページの
ヘッダー画像、
ヘッドコピー(キャッチコピー)、
を通り越して、

きっと次の本文を、
読みたくなっていますよね。

 

売れるホームページは、
キャッチコピーからですね、、、

 

悩みを代弁する

期待をもたせる

ぜひ覚えておきましょう。

 

では、また。

4つ目をお楽しみに。