おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

集客ホームページの作り方「見ない壁」の突破をする

※この記事はメルマガ【SmaPla通信】(ITパソコン苦手で起業を目指す方向けの起業準備お役立ち情報(集客ホームページ作り方他))からの転載です。

 

さて、

今回は、

ホームページ成果の
前に立ちはだかる

3つの壁の中の

第1の壁…

「見ない壁」の突破についてです。

見込み客がインターネット検索し、
検索結果の上位に、

あなたのホームページの中の
いずれかのページが
出てきたとします。

もちろん、
他の人のWEBサイトページも
10個ほど出てきます。

10個のページを
一つ一つ丁寧に見ていく人は
まずいませんよね。

タイトルをざーっと、
流し読みしていきます。

– – – – – – –

ここが、
第1の壁の第1段です。

 

タイトルで判断し「見ない」
^^^^^^^^^^^^^^^^

のです。

 

タイトルで、

ハッとさせないと、
オッ?とさせないと、

見込み客(閲覧者)は、

「見ない」です。
(ページを開かないです)

 

– – –

 

で、

もし仮に、
タイトルに興味が湧いたとします。

次に、
見込み客(閲覧者)がすることは、

検索結果のタイトルの下に出る
2〜3行程度の説明文を
パッと読むことです。

ここで、

第1の壁の第2段です。

説明文が、

分かりにくい、
興味とズレている、
なんか特徴ない

…だったりすると、

見込み客(閲覧者)は、
ページを開いてくれません。

 

説明文で判断し「見ない」
^^^^^^^^^^^^^^^

のです。

 

– – –

で、

もし仮に、
タイトルにも説明文にも
興味が湧いたとします。

ここで、
やっと見込み客(閲覧者)は、
ページを開いてくれます。

「見ない壁」

を突破です。

 

…と、

言いたいのですが、、、

、、、

、、、

実は第3段があります、、、

 

第1の壁「見ない壁」
の第3弾です。

一応、
ページを開くとこまできました。

でも、閲覧者は、
まだページを開いただけです。

実質的にはまだ見ていません。

 

開いて最初に、
閲覧者の目に飛び込んでくる

コピー(2〜3行程度の文)や画像

ココが第3段目の壁になります。

この最初に目に飛び込んでくる
コピーや画像を

ヘッドコピー(キャッチコピー)
ヘッド画像(トップ画像)

と言いますが、

これらを見て、

 

「ん?何屋さん?」
「意味不明…」
「タイトルや説明文と違う…」

 

などと思われると、

ブチっ!!

ページは瞬時に閉じられます。
(遅くとも3秒以内に)

 

コピーや画像で判断し「見ない」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

のです。

 

ただキレイな画像、、、
なんか意味不明の洒落たコピー、、、

自分では、
カッコいいページ
素敵なページ

と思っていても

NGです。。。

 

「次(ヘッドより下)を見てみよう」

こう思わせる、
コピーや画像でなければ、
ならないのです。

そう思っていただく、

法則やテクニックは、
長くなるのでまた別途。

 

 

以上、

「見ない壁」をさらに
細分化すると、

 

タイトルで判断し「見ない」
^^^^^^^^^^^^^^^^^

説明文で判断し「見ない」
^^^^^^^^^^^^^^^^^

コピーや画像で判断し「見ない」
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

となります。

 

従って、

ホームページの

「見ない壁」を突破するには、

 

★興味をひくタイトルにする

★分かりやすい説明文にする

★ページのトップ(一番上部)は
期待に沿うコピーと画像にする

 

となります。

この3点がとても重要です。

極めて当たり前のことですが、
できていない場合が多いです。

プロのWEBデザイナーや
ホームページ制作業者が
分かっていない場合も多いです。
(IT技術は高いんですけどね…)

あなたが、
これから用意するであろう
ホームページやブログページ、

この3点を、
意識しておくだけでも
成果は変わってきますよ。

ぜひ、
覚えておいてくださいね。

 

次回は、

「信じない壁」の突破

ではまた。