最良最強のSEO対策!?ホームページやブログのSEO対策はもうするな!?

最良最強のSEO対策?ホームページやブログのSEO対策はもうするな!?

 

今日は、

あるニュースを元に、

SEO対策について、
少し考えていきましょう。

※SEO(エスイーオー)対策
インターネット検索された場合、上位に表示されるよう、ホームページなどを作成する際に、取り入れていく技法などを言う。

 

インターネット検索表示順に関するGoogleの公式発表!

あるニュースとは、

結構話題となってるので、
ご存知かもしれませんが、

2017/2/3のGoogleの
公式発表についてです。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html?m=1

SEO品質向上に向けてbyGoogle

「日本語検索の品質向上に向けて」

と題されてます。

〜上記発表より原文を一部抜粋〜

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

 

で、
何を言ってるかといいますと、

要するに、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

見てくれる人のことを考えず、

自分が目立つことばかり考えた
いい加減な内容のWEBページは、

Google検索されても、
見せないようにしちゃうから!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と言ってるんですね。

 

Googleさん、

たぶん、
少し怒ってます。

 

こうなったきっかけは、
昨年問題となった、
あるサイトの事件です。
これまた話題になりました。

そのサイトとは…

 

悪意あるSEO対策をしていた有名WEBサイト

そのサイトとは、

ある有名大手企業、
◯eNAさんが運営していた
医療系サイトです。

一体何があったのでしょう。

 

簡単に言うと、

このサイト、悪意のあるSEO対策をしてたんです。

 

ひとまず、
事件名を勝手につけてみました。

 

「デタラメ記事検索上位表示事件」

 

です。

 

では、
事件の概要を説明していきますね。

 

ちょっと、捜査会議風に

まとめてみました。

 

デタラメ記事検索上位表示事件の概要です。

 


デタラメ記事検索上位表示事件の概要

悪意あるSEOの被害者

管理官「まず、被害者は?」

はい。

インターネット検索者・閲覧者。

および、

悩んでいる人の為に一生懸命にマジメに医療系の記事をネット発信している方々です。

まじめなアフィリエイターの方も含まれるかもしれません。

今回は、たまたま医療系で話題になってますが、あらゆるジャンルで被害が出ているものと思われます。

悪意あるSEOの記事が上位表示に

管理官:「次、被害状況は?」

はい。

まず、この医療系サイト、

“キューレーションサイト”

と呼ばれるものでした。

このサイト、
今は閉鎖に追い込まれています。

“キュレーションサイト”
カタカナで分かりにくいですね、

いわゆる

” まとめサイト ”

ってやつです。

あるテーマについて、
他人様の書いた記事を集め、

上手く加工したりして、
自分のサイトに、
貼り連ねていきます。

要するに転用です。

ひどい場合は、
アルバイトに書かせてるらしいです。

そういうサイトです。

検索者、閲覧者にとって、
きちんとした情報の集まりならば、
便利なサイトとも言えるのですが…

でも、◯eNAは、
自分達で責任もって、
書いてはいないようでした。

だから、
酷い内容も多々…。

たとえば

“肩凝りの原因は幽霊”

とか。。。

 

で、

このようなデタラメ情報が、

インターネット検索されると、
上位表示されてたんです。

検索者は、
上位表示されるサイトを開きやすく、

最悪、
デタラメ情報を信じてしまう人も…。

マジメな記事より、
デタラメな記事が上位表示される。

このような状況になっていました。

悪質なSEO対策のテクニック

管理官:「では、犯行方法を教えてくれ」

分かりました。

先ほど申し上げたように、
まとめサイトというものは、

他のサイトの情報の寄せ集めです。

内容の信憑性なんて気にしません。

大量に寄せ集めることによって、
サイトのボリューム量、
ページのボリューム量が増します。

で、話しは変わりますが、

Googleのポリシーは、

検索者・閲覧者のためになる、
優良なホームページやブログ記事
そういうものを検索上位表示する

…というものです。

Googleは、
そのために200以上の、
チェック項目を用意していると
言われてます。

その中の一つですが、

サイトやページの
ボリューム量が大きいこと

などがあると言われてます。

まとめサイトは、

このボリューム量を、

他サイトを寄せ集めるという
あざとい方法でクリアしています。

同じテーマで、
寄せ集めてきますから、

検索キーワードも
上手い具合に、
ページ内にセットされいきます。

このボリューム量に限りませんが、

こういうルールの隙を
いくつもいくつも上手く突いて、

デタラメなサイトページを、
上位表示をさせていた。。。

…ものと、思われます。

悪質なSEO対策マインド

管理官:「で、あとは動機が何かか…」

カネですよ。

広告収入ですね。

検索上位表示されるページは、
よく開かれ、よく見られます。

そのようなページは、
メディアとしての
価値が高まります。

なので、

そのサイトやページに、
広告を載せる価値が出てきます。

広告収入を見込めるわけです。

検索者・閲覧者のためになる
…というGoogleのポリシーを
無視してでも上位表示させる。

これによる、
広告収入、

すなわち、
お金のため。。。

これが、動機でしょう。

で、

おそらく…ですが、

記事ボリューム大きくしろ!
記事内容?
そんなものはどうでもいい!
集めろ集めろ!
キーワード入れ忘れるなよ!
とにかく!検索表示上位にしろ!
広告利益を出すんだ!

きっと、

組織として、

上司とスタッフで、
こんな会話のやり取りが、
あったのではないかと。。。

推測ですけどね、、、

悪質SEOに対しGoogle側が対処

管理官:事件の防止策はあるのか?

はい、それについては、

すでに、
Googleが動きました。

それが、
2/3に発表された内容ですね。

具体的に、
どのようなチェックをするかは
私達には分かりませんが、

新たなチェックで、

今回ケースのような、
サイトやホームページや、
ブログなどのWEBページは、

一気に表示順ダウンするかと。

要するに、

悪意のあるSEO(エスイーオー)
対策を行ってきている場合、

あ、
SEO対策というのは、

Googleのチェックルールに、
合わせていき上位表示を
狙う対策のことです。

で、

悪意のあるSEO対策を
行っていた場合や、

SEOの行き過ぎで、
本来のネットの活用意義を、
逸脱しているような場合、

など、

そういうものは、
誰にも見られなくなっていきます。

 

ただ…

ただですね…

また隙を突くサイトが、
必ず出てきます。。。

おー!
こうやりゃ上位表示なるぞ!

内容はどうでもいいや!

って。

新たな、

悪意あるSEO対策が
生まれるでしょう。。。

 

その方法論を売り物にする

SEO業者やコンサルも
登場するでしょう。

 

そして、

またGoogleが対処する。。。

 

イタチごっこです。

 

まじめにコツコツが最良最強のSEO対策

管理官:「最後に、我々の対策は?」

私達、

起業をし、

もしくは起業を目指し、

ホームページ集客、
WEBマーケティングを、

行っていく者としては、

そうですね

もうSEO対策なんて、
しなければ良いのかと。

いや、現実、
全くしないわけにも
いかないのですが、

Googleのチェックは、
どんどん人間のチェックに
近づいています。

機械のチェックが主ですが、
実際、人間もチェックしてると
聞いたことがあります。

悪意は必ずいつかバレます。

仮に悪意が無いとしても、

SEO対策、SEO、SEO、

ってやってると、

Googleの
ペナルティーを受ける
可能性が高まると思います。

今、検索上位でも、
明日、最下位になる
可能性が高まります。

 

多くの有知識者が言ってますが、

とにかく、

 

検索者・閲覧者のためになる、
優良な記事,ページにすることに
全力を注ぐ。

 

これが、

最良で最強のSEO対策かと。

 

だから、

極端に言うとですが、

SEO対策なんて、
もうしなければ良いのかと。

そう思うのであります。

 

管理官:では、それに努めてくれたまえ。

はい。了解です!

 

本当にマジメで、人の為になるサイトだけが、上位表示されるようになるといいですね。

 

SEO、SEO、SEO、

って騒がず、

コツコツ地道に、

人のためになる情報を

発信し続けていき、

表示順を上げていきます!

 

Googleは、

それが正解と言ってるのですから、

従うのが一番ですね。

 

頑張ります!

 

では、捜査に戻ります!

 

 

〜 END 〜

 

まとめ

最良最強のSEO対策は人のためになること

捜査会議風、、、

分かりずらかったですかね?

でも、なんとなくは、

分かっていただけたと思います。

 

実は、

Googleが今回のような、

チェックルール強化をしたのは、

初めてではありません。

厳密に言うと、

日々強化しています。

 

Googleには天才技術者が

集まっていると言われます。

絶対に勝てませんから、

悪あがきして、

悪意あるSEOで上位を狙う…

なんてことはやめましょう。

 

検索者・閲覧者のためになる、


優良な記事,ページにすることが、


最良で最強のSEO対策である。

 

以上です。

 

================

〜もしも起業スタート時にファン100人いたならば〜

集客ホームページ作成セミナー』はコチラ

================