個人と法人どちらで起業すればいいですか?

※この記事は2016年11月発行のメルマガ内容を基にしたバックナンバー記事となります。

 

おつかれさまです。

鈴木俊雄(としお)です。

 

個人か法人か。。。

起業する際、
迷われる方は多くいると思います。

つい先日も、

起業準備中の方から、
個人と法人どっちがいいのかなぁ

というご相談がありました。

この方は、
まだ、どう事業していくかが、
具体的に決まってませんでした。

なので、

個人か法人かどちらが良いか?
なんてまだ分かりません。

まだ悩む時期ではないですよ

と説明して差し上げました。

このように、
個人か法人かで、
ぐるぐると悩んでしまう方がいます。

でも、

はっきり言って、ここは、
時間をかけて悩まなくても、
良い部分なんですね。

個人か法人かなんて、
ある意味、形でしかありません。

起業の失敗原因が、

起業時に、
法人にしなかったから…
もしくは
個人事業にしなかったから…

なんて聞きませんよね?

“大事”ではないのです。

中には、

法人でないと、取り引きできない
というような事業。

法人でないと、資金繰りもできず、
組織化しないとできない事業。

…など

法人しか答えのない場合もありますが、

そういう場合を除けば、

ひとり起業をするのなら、

まずは、

個人事業としての起業スタート

良いと思います。

 

で、

成長に応じて、
進化に応じて、
必要に応じて、

法人化すれば良いのです。

もちろん、

ずーっと個人事業だって良いです。

 

とにかく、、、

法人か個人かは、
そんなに悩む部分ではないんですね。

ただ、、、

、、、

実際は、個人か法人かで、
色々と大きく異なる部分があります。

私自身、
法人の経営を20年以上経験し、
今、個人事業者として経験を、
重ねています。

だから違いが分かるんです。。。

手続きは、
こっちがこうでどうのこうの

税金はこうだと、
こっちがお得でどうのこうの

この辺りの内容は、
一般書籍やネットで十分知れます。

その辺りを知りたいなら、
書籍やネットで勉強してくださいね。

そのような、

表面上の違いではなく、

経験者でないと分からない…

…そんな違い

起業時…でなく、
起業後もずーっと続く、

内面的な違い、奥深い違い、、、
そんな違いがあるんです。。。

その、
個人と法人の違い
今、記事として日々執筆中です。

いや…

1日置きか2日置きで執筆中です(^^;
ぜひ、ひとり起業準備中の方へと、
コツコツ執筆中です。

完成したら、
お知らせしますね。

で、完成しました。

コチラです。

個人事業主か会社法人か

「【必読】起業し成功し続けるなら!個人事業主か?会社法人か?違いはココ!」