今日は、

サロン、美容室、教室業…

…と、全く関係ない

飲食店や呑み屋さんの話しになります。

 

ちょい呑みフェスティバル

というある商店街の企画の話しです。

image

 

なぜそんな話しを?

 

それはですね、、

 

このちょい呑み企画、

商店街マーケティングとしては、かなり効果的なマーケティングなのですよ。参加して、それを実感してしまったんですね。なので、何かの集客ヒントになるんじゃないかな?と紹介することにしたんです。

 

では紹介していきますね。

 

ここ横浜線中山駅、中山商店街。

昨年、

「第1回ちょい呑みフェスティバル」

という企画がありました。

そして今年もまた開催。

「第2回ちょい呑みフェスティバル」

 

これは、

ちょい呑みチケット3枚とタクシー100円割引き券とラーメントッピング無料券がセットになった紐付き(首からぶらさげて街を歩けるよう)のチケットを購入し、あとは、好きな指定店に入って、おつまみ1品か2品程度とドリンクを1杯か2杯(店によって違う)をいただくというもの。

チケットは1セット2,500円。

ちょい呑みチケットは3枚綴りでありますから、計3店でおつまみ計約3〜6品、ドリンク計3〜6杯いただけます。

かなりお得感もあります。

 

さて、このちょい呑み企画、どこがどう効果的なマーケティングだか、皆さんは分かりますか?

 

 

そうです!

気軽に試しに知らない店に入っていきやすくさせられるのです!

 

ちょい呑みですから、1品食べて、1杯呑んで、チケット渡して、その店は終わりです。お金は要りません。(気に入れば追加を頼んで長居してもOK)

だから、

今まで看板は見てたけど、気になってたけど、ちょっと高そう…ちょっとコワイな…常連ばかりでは…

と、入店障壁が邪魔をして、今まで入る勇気の出なかった店でも

チケット渡すだけでお金取られないし、一杯呑んでイヤなら出ちゃえばいいしと、お試しの気持ちで、気軽に入っていけちゃうようになるんです!

 

これ、すごい仕組みでは?

ですよね。

 

で、だいたいの知らない店は、勝手に高いとかコワイとか思ってただけで、実際にちょい呑みで入ってみたら、雰囲気はいいし、マスターや女将さんや店員スタッフもいい人ばかり。味もいい!そんな店ばかりです。

 

そう、

これでもう入店障壁は消えました。

もう、ふつーに入れます。

 

いやぁ本当にすごいマーケティング企画です。仕掛けた商店街の人?マーケティングコンサルの人?誰主導の企画かは知らないのですが素晴らしいの一言です。

 

来年もあるかなぁ

 

ちょい呑みフェスティバルの夜は、チケットを首からぶら下げた人々が、街を行き来していて、なんかいいい感じですよ。

でも狭い街ですから、道や店で、あ、また会った、あ、また会ったと、同じ知らないお客さんに遭遇することも。たぶんお互い心の中でそう言ってる(^^)ちょい呑みあるあるです。

 

横浜線中山駅近郊の皆さん、来年、3回目ちょい呑み企画があれば、たぶんまたこの6月くらいかもしれません。ぜひチケット購入してちょい呑みはしご酒してくださいね。

 

最後に、

入店障壁、もしくは来店障壁

これは、サロンや美容室などでも真剣に考えるべきことの一つです。

この記事が、その辺りを考え直すよい機会になってくれたらいいなぁと思います。

 

⬇︎ちょい呑みホームページ

image